DigitalistTravel

[シンガポール発]ラッフルズホテルで過ごす夏休み

こんにちは。

シンガポール在住のGakkoです。

 

シンガポールのコロナ対策、サーキットブレイカー(ほぼロックダウンと同じ)後、只今フェーズ2という段階が長く続いているところです。

これには様々なな制約があり、違反すると罰金、悪質な場合は永住権やビザも取り上げられるとあって、混乱もなく、比較的皆さんルールを守って生活している印象のシンガポールです。

 

そんな中、いくつかのホテルでは、営業を再開し宿泊が可能になりました。

今年の夏は海外旅行はもちろん、帰国も諦めたので、せめて気分転換にステイケーションを楽しもうと、ラッフルズホテルに伺いました。

 

 

昨年リニューアルオープンしたばかりのラッフルズホテルは、1887年開業という世界でも珍しい19世紀に建てられたホテルで、全室スイートルームの一度は泊まってみたいと思っていた憧れのホテルの1つです。

 

 

ホテル内はどこも素敵で、ゆったり時間が進んでいくように感じました。

 

 

今回宿泊したお部屋も落ち着いた空間が広がっていました。

チェックイン後は夕方までプールでゆったり、過ごさせていただきました。

 

 

のんびりワインをいただきながら読書を楽しみ、暑くなったらプールに浸って、リラックスできました。

ディナーの前に、ホテル内の中庭にあるカフェ&バーで、ウェルカムドリンクのシンガポールスリングをいただきました。

 

ラッフルズホテルのバーテンダーによって生み出されたというシンガポールスリングを、その発祥のバー「LONG BAR」と同じお味、同じグラスで、楽しませてくださいました。

甘すぎずさっぱりとして飲みやすかったです。

 

 

すぐ後ろの木に、リスが出てきました。

シンガポールの中心地にあるにもかかわらず、野生動物が観られるのはシンガポールらしいところです。

 

 

ディナーはホテル内のステーキレストラン「BUTCHER’S BLOCK」でステーキディナーを楽しみました。

1泊2日のステイケーション。

2020年の夏休みは一生記憶に残る夏になりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

gakko
FROMgakko シンガポールは様々な文化を体験できる上に常夏です。シンガポールの魅力に魅せられた私が、シンガポール生活を中心にガイドブックに無いような情報をお届けします。
記事一覧を見る >

FEATURE

Sep
25
今日の40代おしゃれコーデ

【金ボタンの紺ブレ×チェックワンピース】忘れかけていた時代にこそトラッドは戻ってきます[9/25 Fri.]

【金ボタンの紺ブレ×チェックワンピース】忘れかけていた時代にこそトラッドは戻ってきます[9/25 Fri.]

PICK UP

PRESENT

L.L.Bean「トートバッグ」を計8名様にプレゼント!

L.L.Bean「トートバッグ」を計8名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。