DigitalistLifestyle

うし柄のべこ餅で、2021年丑年をお祝いしましょう!

こんにちは KAORUです。

今日は、2021年のお雑煮にぴったりな、牛柄の“べこ餅”をご紹介します。

べこ餅とは、北海道や東北の郷土料理で、もともとは、お餅を作る行程で、牛の背中のようにまとめていくことから、

べこ餅を呼ばれるようになったそうです。

切ると金太郎飴のように、絵柄が出てきます。

現在は、いろいろな色を使って、さまざまな模様を表現するようになりました。

2021年は丑年

牛のことを“べこ”とも呼びますので、まさに“べこ餅”をいう、牛模様のべこ餅を作り方をご紹介いたしまね。

 

★うし柄のべこ餅★

材料 10~15枚分

だんご粉・・・・・100g

熱湯・・・・・・・60ml

砂糖・・・・・・・20g

竹炭パウダー・・・耳かき1杯分

 

①ボウルにだんご粉と砂糖を入れ、スケッパーなどを使って、しっかりと混ぜあわせます。

②熱湯を加え、スケッパーである程度まとまるまで混ぜます。

③台に出して、手のひらで押し出すような感じで伸ばします。

④生地の表面がなめらかになったら、もち生地の完成です。

⑤もち生地を2等分にして、1つに竹炭パウダーをいれて混ぜ合わせ、黒色の生地を作ります。

⑥黒い生地を3等分 白い生地を3等分にします。

⑦それぞれ、8cmの長さの円柱にします。

⑧黒い生地が重ならないようにまとめていきます。

⑨ラップにくるみ、ラップの端を結び、形を丸く整えます。

⑩ラップをとり、5mm~1cm幅に切ります。

⑪茹でたり、蒸したりして食べます。
詳しい作り方はYouTubeにもUPしているので、良かったらチェックしてみてくださいね。

あまったべこ餅は冷凍保存できますよ。

その際は、薄くスライスしたものを、重ならないようにラップなどでくるんで、冷凍保存してくださいね。

お雑煮にいれてもいいですし、ほんのり甘いので、そのまま茹でたり、蒸したりして食べてもおいしいですよ!

作ったり、切って絵柄が出る瞬間が本当にテンションあがりますので、年末年始、ステイホーム期間中にでも

ぜひ作ってみてください。

2020年は、コロナウイルスの猛威で、だれもが想像もしないような、被害や、不自由を経験しました。

私も、本当に大変は1年を過ごしました。

ただ、日々、笑顔を絶やすことなく生活できています。

今は、そのことだけでも感謝に値すると感じております。

これが今年、最後の投稿となりますが、来年は、もっともっとおいしい情報をお伝えできればと思っています。

記事を読んでくださったみなさま、ありがとうございます。

新しい年がみなさまにとりまして、心あたたかく穏やかな1年となりますよう

マスクをしなくても、安心して生活できる世界に戻ることを願っております。

 

中澤 芳
FROM中澤 芳 ビューティーレシピアドバイザーとして、食べて体の中からキレイになれるレシピや、見た目がビューティーなレシピを提案しています。2歳になったばかりの息子のために、顔ヨガインストラクターの資格も取得して、きれいなママでありたいと、日々、奮闘しています。
記事一覧を見る >

FEATURE

Jan
27
今日の40代おしゃれコーデ

見慣れたオシャレも【ベルベッド素材のスニーカー】で一新[1/27 Wed.]

見慣れたオシャレも【ベルベッド素材のスニーカー】で一新[1/27 Wed.]

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

SUQQUシグニチャー カラー アイズとニュアンス アイライナーのセットを計30名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

会員プレゼント

星野リゾート宿泊ギフト券¥50,000を1名様にプレゼント【会員限定プレゼント】

会員プレゼント

マスクも生活シーンで選ぼう! 「ワコールのマスク3種セット」を3名様にプレゼント【会員限定プレゼント】

会員プレゼント

世界初のプロジェクター付きシーリングライト【popIn Aladdin2】を1名様にプレゼント!【会員限定プレゼント】

PICK UP