DigitalistLifestyle / Travel

「私、失敗しないので」-黒豆-

  カリフォルニア・ロングビーチ在住
  デジタリストの山本明美です。


  アメリカで迎えるお正月も
  2020年で19回目になります。


  渡米間もない頃のお正月に、
  お正月に必ず食べていた
  太巻きの味が  懐かしく、

  人気の和食レストランに
  オーダーしてみたものの
  思ったものと違っていたのをきっかけに、

  お正月にいただくおせち料理を
  自分で作るようになりました。


豪華ではありませんが、屠蘇を飲むための祝い肴三種の黒豆・田作り・数の子に巻き寿司などです。
2019年のお正月に初めて作った松風焼き。けしの実の代わりにゴマを代用しました。
おせちを作るきっかけになった巻き寿司は、具は大分産のどんこと、栃木県産の干瓢を使ってシンプルに。

   中でも、 
   おせち料理に欠かせない『黒豆』は
   初めて作った時から完璧で、 

   年に一度しか作らないのに、 
   知り合いにお裾分けすると
   絶賛される程になり、
   すっかり我が家の定番になりました。 


   そんな『優れもののレシピ』、 
   料理研究家の
   藤野真紀子さんの黒豆レシピを
   ご紹介します♡

【材料】
 ●丹波の黒豆・・・・600g
 ●煮汁
 水・・・・12.5カップ
 重曹・・・小さじ1
 塩・・・・大さじ1
 砂糖・・・500g
 しょうゆ・90~95cc
 さびたくぎ(あれば)・・10本
 (私は使った事はありません)

1. 鍋に煮汁の材料を入れ、
    一度沸騰さ せて火を止め、
    黒豆を入れて3~4時間おく。

2. 1を中火にかけ、あくを取る。

3. 沸騰したら150ccの水を加え(さし
    水)、再び沸騰したら100ccのさし
    水をする。

4. 落としぶたをし、さらに鍋のふたを
   し、ごく弱火で7~8時間煮る。

 *急用などで、
   途中火を止めても大丈夫です。
   ただし、
   冷めないうちに火にかけること。
   それから、
   絶対に空気に触れさせないこと。
   空気に触れるとしわが寄ります。
 (ピンクが大切なポイントです!)


  *落としぶたは、
  中央に小さな穴を作った
  キッチンペーパーを使うと
  好きな大きさにきれて手軽です。
  (穴が大きすぎると豆が出てきます)
   

私の黒豆。毎回ふっくら炊けて、艶があり、甘くてとっても美味しくできます。(絶対失敗しませんよ!)

  黒豆は、
  「まめに働く」などの
   語呂合わせなど から、

   元気に働けますようにという
   願いが込められています。


  縁起物として
  お正月には欠かせないお料理を、
  ひとつだけでも
  手作りしてみるのも素敵だと思います♡
 
  
  ...と言いながら、
  2020年1月2日から
  授業が始まり慌たゞしいので、
  今回お正月のおせち料理は
  手抜きの予定ですが(苦笑)

  令和初めての新年に向けて
  黒豆だけでも作る予定です。
  
  
  そして、 
  何より美味しいので、  
  『失敗しない黒豆』は、 
  おせち料理に是非おすすめです。
  
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
  今年は、   
  STORYのデジタリストとして   
  情報発信の機会をいただいた事を   
  とても嬉しく思っています。 
  来年もロングビーチから
  地元のステキな話題を皆様にお届けできるよう
  頑張ります。

  どうぞ皆様も良い年をお迎えくださいませ。

  新しい2020年が、
  どうぞ平和で穏やかな年になりますように。

  来年もどうぞよろしくお願いいたします。

6月にRoute66を通り、アメリカ大陸を横断しました。来年も未来に向かって走り続けます!
山本明美
FROM山本明美 LA在住18年です。 元テレビ局アナウンサー。主婦の傍らカフェ経営など色々な経験を経て、 今は「アメリカの大学で学びたい」という夢に向かってカレッジの学生です。 夫と2人で暮らす西海岸ロングビーチのライフスタイルや素敵な地元の情報をご紹介します。
記事一覧を見る >

FEATURE

Aug
13
今日の40代おしゃれコーデ

ちょっとそこまでのお買い物には【マーメイドラインのワンピ】で女っぽく[8/13 Thu.]

ちょっとそこまでのお買い物には【マーメイドラインのワンピ】で女っぽく[8/13 Thu.]

PICK UP

PRESENT

CONTROL FREAK「カゴバッグ」を計6名様にプレゼント!

CONTROL FREAK「カゴバッグ」を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。