DigitalistLifestyle

「FUJI TEXTILE WEEK 2022」開催中!── テキスタイルの祭典に、口ずさむのはフジファブリック♡

1000年以上続く織物の産地・山梨県富士吉田市では、テキスタイルをテーマにしたアート展「織りと気配」と産地展「WARP & WEFT」をいっぺんに楽しめる「FUJI TEXTILE WEEK 2022」が開催中です。

  • 「WARP&WEFT」展示風景
  • 「WARP&WEFT」展示風景
  • “見せる裏地”として明治~昭和初期に日本中に知れ渡った「甲斐絹」
  • 「WARP&WEFT」展示風景
  • テキスタイルの新たな可能性を提案する「フリンジプログラム」
  • 屋上にはためくシグリッド・カロンの作品。雲の切れ間から富士山!
  • メインエリアの本町通りにオープンした「FabCafe Fuji」

産地展「WARP & WEFT」の会場は、この秋オープンしたばかりの FabCafe Fuji が入っているオシャレなリノベーションビル。
こちらでは織物のルーツである郡内特産の絹織物「甲斐絹(かいき)」の紹介にはじまり、時代の変化とともに織物産業がどのような変遷をたどり現在に至るのかが紹介されています。
傘、ストール、ネクタイ、キッチンクロス、座布団、御朱印帳……などなど上質なプロダクトにうっとり♡ 一部の製品は週末開館日のみ会場で購入できます!

  • パトリック・キャロル《Memoriam/追悼》@旧ニコル喫茶店
  • パトリック・キャロル《Memoriam/追悼》@旧ニコル喫茶店
  • パトリック・キャロル《Memoriam/追悼》@旧ニコル喫茶店
  • 旧ニコル喫茶店 入口
  • 安東陽子《Aether 2022》@KURA HOUSE
  • 安東陽子《Aether 2022》@KURA HOUSE
  • 安東陽子《Aether 2022》@KURA HOUSE

アート展「織りと気配」では、国内外の9人のアーティストが富士吉田市下吉田地域の空き家、お寺、神社、ギャラリーなどを舞台に作品を展示中。すべて徒歩圏内なので効率よくまわれます。

約40年前には人気カフェとして賑わっていたという旧ニコル喫茶店に展示されているのは、1970年代の家庭用手編み機を使って衣服に言葉や文章を編み込んだ、ロサンゼルスを拠点に活動するパトリック・キャロルの作品。編まれた言葉は当時の面影が残る店内に共鳴し、どこかノスタルジックな気分が漂って。

築80年の3階建ての蔵・KURA HOUSEを会場に選んだのは、テキスタイルデザイナーの安東陽子。窓からうっすらと射し込む自然光のなか、艶やかなキュプラのタテ糸がフロアを突き抜ける滝のようにきらめき、天井と床部分に織り込まれたヨコ糸のアルパカがゆるやかに空間をつなげます。

  • 旧文化服装学院
  • 高須賀活良《NEGENTROPY(ネゲントロピー)》@旧文化服装学院
  • 高須賀活良《土から始まるキャンバス》《土に還るキャンバス》@旧文化服装学院
  • エレン·ロット《ON GOING》@旧文化服装学院
  • エレン·ロット《ON GOING》@旧文化服装学院
  • 村山悟郎《自己組織化する絵画<過剰に>》@旧文化服装学院

3人の作家の作品が展示されている、旧文化服装学院。
「土」から始まり「土」に還る、テキスタイルの誕生から死までをひとつの物語として描いた高須賀活良。ものがあふれる現代にそれらをもとの姿に還すという取り組みは意味深であるとともに、ものづくりの新たな表現として見ることもできます。

フランス人アーティストのエレン・ロットの作品が並ぶ部屋は、彼女が富士吉田滞在中に感じた“町の記憶”を追体験するような空間。町なかで撮影した写真のコラージュ、昭和の商店街を思わせる日除けテントを使ったインスタレーションなど、日常と非日常が静かに交錯する世界です。

貝殻の模様のような自己組織的なプロセスやパターンを絵画やドローイングを通して表現する、村山悟郎。竹串で編んだ麻ひもをキャンバスに見立て、その上にドローイングを展開した巨大な作品は、全体像も細部も見ごたえたっぷり!じっくり魅入ってしまいました。

  • 村山悟郎《頑健な情報帯》@旧糸屋
  • 村山悟郎《頑健な情報帯》 @旧糸屋
  • 旧糸屋
  • YUIMA NAKAZATO《Behind the Design》@FUJIHIMURO
  • YUIMA NAKAZATO《Behind the Design》@FUJIHIMURO
  • FUJIHIMURO

旧糸屋には、もうひとつの村山悟郎作品が。コンピューターの起源とされるジャガード織機。機織りに使われる“紋紙”という穴の開いた厚紙は、プログラミングの原型といえるもの。こちらに展示された一枚の布が情報として持っている量は、紋紙にすると25万枚分(!)にもなるそうで、そのデータの一部が窓枠に貼られています。

