2017年03月06日(Mon) STORY編集部

香港話:飲茶の3つ星「龍景軒」

underline

編集Iの「A Fragrant Life」*香港好き*1

今までソウルの美味しい店を綴ってきましたが、実は香港がものすごく好きです。ソウルよりも行った回数が多いくらい。香港の独特な街並みは歩くだけでもテンションがあがります。

香港の美味しい店は予約がなかなか取れません。特に土日は。週末旅行者には不利なのでなるべく早く予約を入れることが大事です。フォーシーズンズホテルの「龍景軒」は中華料理で世界初のミシュラン3つ星を獲得しました。飲茶はランチ限定、2度ふられ、3度目に3カ月前に予約を入れてついに取れました。

今回写真を載せたのは飲茶の基本メニュー。見た目は地味ですが、新鮮な食材をふんだんに使って洗練された見事な味に仕上げています。もちろん他にもいっぱい食べました(笑)。ずっとお腹が減ったままだといいのに~と思いました、心底。

1:前菜 焼き物三種

この種のメニューを「焼味(シュウメイ)」と言います。左から、鴨、皮つき豚バラ肉、叉焼。柔らかくて旨味が凝縮した味です。

 

2:點心 海老蒸し餃子

「蝦餃(ハーガウ)」は点心の中でもそのお店の味を判断するのに最適なメニューです。透明な皮、プリプリな餡……なかなか日本では食べられません。

 

3:スープ 燕の巣入り

燕の巣は香港に行ったら是非食べたい美容食。デザートかスープで。今回はスープ。じんわりと美味しい上湯にザクザク入っています。翌日肌がしっとり。広東語では「燕窩(インウォ)」。

 

4:芥藍菜の炒めもの

広東語で(ガイランチョイ)と読みます。香港では一般的な野菜なのに、日本ではあまりお目にかかれません。「炒めるか、ボイルか」「炒めるなら何味か、ガーリックか、ジンジャーか」そこまで聞かれました。

 

5:主食はなんでも

香港では一般的なお店では、白飯や麺のほうが多くあまり炒飯は見かけません。炒飯を食べたいときは上級なお店で。

 

6:デザート やはりマンゴーデザート

マンゴーの味の濃さが違うので是非。これはマンゴープリンに「楊枝甘露(マンゴー、ポメロ、タピオカの人気デザート)」的なスープがかかっていました。幸せな味でした~。

 

基本が美味しければ、その店はどんな料理を食べても美味いのです。好きなものの中に上記のメニューの一つを入れて、食べ比べていくとお店の違いがわかって面白いと思います。

 

おまけ:

こんなお茶菓子もサービスで出てきます。そう高くない4階にあるので、中環(セントラル)の長い歩道橋も見えて楽しいです。お土産は特製XO醤で決まり。

 

〇Four Seasons Hotel Hong Kong「龍景軒(LUNG KING HEEN)」

Four Seasons Hotel 4F 8 Finance Street Central

香港四季酒店/中国香港中環金融街8号

 

※時期によって写真と同じものがあるとは限りませんのでご了承ください。

 

*編集Iの「A Fragrant Life」

ビューティ担当25年の間に出合った好きな香りと、毎日を「香しくする楽しみ(主に韓国話など)」をご紹介します。


このページのトップへ戻る
トップページへ戻る
〔Editor's Private〕バックナンバー
〔STORYウェブ〕最新記事
2017年4月号 最新号のご紹介 定期購読のご案内


このページのトップへ戻る
トップページへ戻る

セレSTORY ここで買える kokode.jp

  • 広告