DigitalistLifestyle

かごバッグとマルシェ! ~ニューカレドニアを味わいつくす旅、その⑧

その土地と、そこで暮らす人たちの生活を感じられる場所といえば、やっぱり朝市(マルシェ)。
ニューカレドニアの伝統衣装 ミッションローブを着た女性たちや、地元の子連れファミリーに混ざって、ローカル気分を味わいましょう♪

モーゼル湾の港のすぐそばで開かれるヌメアのマルシェは、屋内外にたくさんの店が立ち並ぶ開放的な雰囲気。地元民の台所であると同時に観光スポットでもあるため、いつもたくさんの人で賑わっています。
港に着いた船からそのまま市場に並べられる海産物は、新鮮そのもの!

色とりどりの南国野菜や果物、肉などの畜産物。どれも地元で採れたものばかり。
宿泊先がキッチン付きなら、ここで食材を仕入れて部屋で料理をするのも楽しそう!

屋内には、ボウルになみなみと注がれたフレンチスタイルのカフェオレが楽しめるスタンドカフェのほか、ブーランジェリーのパンや焼き菓子、フランス直輸入のチーズ、カットフルーツ、ちょっとしたお惣菜を売っているお店まで。
青空の下で海を眺めながらのんびり朝食・・なんてのも、ローカル感たっぷりでいいですね♪

 

屋外に並んだテントでは、ニューカレドニアのお土産になりそうなものがたくさん!

南国ムードたっぷりの特産品や民芸品、アクセサリー、パレオやお洋服(こども用のワンピースやオールインワンが可愛くて安い!)などなど、見ているだけでも楽しい♡

私が特に気に入ったのはこのお店。丁寧に編まれたバッグや帽子、そしてカラフルな刺繍が施されたリネン類まで店内のほとんどのものが、出店者の女性 Ramangalahyさんによるハンドクラフト。
基本モノより想い出派の私ですが、あまりの可愛さにここは手ぶらでは帰れないぞ!という意気込みに。

あれこれ物色し、今回はこのコをお持ち帰り。丸いモチーフをつなぎ合わせたマルチカラーのかごバッグ(4500円くらい)。この夏さっそく活躍中♡

 

月曜以外は毎日開いているヌメアのマルシェですが、土日は出店数が平日より多くてライブ演奏などもあってさらに賑やか。営業時間はだいたい5時から11時半くらい、早い時間だとまだ開いていない店もあるので8~9時頃に訪れるのがちょうどよさそう。
こちらのマルシェ、食材からお土産まで町で買うよりもかなりお得なので、滞在中に一度は必ず行っておきたい場所です!

 

マルシェを楽しんだ後は、ヌメアの町の中心部へと向かいます♪

(つづく)

取材協力先:ニューカレドニア観光局 http://www.newcaledonia.travel/ja/

中林直美
FROM中林直美 渋谷の映画館でもぎりをしつつミニシアターブームに傾倒した学生時代。大学卒業後は大手映画会社で約10年勤務。 好きなものは映画と旅、アート全般。 https://www.instagram.com/naomi_nm_/
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Aug
22
今日の40代おしゃれコーデ

大人の肌露出は、おモードアクセでヘルシー仕上げに

RANKING

PICK UP

PRESENT

ユナイテッドアローズの「カットワークバッグ」を計9名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。