パリ・オートクチュールの公式ゲストデザイナーとしてコレクションを発表し続ける注目デザイナー、YUIMA NAKAZATO。旧富士製氷の氷室をリノベーションしたギャラリー FUJIHIMUROに並ぶのは、2023年1月のコレクションのために準備された4分の1スケールのスタディモデルです。静謐な空間と独自の世界観が見事にマッチ。

  • 小林万里子《足を汚し、世界を開く》@月江寺池
  • 落合陽一《The Silk in Motion》@小室浅間神社
  • 小室浅間神社の白い神馬
  • シグリッド・カロン《Details of Every Day Gold》@福源寺
  • シグリッド・カロン《Details of Every Day Gold》@福源寺
  • シグリッド・カロン《Details of Every Day Gold》@福源寺

実際の場所からインスピレーションを得て制作をする小林万里子は、紅葉も美しい月江寺池を展示空間に。この地と関わりの深い動物といえば「馬」、毎年9月に行われる流鏑馬祭りは富士吉田市の無形民俗文化財に指定されています。織りや刺繍などテキスタイルの技巧を駆使して描かれた馬の胎内、そこには「馬返し(登山道で道が険しくなり乗ってきた馬を返す地点)」から想起した「この先は自分で歩かなければならない、自分の足を汚してしか行けない場所がある」というメッセージも込められているそう。

“下浅間”の愛称で地元から親しまれる小室浅間神社の神楽殿に設置した大型LEDに映るのは、織機とコンピューターとの共通原理に関心を持ったというメディアアーティスト・落合陽一の作品。富士吉田の「甲斐絹」と浅間神社の祭神「木花咲耶姫伝説」のデータからAIが生成した映像では、LEDディスプレイに発生したモアレがまるで甲斐絹の光沢のように美しく揺らぎ、神秘的な神楽殿と意外なほど調和していてビックリ!

福源寺の本堂と山門で大胆なインスタレーションを展開するのは、オランダの繊維の都として知られるティルブルグ在住のアーティスト、シグリッド・カロン。彼女が富士吉田で見出した美とインスピレーションをもとに、祝祭感あるテキスタイルが荘厳な寺院を彩ります。遊び心たっぷりながらも心落ち着く空間に、長居したくなること間違いなしです。

  • 富士吉田の観光スポット・新倉山浅間公園(忠霊塔) 写真提供:やまなし観光推進機構
  • 下吉田駅ホーム
  • 富士吉田といえばもちろん!フジファブリック・志村正彦!
  • メインエリアの本町通り

富士吉田は近年、世界中から観光客が訪れ、多くのクリエイターが移住する町としても注目を集めています。海外から火がついた日本の絶景スポット・新倉山浅間公園も下吉田駅から歩いてすぐ。下吉田のレトロな町並みや西裏エリアの飲み屋街・新世界乾杯通りをブラブラするのも楽しいし、富士吉田名物・吉田のうどんも食べないわけにはいきません。(私は柔らかうどんでお馴染みの福岡出身ですが、コシ最強の吉田のうどんのほうが好きです♡)
そしてあっちでもこっちでも、顔を上げればドーンと富士山!振り返ってもドドーンと富士山!

もちろん、大好きなロックバンド・フジファブリックの前フロントマンである志村正彦氏(享年29)の故郷であることも最重要事項です(私にとって)。今や夏の終わりの定番曲となった「若者のすべて」は、下吉田駅の河口湖方面行き列車接近音にもなっています(ちなみに大月方面行きは、これまた超名曲「茜色の夕日」)。

何度行っても、行けば行くほど好きになる町、富士吉田。都心から高速バスや特急電車を利用すれば1時間半くらい、日帰りでもじゅうぶん楽しめちゃいます。
富士山の絶景 × 昭和レトロな町並み × テキスタイル × 現代アート、さまざまなWARP=タテ糸とWEFT=ヨコ糸が織りなす「FUJI TEXTILE WEEK 2022」の世界。ショートトリップにぜひ♡

FUJI TEXTILE WEEK 2022
会期:2022年11月23日(水) – 12月11日(日) 期間中の水曜~日曜日  ※月曜、火曜は休み
時間:10:00 – 16:00
会場:山梨県富士吉田市下吉田本町通り周辺地域
観覧料:一般 1000円 (富士吉田市民・高校生以下は入場無料 )  ※産地展「WARP & WEFT」は入場無料
チケット販売:現地総合案内所(当日券)、および、公式サイトにて販売
詳細は公式サイトをご覧ください。

FEATURE

Feb
8
今日の40代おしゃれコーデ

【顔タイプ診断】で似合うスタイル発見!髪型も思い切ってイメチェン

【顔タイプ診断】で似合うスタイル発見!髪型も思い切ってイメチェン

会員限定PRESENT

会員プレゼント

【The Tsubaki Tower】の宿泊券(カメリアルーム・朝食付き1泊2名・約¥100,000相当)をプレゼントします!

会員プレゼント

春を先取りできる華やかアイテムを計8名様にプレゼント!

会員プレゼント

「ファッションアンケート」に答えてくれた方の中から抽選で1名様にトリートメント浸透促進器と専用トリートメントをプレゼント!

会員プレゼント

【ロレアルのヘアケアセット】シャンプー、マスク、オイルを2名様にプレゼント!

PICK UP