2017年03月02日(Thu) 中林直美
underline

【夢からさめても『ラ・ラ・ランド』】

高揚感が炸裂する圧巻のオープニングから、めまいを覚える陶酔のエピローグまで、これぞ映画!これぞエンターテインメント!
あふれる音楽と色彩。永遠に忘れられないカップルに誰もが恋する、今年一番の話題作!

夢追い人の街、LA。 しがないジャズピアニストのセブ(ライアン・ゴズリング)と女優を目指すミア(エマ・ストーン)のラブストーリーを軸に、季節はめぐります。

衣装チェンジは主役の二人だけでも100回以上!そのめくるめくファッションを見てるだけでも終始うっとり♡
ピンクとグリーンのおしゃれなバスルームに次々と入ってくる、色鮮やかなドレスをまとった女性たち。ドレスの裾をひらっひらさせながら4人横並びで歩くシーンなんて、女心をくすぐられないわけがない!

黄金時代のハリウッド・ミュージカルに、ヌーヴェルヴァーグのフレンチ・ミュージカル。デイミアン・チャゼル監督の愛がちりばめられつつも、リアルで王道なストーリー重視の展開なので、ミュージカル好きでなくとも違和感なく楽しめます。
夢のようなファンタジーと、誰もが身に覚えのある胸の痛みに、きっと心揺さぶられるはず。

「ロマンチックで何が悪い!」って、なんてステキなセリフだろう。
生きていくにはいつだって、夢とか愛とか希望とか、キラキラしたものが必要なんだ。

今この手にあるものだけが、人生で手にしたものってわけじゃない。そのときそのときやってきたこと、そばにいてくれた人、すべてがちゃんとつながって今がある。
自分が歩いてきた道を、選んできた答えを、きっと大切に思える"せつなくも愛おしい人生賛歌"です。

劇場を出たあとも頭の中でループし続ける、自然と体がリズムをきざむ魅力的なオリジナル曲の数々。
ワンテイク&ワンショットで撮られたという奇跡のダンスシーン。
代役なしのライアン・ゴズリングのセクシーなピアノ演奏と、セリフからそのまま歌い上げたエマ・ストーンの情感たっぷりの歌声。
名場面だらけの、すべてが画になる美しい映像。

これはまさにスクリーンで"体感する"ための映画!
最近はもっぱらおうちシアターとか、映画なんてめったに観ない人たちにこそ、ぜひ映画館に足を運んでほしい作品です。
主演女優賞、監督賞、そして作曲賞に主題歌賞など、本年度アカデミー賞最多6部門を受賞した『ラ・ラ・ランド』。どうぞお見逃しなく!
 
公式サイト ↓
http://gaga.ne.jp/lalaland/
 
 
 
☆  ☆  ☆  ☆  ☆
 
インスタグラムはじめました。
ぜひ遊びにきてください♡


このページのトップへ戻る
トップページへ戻る
〔「日常ロードショー」中林直美〕バックナンバー
〔STORYウェブ〕最新記事
2017年4月号 最新号のご紹介 定期購読のご案内


このページのトップへ戻る
トップページへ戻る

セレSTORY ここで買える kokode.jp

  • 広告