DigitalistLifestyle

リレー②京都酒蔵館から

寒いですね~。

京都の岡本エリです。

寒さ暑さって、物理学的には、分子が飛び回っている速度で感じるんですって~。分子が激しく飛び回っていると暖かい、静かになるほど寒いそうです。勝手なイメージですが、寒い方が分子に激しく刺されている気がするんですが、逆なんですね。

最近「へー」と思ったことなので、披露してみました♪

 

寒さ自慢でブログリレーが出来そうですが、今回はおススメの日本酒!

 

京都には、伏見を中心にたくさんの酒造メーカーがあります。

さあ、どこの日本酒を紹介するか…。

悩んだあげくたどり着いたのが、京都府全域の日本酒が食事と共に楽しめるという『京都酒蔵館』さん。

昨年6月オープンのお店です。

常時60種類ほどの京都生まれの日本酒を置いておられます。

正午開店で、日本酒とランチを求めてぞくぞくとお客さんが入って来られました。

15mのロングカウンターと広めのBOX席で、ゆっくりと京都のお酒を頂くことができます。

こちらのお店のおススメは、「十五蔵の利き酒セット」。

ここの椅子に座っているだけで、酒造メーカーをまわらなくても美味しい京都の日本酒が出てくるんです!

京都北部・中部で十五蔵、南部で十五蔵、それぞれ1,800円ととってもお得。

「そんなに飲んだら、酔っぱらうんじゃないの~?」と思いますよね。

ご心配には及びません!

十五蔵を全部飲んでも2合だそうです。

私には厳しい量ですが、強い方だと「そんなもんなんですね~」と軽い感じ?

酒豪を誘って一緒に行きましたが、私は戦力にならず。

 

そこで、量ではなくて、京都のSTORY世代の女性が、「これは絶対間違いない!」と大人気の地元の逸品をご紹介します。

京都の“ちょっと特別な日”の家飲みに愛飲されるお酒、伏見・齊藤酒造さんの英勲・純米大吟醸「一吟」。

すっきりと涼やかな喉ごしで、鼻に抜けるフルーティーな香り。お家で開けると、その甘い香りに誘われて、お子さんがわらわらと近寄ってきたというお話も聞いたことがあります。

お味は、お米の甘味を厳選して抽出したような何ともいえない風味が、口の中でまろやかに混ざり合って、とっても美味しい。甘すぎず、辛すぎず、たくさん飲めない私でも勘違いして飲み進めてしまいそうでした。

1杯2,000円。

京都酒蔵館さんは、一般の方では手に入りにくいお酒をメインに置いておられるので、このお酒が常備されていないこともあるそうです。これを目当てに行かれる場合は、念のためご確認を。

 

日本酒もさることながら、お料理も美味しい♡

主婦感覚でお料理を見ると、

ポテトサラダに酒盗の組み合わせがツボでした。

 

京都の美味しいお酒とお料理、両方を楽しむことが出来る『京都酒蔵館』さん。

場所も四条烏丸からすぐ。

12時から23時まで営業。

日本酒好き、京都好きにはたまらないお店です。

 

 

京都酒蔵館

京都市下京区仏光寺通室町東入ル釘隠町236

寅ビル1階

TEL 075-354-5353

https://kyotosakagurakan.amebaownd.com/

 

 

****************************************

金沢の坂爪奈津子さんのブログはこちら↓

リレー①ピンク色の日本酒~輪島 石川県

 

 

岡本エリ
FROM岡本エリ 小学生の娘2人と夫の4人暮らし。子育てと仕事のバランスが心地よい毎日。部屋を飾るのが好き。食器を見て歩くのが好き。布をまとっているような服が好き。奥深さと斬新さ、美しさが共存する京都が大好き。京都の魅力をたくさん見つけていきたいと思います。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Feb
26
今日の40代おしゃれコーデ

2/26 Mon.キャメルベージュでまとめてIライン協調の【細見えコーデ】に

RANKING

PICK UP

PRESENT

トラディショナル ウェザーウェアの「ボーダーカットソー」を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。