DigitalistLifestyle

2018・アラフォー妊婦のお花見は…

お花見、満喫しましたか?

この時期、桜を愛でるという大義名分のもと、シレっと桜の下で味わうビールを調達するのが毎年の楽しみだった袰川です。

 

兵庫・宝塚大劇場前「花のみち」

 

今年は例年以上に何か所も見ることができ、桜好きとしては大満足の春でした。

 

といっても、有名なお花見スポットで人をたくさん集めて大宴会…ということはほぼしません。

 

毎年の定番は、夫と二人、軽いランチ(とビール)を持参してお昼がてら近所の公園に行く、というそれはかわいいもの。

 

花粉症の夫と…ご、ごめんね、それなのに付き合わせて。。

 

大阪・造幣局「桜の通り抜け」

 

しかし、今年はアルコールはお預け…実は、現在妊娠中。

 

39歳にして初妊娠。

何もかもが未知すぎて、この年で何かと母親に叱られる始末。笑 …えないか。あは。

 

現在7か月。

しんどかったつわり期を終え、食欲と体の丸みがムクムクと増加中。こっちは本当に笑えない。。あは…は。。

 

夜桜~大阪城

 

こ、この辛いつわりが治まったら、マタニティライフを楽しむんだ…

マタニティヨガとか、そうそう他にもいろいろ習い事もしよう…

そうだ、胎教とかやってみたり…

あぁ、なんて楽しいマタニティライ…フ…うっぷ……

 

そんな空想とともに乗り越えたつわり期。

 

いざ体調が良くなったら…あれだけ全力で妄想していた“素敵なマタニティライフ計画”、ほぼ何も実行していないという。あははは。。

 

根っからのモノグサは、プレママになったからといって即なおるわけではありませんねぇ。。

 

というわけで…今はこうして夫婦二人の時間を楽しんだり、友人に会ったりして残り少なくなった出産までの時間を、自分なりに楽しんでいます。

 

例えば最近は、静岡のテレビ局でアナウンサーをしてた頃の同僚や友人に会えました。

 

静岡のテレビ局で同僚だった友人と

 

なかなか会えない友人に会えた時の嬉しさと言ったら…

なんでしょうね、あのじわっと染みるような代え難い喜びは。。

 

といっても友人も夫も、育児や仕事で私よりも確実に忙しい。

毎日のように構ってもらうわけにもいきません。

 

だったらつわり中に妄想していた諸々、実行すればいいんですけどねぇ~。

 

モノグサゆえ、なかなか重い腰が上がらない…

誰か誘ってください。。

 

静岡時代、別の局ながら仲良くなったアナウンサー仲間と

 

そんなこんなで過ぎていった、今年のお花見シーズン。

 

つわり無き今、ビール抜きのお花見がこんなにもひもじいということを初めて知ったシーズンでもありました…

これも経験。。

 

楽しそうにビールを飲む集団を見る目が若干鋭かったかもしれませんが、悪気はありません。

許して。。

 

袰川有希
FROM袰川有希 (いやがわゆき)アナウンサー、キャスターを続けながらライター業にも従事。大好きな「書くこと」を仕事にできた喜びをかみしめつつ、長年の夢である小説家を目指し、コツコツと小説の執筆にも励む日々。美味美酒と旅が好き。いつか夫とウィスキーの聖地アイラ島に行くのが、もう一つの夢。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Sep
23
今日の40代おしゃれコーデ

9/23 Sun. 【鮮やかオレンジニットとビッグファーバッグ】で今日はどこに行こうかな♪

PICK UP

PRESENT

エレンディークの【ニット】を 計9名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。