DigitalistTravel

”ベンジャロン焼き”の絵付け体験

サワディーカー!

バンコク在住デジタリスト の礒田あいです。

「ベンジャロン焼き」みなさんは耳にした事がありますか?

タイの三大陶磁器の中でも、最も観光客に人気があり

タイ王室専用の陶磁器として使われた、歴史のある色鮮やかできらびやかな焼き物です。

 

そんな歴史ある焼き物の絵付けを体験しに、「Stella Art Cafe」へ行ってきました。

一見、ここはカフェ?と思うような店構えですが、こちらでベンジャロン絵付けを行います。

店内もおしゃれカフェ・・のようですが、壁際には下絵の描かれた陶磁器がずらり。

カップやソーサー、大皿やお茶碗もあります。

小皿もたくさん種類があって、どれにしようか迷ってしまいます。

わたしは色々と目移りして悩みましたが・・こちらを選びました。

ちなみに一緒に行った友人は、ベンジャロンらしい花柄の小皿を選んでいました。

それぞれの好みがでて、相談し合うのも楽しい時間です。

絵付けに用いる色はこーーんなにたくさん!

絵具そのものの色と、焼き上がった後では色の印象が違うので(そこが難しくもあり、面白い!)

焼き上がりの色見本を見て、どの色をどこに塗るかを決めていきます。

実際の絵具はそれぞれ小瓶に入って、こんな感じで並んでいます。

色の塗り方を教えていただいて、いざ絵付けへ。

集中しすぎて、終わった後は肩こり気味になりましたが(笑)

でも集中して作業した後は、とても清々しい気分になりますよね。

絵付けした直後はこんな感じになりました。

塗り忘れなどないかをチェックしていただいて、あとは焼き上がりを後日受け取りに行くだけ。

希望をすると、タイ文字や日付を入れられます。裏面に名前と絵付けした日付を入れました。

焼き上がった後はこんな感じ。うーーん、写真だと違いがわかりにくいですね(汗)

全体的に彩度があがったのですが、特に青色が色濃くクッキリとした印象になりました。

1キロ100バーツ(約350円)で購入したイチゴをのせてみました。

派手すぎず、大きすぎず、使い勝手のよいものが出来て大満足!

これから大切に使っていきたいと思います。

 

++

♡My Bangkok dairy life @instagram♡

https://www.instagram.com/ais0_bkk/

礒田あい
FROM礒田あい IT企業のワーキングマザーから一転、2019年1月よりタイの首都バンコクにて駐在スタート。娘はインターナショナルスクールに通い、私は語学やスポーツに励む日々。バンコクは美味しいグルメ&美容に溢れた観光大国。日々の発見を中心に「行ってみたいな」と思っていただける情報をお届けします。
記事一覧を見る >
-Keywords

FEATURE

Feb
22
今日の40代おしゃれコーデ

モノクロできめて話題の映画をはしご。黒でもキツく見えないのは、優しげなざっくりニットのおかげ[2/22 Sat.]

モノクロできめて話題の映画をはしご。黒でもキツく見えないのは、優しげなざっくりニットのおかげ[2/22 Sat.]

PICK UP

PRESENT

CADUNÉ (カデュネ)「セットアップ」を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。