2017年01月15日(Sun) STORY編集部

韓国話:学生街のごはん屋さん「ザ・パッ」

underline

編集Iの「A Fragrant Life」*ソウルの美味しい店*3

新しい年が始まりましたが、去年一番楽しかったソウル旅行は学生街にある劇場にミュージカルを見に行ったことでした。地下鉄4号線の恵化(ヘファ)には成均館大学やソウル大学医学部があり「大学路」と言われ、大小の劇場が数多くあって公演が行われています。駅の階段を上がるとこんな風景も見える気持ちのよい街です。

 

韓国の公演はだいたい20時頃から始まるため、その前にゆっくりごはんを食べる時間があり、大学路で評判の良いお店に行きました。店名は「ザ・ご飯」という意味で、ほっこりしたお手製家庭料理が食べられる「ザ・パッ(The Bub)」です。

 

まず、定評のあるパンチャン(おかず)類。茄子や蕗など手のかかった小皿が出てきます。

 

名物料理の白い豆腐(スントゥブ)チゲとコンビジ(おから)チゲ。手前の白い豆腐チゲはピリ辛スープにトロトロの豆腐が入っていてすごく美味しい。後方のコンビジチゲは毎朝このスープ用に豆を茹でておからを作るそうで、キノコとネギ、白菜がたっぷり入っています。

 

ノットゥジョン(緑豆チヂミ)、元は丸いんですが、ハサミで切られてしまい・・・(韓国食堂あるある)。回りはカリッとサクサク、中に野菜が詰まっています。熱々で出てきます。

 

お肉はカルビチム。ここのは「メウン(辛い)カルビチム」で、注文すると辛さの度合いを聞かれますが、辛くないものも作ってくれます。「少し辛く」と頼んだら、それでも十分辛かったです。カルビチムも日本ではなかなか美味しいものが食べられないので満足!

 

春雨も入ってボリュームがあります。お肉はここでもハサミで切って食べやすく。

 

お得な定食があり、人数に合った定食とアラカルトの組み合わせを、お店の人が親切にアドバイスしてくれます。気に入って他の日にも行ったので、その時はプルコギ(左)とファンテグイ(スケトウダラのつけ焼き・右)にしました。

 

ちなみに、“お一人様食事”に困る韓国で、こちらはお一人様OKです。

〇「더밥」
142,MyeongRyun dong-4ga, Jongro-gu, Seoul
서울시 종로구 명륜동4가 142
※地下鉄4号線恵化(Hyehwa)駅3番出口から徒歩5分くらい

おまけ:
観たミュージカルは「ヘドウィグ・アンド・ジ・アングリーインチ ニューメイクアップ」。大学路の弘益大大学路アートセンター大劇場まで、駅から歩いて行ってこの大きな写真を見たときはテンション上がりました。元はオフ・ブロードウェイのトランスジェンダーが主人公の著名ロックミュージカル、韓国では超人気演目で主演が変わりながら3カ月間公演、毎日完売。有名な俳優さんばかりで、私は右端のピョン・ヨハンさんと真ん中のチョ・ジョンソクさんの公演を観ました。いやー、良かった! 今年も公演がある予定なので楽しみです。

 

 

※時期によって写真と同じものがあるとは限りませんのでご了承ください。

*編集Iの「A Fragrant Life」
ビューティ担当25年の間に出合った好きな香りと、毎日を「香しくする楽しみ(主に韓国話など)」をご紹介します。


このページのトップへ戻る
トップページへ戻る
〔Editor's Private〕バックナンバー
〔STORYウェブ〕最新記事
2017年4月号 最新号のご紹介 定期購読のご案内


このページのトップへ戻る
トップページへ戻る

セレSTORY ここで買える kokode.jp

  • 広告