Digitalist

【ロンドン発】アンダルシア旅行記(5)~アルカサルとセビリア・フード

アンダルシア旅行記最終回は、アルカサルとセビリア・フードです。

スペイン王室の宮殿「アルカサル」です。広大な敷地に佇む宮殿の内部は、西洋とイスラムが融合したスペイン独特のデザイン。1987年にユネスコの世界遺産に登録されました。

 

1350年に即位したペドロ1世はイスラム様式に陶酔していたそうで、1362年から2年をかけてアルハンブラ宮殿を模して大改築を行いました。

 

ペドロ1世の宮殿と乙女の中庭。宮殿は「ムデハル様式」というスペイン独特の建築様式が採用されています。

宮殿内には展示物も多く、美しいタイルや幾何学模様の繊細なデザインにうっとりします。

 

 

 

しかし、宮殿を出た後、これで終わりかな?と思ったら、その裏側に広大な庭園が。とにかく広く、大きいので、そのスケールに驚きます。

   



セビリア・フードです。

   

ジャグでサングリアを。

左:ひよこ豆とほうれん草のシチュー。塩辛いけど美味しいのです。

右:マグロの燻製

 

左:茄子の天ぷら、ハチミツとバルサミコ酢。

右:牛肉のトマトソース煮

 チキンのマスタード・ソース煮(手前)の美味しかったこと!

デパート内のフラメンコ衣装売り場。衣装のほかにも髪飾りや靴まで。カラフルで鮮やか!

これまでスペインは、バルセロナ、ヴァレンシア、バスク地方、そして、マヨルカやカナリー諸島などの島なども訪れましたが、南スペインでは、どの地域とも違う雰囲気を楽しめました。夏は暑すぎるので避けた方が良いと言われていますが、今回はコルドバに行けなかったので、またすぐにでも再訪したいと思ってます。

これにて5泊6日の南スペイン旅行記は終了です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
それでは、皆さま良い一日を!
Have a nice day!!
Love from London. 

FEATURE

May
28
今日の40代おしゃれコーデ

【背中出し】のウォーミングアップは、浅開きのワンピから![5/28 Sat.]

【背中出し】のウォーミングアップは、浅開きのワンピから![5/28 Sat.]

会員限定PRESENT

会員プレゼント

【ホテルインディゴ軽井沢】の朝食付き宿泊券(1泊2名・1室)を1名様にプレゼント

会員プレゼント

「OMO5 京都祇園 by 星野リゾート」の 宿泊券を1組4名様にプレゼント

PICK UP