DigitalistLifestyle

ロンドン北の街のマーケット、カムデン・タウンへ

こんにちは!ロンドン・ブロガーの近藤麻美です。

お天気の良い、気持ちのいい日が続いています。

今日はサイクリングがてら、ロンドン北の街に位置する、カムデンへ。

セントラル・ロンドンからは、地下鉄、ノーザン・ラインで北へ約15分。最寄り駅は「Camden Town」です。

 

駅から途中の交差点、横断歩道はレインボーカラー、プライド仕様になってました。

 

カナル沿いに歩きます。

 

今日はカムデン・マーケットの中でも、ステイブル・マーケットを散策。平日だったのと、まだ午前中だったので人はまばらでした。

 

こんなかっちりしたスタイルも。

カムデンといえば、やっぱり古着。ビンテージの古着屋さん。

ハンド・サニタイザー(消毒液)がマーケット中至る所に設置されていました。

 

ジュエリー・ショップ。

 

私の好きな、「モッズ」スタイルショップ。ヴェスパがトレードマークです。

ムーミンショップは最大3人までが、中に入れます。ちゃんとソーシャル・ディスタンスをとってね。

 

「ヘンゼルとグレーテル」という名前のショップだったので、入ってみると、その名の通りスイーツ・ショップでした。誰もが皆、子供の頃は「お菓子の家」に住んでみたいと思ったはず!?

 

今は亡き、エイミー・ワインハウスの銅像。25歳で急逝したこの歌姫は、カムデンに住み、カムデンを愛したのでした。

 

カラフルな傘の屋根。キレイ。見ているだけで心が躍ります。

カムデンは、働いたこともあるし、住んでいたこともあるエリアなので、私にとって思い出深い街。特に夜には毎晩のようにここに繰り出しては、ライブやクラブなど、充実したナイトライフを満喫していたのでした。

コロナ・パンデミックの影響で、客足は激減しているのだけど、ショップ・オーナーさんたちは、また観光客が戻ってきてくれる時のために、ゆっくりと営業を再開しています。

早く活気のあるカムデン・マーケットが見たいな。

 

最後にお気に入りの、セカンドハンド・ブックショップへ。アガサ・クリスティーの作品(ペーパーバック)がたくさん売られていたのですが、元値よりも高かった!初版モノはもう手に入らないので、少しプレミアがついたのかしら!?

 

それでは、皆さま良い一日を!

Have a nice day!!

Love from London.

 

毎日の生活はこちらで発信しています。

■ Instagram ■

https://www.instagram.com/mamimoonismine

 

近藤麻美
FROM近藤麻美 1999年渡英。北ロンドンに英国人の夫、息子2人と住んでいます。地元のカフェにホームメイド・ケーキを卸したり、エッセイやコラムを書いたり、ジムで泳いだり、ピアノを弾いたり、恐ろしく多趣味です。今年1月からフランス語を習い始めました。ライフスタイルやカルチャー、料理やお菓子作り、そして旅行など、日々の生活、感じたことを紹介していきます。https://www.instagram.com/mamimoonismine
記事一覧を見る >
-Keywords

FEATURE

Oct
26
今日の40代おしゃれコーデ

朝晩の冷え込みが気になり始めたら、【トレンチコート】の出番かも[10/26 Mon.]

朝晩の冷え込みが気になり始めたら、【トレンチコート】の出番かも[10/26 Mon.]

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

ONE BY KOSÉ 「メラノショット ホワイト D」を10名様に、 「セラム ヴェール」を10名様にプレゼント

会員プレゼント

「QUOカードpay」¥5,000分を10名様にプレゼント

会員プレゼント

平成30年間の化粧・美容を一まとめ!「平成美容開花」を10名様にプレゼント

会員プレゼント

オシャレに防寒&ウイルス対策! 「抗ウイルス手袋」を12名様にプレゼント【会員限定プレゼント】

PICK UP