DigitalistFashion

モノクロ世界の魅力〜緒方環さんSUMIGA 墨画

阪急百貨店 阪急うめだ本店4階のコトコトステージ41で、

モノクロ世界の魅力を紹介するイベントが、212日(水)から始まりました。

このイベント、

アートやワードローブ、雑貨などを通して、

モノクロ世界の魅力が伝わってくる内容となっています。

 

会場では、モノクロのアートとして、

ファッションイラストレーター緒方環さんの作品 SUMIGA墨画 が展示されています。

墨の濃淡や線を活かしての作品。

和紙ではなく、洋紙に描くところも環さんならではのポイントです

 

女性や男性、

植物、ファッション小物など、

緒方環さんの手にかかれば、いつだってそれらはどれも、

白い紙の中で墨一色であるにもかかわらず、奥行きを持って描かれています。

 

今回、展示されている作品は、

女性、そしてファッション小物のシューズ、バッグなど。

 

墨の濃淡、線、滲み、

白と黒の絶妙なバランス。

 

カッコいい!とか、

素敵!とか、

眺めていると、いろんな感情が湧き起こるのですが、

なんといっても、

絵を前にして、想像力をかき立てられることが環さんの作品のいちばんの魅力かもしれません。

そしてそれは、白と黒、という、

限られた色だからこそ、見る側のイメージがより膨らむのではないかと。

 

白と黒。

環さんの絵で表されるモノクロの世界は、

白の画面にいきる黒、

であるのですが、

あるいは、むしろ、

黒の中の白

余白の美しさがあって完成する世界、とも言えます。

 

環さんの描くものにどうしようもなく私が惹かれてしまうのは。

いや、私だけではなく、見る人がつい引きこまれてしまうのは。

描かれているものと、そこにある余白が織りなす、なにか余韻のようなもの、

あるようでない、ないようであるを、感じてしまうからかもしれません。

 

緒方環さんの作品展示は、

阪急百貨店 阪急うめだ本店4階 コトコトステージ41にて、

218日(火)まで開催されています。

環さんのファンの方はもちろん、初めて見るという方にも、

ぜひ見ていただきたいモノクロアートです。

詳しくは阪急うめだ本店のサイトをご覧ください。

こちらをクリック↓

「モノクロの魅力をライフスタイルに取り入れて #BnW」

 

安井ミカ
FROM安井ミカ 日々の暮らしのなかで、発見したり、ひょっこり出会えた美しいと感じたもの、大切にしたいと思うものやこと、ご紹介していきたいと思います。娘二人、息子一人の母。関西在住です。
記事一覧を見る >

FEATURE

Apr
7
今日の40代おしゃれコーデ

【ウエストマーク】ジャケットでシャキッと新年度のお仕事モードへ[4/7 Tue.]

【ウエストマーク】ジャケットでシャキッと新年度のお仕事モードへ[4/7 Tue.]

PICK UP

PRESENT

Secret Trophy「CPOジャケット」を計8名様にプレゼント!

Secret Trophy「CPOジャケット」を計8名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。