2015年02月27日(Fri)
underline

【キレイの秘密は時計美容スキンケアから♪】

毎日仕事と家事とで多忙な日々を送るモデルの榊ゆりこさん。生き生きとした美肌をずっとキープしています。その秘訣を探ってみると、どうやら24時間体制のスキンケアと夜は良く眠り、朝は活動的に動いて、メリハリのある生活をしていることが判明。どんなことを心掛けて生活をしてケアをしているのか追ってみました。

1日のリズムにあわせた24時間体制のスキンケア 体内時計をつかさどる時計遺伝子に着目し、時計美容は生まれました

医療分野でも活用されている最先端の遺伝子研究の1つに時計遺伝子というものがあります。 ここにアテニアは着目し、革新的な24時間体制のスキンケアとして「時計美容」を誕生させました。 日中は交感神経が優位となる活動モード、夜は副交感神経のリラックスモードといった具合に、 時計遺伝子は体をコントロールして1日のリズムをつくり、肌もそのリズムに連動して変化しています。

たとえば朝、太陽の光を浴びることで時計遺伝子がリセットされ、睡眠の質を上げるホルモン分泌のタイマースイッチが押されます。そして約15時間後の夜にホルモン分泌が高まり、睡眠へと導かれるのです。朝と夜のケアを別々にとらえるのではなく、時計遺伝子によって24時間変化する体の状態にあわせたスキンケアが、肌の再生力を最大限に引き出す―それこそが時計美容の本質なのです。


 

6:30 起床

朝の体は

 


Morning Care

朝は日光を浴びてスタート。
お肌を確認してから、
朝食作りやお弁当作り。
今はまっている カルトナージュ制作は
大切な自分の時間。

 

6:45 タッチング

 

7:30 朝食・お弁当づくり
10:30 カルトナージュ制作

 



活動スイッチをオンにしてデトックスモードに

不要な老廃物を体外に出す排泄モード。速やかにデトックスすると同時に、睡眠中に失われて不足した水分を補うことが大切なので、十分水分を補給します。 また、日中は紫外線や乾燥などの外的刺激から肌を守って、極力ダメージを残さないことが、夜の再生力を高めるのでスキンケアもしっかりと。交感神経を優位にして活動スイッチをオンすることで昼間元気に動けます。その自律神経をサポートする香りも重要。1日の始まりはローズマリーと柑橘系のフレッシュな香りでスタートしています。

(写真・右)朝は夕方までふっくらハリ肌をキープする日中乳液でケア。1 日の始動にエンジンをかける、体を目覚めさせるために必要な成分や香りを閉じ込めました。

 



時計美容をあと押しするのは
自律神経のメリハリをサポートするこのタッチングメソッド



曖昧になるフェイスラインを弾力のあるハリ肌に導く
エイジングケアライン「ドレスリフト」

ラインには、ダマスクローズを基調とし、朝の乳液と夜のナイトクリームには自律神経をサポートする機能性アロマを配合。

左から、キメ細かな泡がふっくらなめらかに洗い上げる。フェイシャルソー プ100g ¥2,540 肌を保護し、うるおいを保つコクのあるクリーム。3Dヒアルロン酸配合。ナイトクリーム 35g ¥4,000 肌のうるおいを保ち透明感のある肌に。ローション 150ml ¥3,296 もっちりとしたミルクで、ふっくらとしたハリ肌に。外的ダメージから肌を保護する植物性保湿成分配合。デイエマルジョン 60ml ¥2,696

 

 

夜の体は>

 

1
nextpage

このページのトップへ戻る
トップページへ戻る
〔スペシャル〕バックナンバー
〔STORYウェブ〕最新記事
2017年4月号 最新号のご紹介 定期購読のご案内


このページのトップへ戻る
トップページへ戻る

セレSTORY ここで買える kokode.jp

  • 広告