Digitalist

【ロンドン発】ロンドン・デザイン・フェスティバル 2020 

こんにちは!ロンドン・デジタリスト・ブロガーの近藤麻美です。

イギリスでは今週月曜日から、コロナ・パンデミックの感染拡大に伴い、再び新規制が導入されました。一日の感染者数が若者を中心に連日3000人近くになってしまったので、少しでもここで感染を食い止めようとした次第です。新ルールは屋外・屋内を問わず、集会は最大6人まで。ただし、学校や職場、結婚式や葬儀、チームスポーツは除外されます(コロナ対策は十分にとったうえで)。

私も今週末に友人たちとの食事会を予定していたのですが、これが7人でしたので、泣く泣く今回はキャンセルすることにしました。

 

さて、お天気の良かった先日、キングス・クロスのコール・ドロップス・ヤードで現在開催されている「ロンドン・デザイン・フェスティバル 2020」へ行ってきました。

 

キングス・クロス駅といえば、映画『ハリーポッター』の9と3/4番線のホームが有名ですが、このエリアはその昔、売春宿が数多くあったところでもあり、あまり治安は良くなかったのです。そういえば、私も20年ほど前に、この近くで仕事帰りにバスを待っていたところ、「How much?(お姉さんいくら?)」と訊かれたこともありました(笑)。しかし、先ごろから開発が進み、現在は「コール・ドロップス・ヤード(Coal Drops Yard)」と称して、おしゃれなショップやレストランが立ち並ぶスタイリッシュなエリアに様変わりを遂げました。

ちなみに、「Coal」は石炭という意味。ここはその名の通り、ヴィクトリア時代は石炭置き場だったのですね。オリジナルの建材がそのまま、階段のステップ部分に使われています。

 

 

 

 

コール・ドロップス・ヤードに入って、最初にお出迎えしてくれるのが、アルゼンチン系イギリス人のアーティスト、Amalia Picaの「Semaphores」。Semaphores:セマフォとは、「視覚による通信・信号」で、反対側のルーフトップにある(写真右)まで、コード信号を送ることができるのです。

 

 

イギリス人デザイナー、トム・ディクソンのオフィスへ。

 

照明・家具のデザイナーである、トム・ディクソンは、ここに隣接するレストラン「Coal Office」のインテリア監修もしています。言わずもがな「Coal Office」は食事も本当に素晴らしく、目で見て楽しみ、味わって楽しめる、という至福の時間を与えてくれる素敵なレストランです。

 

 

ショップも兼ねたギャラリーには、ため息の出るほど美しい家具や照明がずらり。

 

 

 

 

正直手の出る金額ではありませんが、見ているだけでも楽しい。インテリアのインスピレーションを感じます。

 

 あれれ、靴?と思ったら、ドアストッパーでした。

 シルバーの食器もコンテンポラリーな装い。

公式パンフレットとトム・ディクソン。

 

外に出ると「木」が倒れていました。もちろんこれもアートです。今回のアート・フェスティバルのランドマークとして、目を引く作品ですが、毎日しっかり水やりをしているので、ご心配なく、とのこと。フェスティバル終了後はトッテナムの自閉症の子供たちが通う学校に植えられるそうです。

 

 

なにやら奇妙な物体が。羊?山羊?のようなオブジェですが、フランス人デザイナー、Marlene Huissoud の作品です。足ふみポンプ(写真右)が周りに置かれており、皆で一斉に空気を入れると、まるで生きているように動きます。それは、強さと希望のシンボルであり、皆で力を合わせて立ち上がろう、道具とパワーでもってシステムを変えていこう、というメッセージが込められています。

 

コール・ドロップス・ヤード内には買い物ができるショップやレストラン、カフェもたくさんあります。

ブラジャー専門店のメッセージが秀逸。「大変な時期というのは長くは続かない。でも、質の良いブラは永久的」。

 

こちらの「hato store(https://www.instagram.com/hatopress/)」には、メイド・イン・ジャパンの商品も。フェスティバル期間中にはワークショップも開催しているとのこと。

 

 

お天気が良かったのでカナル沿いのこの人工芝では、ピクニックを楽しむ人も。

 

 

long boys (https://www.longboys.co.uk/) でコーヒー。これ、なんだと思います?ドーナツなのです。ソーセージ・ロールのように、真ん中を切って、カスタードやプラリネ・クリームなどを挟むアイデア、すごい。フィンガー・ドーナッツと言うそうです。私は、レモンカスタードとラズベリー、ローズペタルのフィンガー・ドーナツを食べてみました。甘すぎず、おいしい。

 

 

ベンチに目玉焼きが。近づいてみると「あなた、私の上に座らないわよね」と書いてあります。ソーシャル・ディスタンスを保つための可愛いアイデア。

 

 

ロンドン・デザイン・フェスティバルは9月12~20日までですが、https://www.instagram.com/l_d_f_official/ で作品を見ることができます。

また、キングス・クロス、コール・ドロップス・ヤードのショップ・レストラン情報は、こちら(https://www.kingscross.co.uk/)で。

 

 

それでは、皆さま良い一日を!

Have a nice day!!

Love from London.

 

毎日の生活はこちらで発信しています。

■ Instagram ■

https://www.instagram.com/mamimoonismine

近藤麻美
FROM近藤麻美 1999年渡英。北ロンドンに英国人の夫、息子2人と住んでいます。地元のカフェにホームメイド・ケーキを卸したり、エッセイやコラムを書いたり、ジムで泳いだり、ピアノを弾いたり、恐ろしく多趣味です。今年1月からフランス語を習い始めました。ライフスタイルやカルチャー、料理やお菓子作り、そして旅行など、日々の生活、感じたことを紹介していきます。https://www.instagram.com/mamimoonismine
記事一覧を見る >

FEATURE

Oct
21
今日の40代おしゃれコーデ

注目素材サテンのツヤスカートはあえてのカジュアル合わせが正解[10/21 Wed.]

注目素材サテンのツヤスカートはあえてのカジュアル合わせが正解[10/21 Wed.]

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

Ezick(エジック)のジャケット、セットアップ、ブラウスを計9名様にプレゼント

雑誌購入限定プレゼント

ONE BY KOSÉ 「メラノショット ホワイト D」を10名様に、 「セラム ヴェール」を10名様にプレゼント

会員プレゼント

「QUOカードpay」¥5,000分を10名様にプレゼント

会員プレゼント

平成30年間の化粧・美容を一まとめ!「平成美容開花」を10名様にプレゼント

PICK UP