2017年01月07日(Sat) STORY編集部

真打みかさのもちもち焼きそばはもはやA級グルメです

underline

お祭りの屋台の定番といえば、かき氷、たこ焼き、ベビーカステラ・・・・・・そして焼きそば。
この焼きそばが、意外にも!?'16年ちょっとしたブームになりました。
いろいろな雑誌やテレビに取り上げられていたのですが、
大人気店の一つが、神保町にある「みかさ」です。
そのみかさをもともと創業された方が
新たに始められたのが、
高田馬場にある「手打ち麺やきそば専門 真打みかさ」
店内に手打ちスペースがある、自家製麺の焼きそばです。

メニューはシンプルにやきそば¥800とビールのみ。この潔さがいいですね!
味は塩味にもできるようですが、いただいたのはオーソドックスなソース味。
このソースも自家製だそうです。
写真に並んでいる瓶の中に寝かされて美味しく育っているんですね。
麺を茹でるところから始まるので、出てくるまでに少し時間がかかります。

味は、ソースにけっこうパンチがあって最初はちょっと濃いめかな、と思ったのですが、
慣れてくると逆に後を引きます。これはかなりウマし・・・。
とにかくもちもち麺の食感がすばらしいです。

マヨネーズが卓上にあるのですが、
つけると、わかっていたけど・・・これまた美味しく味変します。

800円だせばこれだけ美味しいモノが食べられるなんて、
日本ってやっぱりすばらしい!と思います。

[編集S]
 趣味の食べ歩きのなかで出合った、ぐうの音も出ないほど美味しいお店から、ちょっとマニアックかもしれないお店まで「さとログ」としてご紹介します。

※お店に行った時期と掲載の時期に多少の差があり、メニューや価格が変更になっていることもありますのでご了承ください。

 


このページのトップへ戻る
トップページへ戻る
〔Editor's Private〕バックナンバー
〔STORYウェブ〕最新記事
2017年3月号 最新号のご紹介 定期購読のご案内


このページのトップへ戻る
トップページへ戻る

セレSTORY ここで買える kokode.jp

  • 広告