2016年02月01日(Mon)

[今月のひと皿]
煮込み洋食

underline

一年でいちばん寒いこの時期にぴったりなのが、
しっかり煮込まれてしっかり旨みが引き出された、
お肉を使った洋食の数々。熱々を召し上がれ。

 肉料理に定評のある「目白 旬香亭」。「土鍋ハンバーグ」は、合挽き肉を使ってフワフワですが、和牛粗挽き肉100%の「ステーキハンバーグ」も捨てがたい魅力。

 フレンチの名店「ナリサワ」の成澤由浩シェフがメニューを監修している「東京 東洋軒」。軽やかでピュア、かつ親しみやすい洋食を楽しめます。

 「和魂洋食 朋」は和食出身の藤本幹人さんが4年前に開店。和の技法を取り入れた洋食、とりわけ20種類以上も揃うハンバーグが自慢です。

 京都「洋食おがた」は長崎「ハウステンボス」の名シェフ・上柿元勝さんに師事した緒方博行さんが昨年11月にスタート。古典フレンチの確かな基礎の上に展開する洋食は、すべてが格別の輝きです。



〈東京分〉撮影/田村浩章 取材・文/伊藤由起 〈名古屋分〉撮影・取材・文/永谷正樹
〈大阪分〉撮影/福森クニヒロ 取材・文/寺下光彦
MAP/地図屋もりそん デザイン/豊田セツデザイン事務所

1
nextpage

このページのトップへ戻る
トップページへ戻る
〔どうしても、このひと皿に会いたくて〕バックナンバー
〔STORYウェブ〕最新記事
2017年6月号 最新号のご紹介 定期購読のご案内


このページのトップへ戻る
トップページへ戻る

セレSTORY ここで買える kokode.jp

  • 広告