2017年04月19日(Wed) STORY編集部

香港話:アフタヌーン・ティーのお勧め

underline

編集Iの「A Fragrant Life」*香港好き*2

前回書いた飲茶ともに香港と言えば、1997年6月末日まで英国統治下にあったため、本格英国スタイルのアフタヌーン・ティーが有名です。
私が好きなのは九龍サイドの海沿いに建つインターコンチネンタル香港(以前はザ・リージェント香港<麗晶酒店>という名前でした)のロビーラウンジのアフタヌーン・ティー。

なんといってもこの風景が素敵すぎる! アフタヌーン・ティーは 午後2時30分から午後6時までなので、大きなガラス窓いっぱいの日中から夕方日が暮れる様子が格別です。

西洋式アフタヌーン・ティーはこんな感じでした。香港でも雰囲気だけいいアフタヌーン・ティーを出すホテルも残念ながらあるのですが、ここはそれだけでなく味が美味しいと思います(大事)。スコーンなど焼き菓子もレベルが高いです。マカロンは好きなだけ。

季節によって特別なアフタヌーン・ティーを企画していることがあり、その中の一つ、チャイニーズ・アフタヌーン・ティー。

お茶は中国茶や紅茶など数種類から好きなものが選べます。

 甘いものだけでなく、カニ爪の揚げ物やアワビのタルトも。

最後には杏仁豆腐などのデザートも出ます。

一度目は西洋スタイルで、(もしあったら)香港ならではのチャイニーズ・アフタヌーン・ティーが、二度目のアフタヌーン・ティーにお勧めです。

〇Intercontinental Hong Kong/香港洲際酒店
18 Salisbury Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong
香港九龍尖沙咀梳士巴利道18號

(ロビーラウンジは予約ができません。アフタヌーン・ティーは2名からでした)

おまけ:
インターコンチネンタル香港の朝食ルームサービスは美味しいのですが、量が多いです。中国粥セットにしたら焼きそばまでついてきました・・・。下のフレンチトーストは昔からある名物メニュー。

※時期によって写真と同じものがあるとは限りませんのでご了承ください。

*編集Iの「A Fragrant Life」
ビューティ担当25年の間に出合った好きな香りと、毎日を「香しくする楽しみ(主に韓国&香港話など)」をご紹介します。


このページのトップへ戻る
トップページへ戻る
〔Editor's Private〕バックナンバー
〔STORYウェブ〕最新記事
2017年6月号 最新号のご紹介 定期購読のご案内


このページのトップへ戻る
トップページへ戻る

セレSTORY ここで買える kokode.jp

  • 広告