DigitalistTravel

【兵庫県】”うまいもん”を求めて淡路島へ(洋食編)

美食の宝庫・淡路島へ

神戸在住のデジタリスト@順芳(じゅんほー)です。
2022年も明けました。今年はどんな一年になるのでしょうか??

さて、読者の皆様は年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか??

私は特に何も予定していなかったのですが、年末に80歳近くになる父が、
「うまいもん喰いたい」というので、
「うまいもんって何よ。洋風?和風?魚?お肉?」
と、聞いたら、
「両方。ぜ~んぶ」と答えたので、
なら、兵庫県の美食の宝庫である淡路島に行くしかないな、と思いました。

車があれば、神戸の実家から明石大橋を渡って、淡路までいくのはさほど遠くはないのですが、
高齢者の父に運転はさせたくないし、私はペーパードライバー。高速バスで、明石大橋を渡り、
お昼は洋食、夜は和食に行こうと企画。

下調べの段階で「車がなくてもなんとかいける!」と思いました。
お天気にも恵まれ、いいスタートを切りました。

【淡路・西海岸】のじまスコーラ

ついたところは、淡路西海岸にある「のじまスコーラ」という場所。
もとは、淡路市立野島小学校の校舎を利用した施設なのです。

お昼は、こちらの2階にある、イタリアンレストランリストランテスコーラ
にて、ランチメニューを予約しておきました。

オレンジ色ベースのインテリア♡ テンションがあがります。

久しぶりのイタリアンのコースメニュー。
淡路島の地産地消の食材をふんだんに使ったお料理だと聞いて、
とても楽しみになってきました。

淡路島で採れた30種類の野菜を使ったサラダ。
オリーブオイルも瀬戸内海近隣で作られたものだそうです。

父が選んだ、瀬戸内レモンと雲丹のパスタ
「雲丹が甘い~。レモンの香りと非常にあって絶妙~」
と、感激しておりました。

そしてメインは、淡路ビーフのビステッカ

ビステッカというのは、イタリアのフィレンツエ発祥の肉厚ステーキのことで、
英語のbeef steakがフィレンツエ風に訛って”ビステッカ”と言われるようになった
そうです。

淡路島で生まれ育った牛のことを「淡路牛」というのですが、対して、「淡路
ビーフ」とは、淡路島生まれの但馬牛で、厳しい認定基準をクリアした牛肉
だけに与えられるブランド名
だとか。

淡路のきれいな自然と瀬戸内海の優しい海の風が凝縮されたような、
柔らかくて、深い味わいでした。

シェフの岡野満さん

「お料理はいかがでしたか??」

と、シェフの岡野満さん。
笑顔が素敵なさわやかな方でした。

前菜からはじまり、どれもおいしかったけど、
淡路ビーフ、はじめて頂きましたが、感動しました!!

父も喜んでおりました。
ありがとうございました。

Check this out
Lifestyleスペシャル リストランテ・スコーラ 兵庫県淡路市野島蟇浦(ひきのうら)843
のじまスコーラ 2階
TEL : 0799-82-1820
定休日 : 水曜日

のじまスコーラ☆番外編

のじま動物園

のじまスコーラの運動場跡地には、動物園があります。
ヤギさんや、ブタさん、うさぎさんにアルパカさんと、
ふわもこの動物たちとふれあうことができますよ。

芝生平場にドッグランオープン予定 (1月20日)

ワンちゃんをお連れしている方も多かったのですが、
1月20日(木)、芝生広場に「ドッグラン」がオープンするそうです、

隣接している一階のカフェスコーラでは、ワンちゃんと一緒に
お食事ができますよ。

FEATURE

May
18
今日の40代おしゃれコーデ

【ホワイトデニム】一本で、オール白コーデの悩みを全部解決![5/18 Wed.]

【ホワイトデニム】一本で、オール白コーデの悩みを全部解決![5/18 Wed.]

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

差のつくオシャレが手に入る春夏のアプデアイテムを計6名様にプレゼント!

会員プレゼント

【ホテルインディゴ軽井沢】の朝食付き宿泊券(1泊2名・1室)を1名様にプレゼント

会員プレゼント

「OMO5 京都祇園 by 星野リゾート」の 宿泊券を1組4名様にプレゼント

PICK UP