DigitalistLifestyle

燈ろう流し 金沢の美しい夜

 

ゆるり、ゆるりと。

幻想的な夕刻の空に

吸い込まれるように流れてゆく、

赤い光。

 

普段の金沢とは違う、

格別の美しさ。

1年に1度だけ、出会える景色です。

 

こんにちは。金沢の坂爪奈津子です。

 

この美しい世界へ誘ってくれた、

「加賀友禅燈ろう流し」を

今回はご紹介しますね。

 

初夏の6月。

夕暮れの光が残る7時頃。

「おんな川」と言われる

女性らしさを思わせる

ゆるやかな流れの浅野川に

明かりがともり始めます。

地元の人達や観光客で埋め尽くされた

河川敷。

その誰もが、

赤く浮かび上がる燈ろうの群れを

見つめます。

 

川面を柔らかく照らす燈ろうは

徐々に数を増やし、

夜の浅野川を鮮やかに染め上げます

 

加賀友禅の制作に欠かせない

水・川への感謝をこめて。

また、先人の遺徳を偲び、

今後の加賀友禅の繁栄を願って。

「加賀友禅燈ろう流し」には

そんな思いが込められているそうです。

心地いい初夏の風も感じられる中、

1200基もの燈ろうが

ゆっくりと、穏やかに

流れていきます。

 

艶やかな金沢の美を堪能できる

「加賀友禅燈ろう流し」。

おんな川の浅野川が

まさに加賀友禅をまとったかのように。

心に響く美しさを見せてくれました。

 

1年に1度だけの特別な夜は

本当に。本当に。素敵です。

 

この心からの感動を

たくさんの方に味わってほしいなと

思わずにはいられない夜になりました。

 

来年もまた

この光景に出会えることを楽しみに・・。

 

きまっしーね、金沢。

おいでまっしー、金沢。

 

★「加賀友禅燈ろう流し」詳細は

「加賀友禅」のHPからご覧いただけます。

http://www.kagayuzen.or.jp/

今年は6月1日の開催でした。

開催日はその年によって違いますが

例年通りなら6月の前半での開催です。

 

★金沢や石川県の素敵なところを

ご紹介しています。

よかったらご覧くださいね。

https://storyweb.jp/digitalist/author/sakazumenatsuko/

 

坂爪奈津子
FROM坂爪奈津子 地元局の元アナウンサーで、金沢生まれ金沢育ちの44歳。主人と子供2人の4人家族で、流行も、金沢らしい伝統美も大好きです。 根っから金沢人の、地元ならでは!の情報を楽しくお伝えしますね。 「きまっしーね、金沢♪」
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Aug
20
今日の40代おしゃれコーデ

8/20 Mon.旦那さんとの仕事帰りデートなら、ほんのり色っぽい【ドットブラウス】

PICK UP

PRESENT

クロージング イセタンミツコシの【ブラウス】を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。