2014年10月31日(Fri)

第9回 三重の「的矢かき」
前園さおりさん、癒やしの美うまし国で伊勢志摩の幸を堪能

underline

 新鮮な海の幸に恵まれ、古くから“美し国”と称えられる三重県。10月20日からシーズンがスタートした的矢かきを目当てに、前園さんが伊勢志摩へ出かけ、海女さんとの交流も楽しみました。

前園さおりさん、癒やしの美うまし国で伊勢志摩の幸を堪能

(左)現役の海女さんたちが、かまどで新鮮な魚介類を焼いてくれる海女小屋も体験しました。(右)志摩半島の的矢湾でひと粒かきとして筏養殖されたかき。9~10月に稚貝を筏に垂下して1年養殖し、房になったかきをひと粒ずつはずして海に戻し、約1カ月後、紫外線で殺菌した海水に約20時間浸けて浄化している。

 

1
nextpage

このページのトップへ戻る
トップページへ戻る
〔NIPPONの「和食遺産」を巡る旅〕バックナンバー
〔STORYウェブ〕最新記事
2017年4月号 最新号のご紹介 定期購読のご案内


このページのトップへ戻る
トップページへ戻る

セレSTORY ここで買える kokode.jp

  • 広告