2016年12月17日(Sat) STORY編集部

半分仕事、半分遊びの日曜日

underline

Voyager40 Sting-sanのワインを飲む

かねてから仕事で大変お世話になっているKさんにお誘いいただき、
11月27日(日)、かの世界的ミュージシャン、スティングが生産している
ワインの試飲会に行ってまいりました。
彼がイタリア・トスカーナの農園、イル・パラジオを手に入れたのは1999年。
以来、ビオディナミ農法にこだわり、はちみつ、オリーブオイルを生産
(素晴らしい味わいですが日本未入荷。残念!)、
現在ではワインもスーパートスカンとして高い評価を受けています。
その成功には裏話が……。このエステートの購入を持ちかけられた際、
スティングはこの畑で造られたワインをすすめられます。
その美味しさに、「こんなに素晴らしいワインができるなら!」
と購入を決めたのですが……。購入後、できたワインを飲んでみると明らかにおかしい。
よくよく聞けば、スティングが飲んだのは実はバローロだったと仲介人が暴露。
そこでスティングは……リベンジ! この復讐劇が高品質なワインを生み出したのでした。
今や銘柄のひとつ「Sister Moon」は米ワイン・スペクテーター誌によって
イタリアワイン・トップ100に選ばれたほどです。
そう、彼のワインには彼の作品名が付けられているのも面白いところ。
「When We Dance」「Message In A Bottle」……そのネーミングだけで
どんな味がするのか、楽しみになりますね♪
それにエチケットもとっても素敵なんです。
これからおよばれ、おもてなしが増える季節、
スティングのワインでパーティを盛り上げるのはいかがでしょうか♪
Sting-san、とっても気さくな素敵なおじ様でしたー。

http://www.jeroboam.co.jp/wine_maker/sting.html

撮影/Yuji Komatsu
 

[Sting-sanに握手していただいた日の朝のカード]
Strength

「力」を引きました。このカード、圧倒的に相手を制圧する力ではなく、セルフコントロールであったり、猛獣使い的に対象を制御する力を指しています。
土曜日のジム通いで全身筋肉痛でしたが、Sting-sanのワインをご褒美に据え、自己制御して日曜日もジムに行きました。猛獣は自分自身かな?

 

[編集R]
ボイジャータロットは、生き方に前向きな思考・行動のアドバイスをくれるカード。ボイジャータロットリーダーを目指す四十路女が、ボイジャータロットを通じて日々の出来事と気づきを綴ります。

 


このページのトップへ戻る
トップページへ戻る
〔Editor's Private〕バックナンバー
〔STORYウェブ〕最新記事
2017年5月号 最新号のご紹介 定期購読のご案内


このページのトップへ戻る
トップページへ戻る

セレSTORY ここで買える kokode.jp

  • 広告