2017年03月21日(Tue) 秋山エミ
underline

【一度は訪れたいエメラルドシティ“シアトル”】

先日、シアトル・メディア・VIPランチが、「GRAND HYATT「FRENCH KITCHEN」で行われ、

参加させて頂きました。

 

アメリカの北西端から少し下がった場所に位置するシアトル。

皆様はシアトルと聞いて何を思い浮かべますか?

私といえば、マリナーズ、マイクロソフト、ボーイング社と

メージャーリーグと大企業の本拠地のイメージで、どんな都市なのか自体は全く知りませんでした。

 

シアトルは、上記に加えAmazonの本拠地でもあり、非常に科学技術の発展した都市のイメージがありますが、

今なお自然とのバランスがとれ、

緑豊かな都市であることから「エメラルドシティ」の愛称で親しまれているそう。

 

夏は湿度が低く、気温は24度前後、冬は最も寒い1月でも2度前後と非常に過ごしやすい気候で、

スターバックス1号店のあるPIKE PLACE MARKET(パイク・プレイス・マーケット)や、

SEATTLE ART MUSEUM(シアトル美術館)、FRYE ART MUSEUM(フライ・アート・ミュージアム)、MUSEUM OF HISTORY & INDUSTRY(歴史産業博物館)等と、都市型の観光も楽しめれば、

SEA CREST PARK/ALKI BEACH PARK(シークレスト・パーク/アルカイ・ビーチ・パーク)や

Mr.RAINIR NATIONAL PARK(レニア山国立公園)、OLYMPIC NATIONAL PARK(オリンピック国立公園)など、砂浜から森まで大自然の観光も楽しめるのが魅力的。

 

STORY読者ならファンも多かったのではと思われる、

ドラマ「ツインピークス」のロケ地SNOQUALMIE FALLS(スノコルミー滝)もシアトルから車で約45分。

 

また、バレエ、オーケストラ、オペラ、劇場、米北西部最大のカジノ、

ディナーショーとエンターテインメントも充実。

 

さらに、シアトルのあるワシントン州は全米でも有数のワインの産地。

もちろんシアトル周辺にもワイナリーが沢山あるそうで、

この日のランチにも4種のワインが登場しました。

どれも芳醇で飲みやすく、全部飲みほしてしまったほど。

 

とっても大人の街かと思いきや、

子供が一緒でも

その名のとおり、子供のための博物館THE CHILDREN’S MUSEUM(ザ・チルドレンズ・ミュージアム)

音楽と映画の体験博物館EMP(Experience Music Project 音楽博物館)

MUSEUM OF FLIGHT(航空博物館)

AMERICA’S CAR MUSEUM(アメリカズ・カーミュージアム)          

PACIFIC SCIENCE CENTER(パシフィク・サイエンス・センター)

SEATTLE AQUARIUM(シアトル水族館)

WOODLAND PARK ZOO(ウッドランド・パーク動物園)

と、行ってみたいところが沢山。

 

大自然でも楽しめるのに、屋内のアクティビティーだけでも1週間観光じゃ足りないくらい。

 

個人的には、さらに、アマゾン初の実店舗Amazon Booksや、Microsoft Visitor Center、

The Starbucks Coffee Gear Storeなど、本拠地シアトルでしか体験できない、

最先端企業の本社内にある店舗も覗いてみたいと思いました。

 

今回はお話を伺ったところでのブログですが、

いつか必ずシアトルに行って、再度実体験レポートをあげたいと思います♪

 

本日も読んでくださってありがとうございました。

                                                                              

Many thanks,

Emi

 

Instagramもご覧頂ければ嬉しいです♪
https://www.instagram.com/emisinc/

 

 

 

             

 


このページのトップへ戻る
トップページへ戻る
〔「emi's Beauty and the Boost」〕バックナンバー
〔STORYウェブ〕最新記事
2017年4月号 最新号のご紹介 定期購読のご案内


このページのトップへ戻る
トップページへ戻る

セレSTORY ここで買える kokode.jp

  • 広告