DigitalistLifestyle

マンゴーが美味しい季節

こんにちは。

ジャカルタ在住の沢亜希子です。

 

赤道直下に位置するインドネシアは、1年中ほぼ気温が変わらず蒸し暑い天気ですが、季節は乾季と雨季の2つに分かれています。

 

乾季は大体5月~10月、雨季が11月~4月となっていて、今まさに乾季真っ只中です。

 

乾季と雨季で採れる果物も違っていて、雨季の方がフルーツの種類が豊富で美味しいと言われているのですが、ここ最近、大好きなマンゴーをまた見かける様になりました!

 

日本では、皮がオレンジや黄色いマンゴーが主流ですが、インドネシアでは、この緑色のマンゴーが多く出回っています。

これは「ハルムマニス」と言う種類のマンゴーで、インドネシアでは甘くて美味しいと評判なんです。

 

ちなみに、ハルム(Harum)は「匂いがいい」、マニス(Manis)は「甘い」という意味。

 

平べったくて大きい種が真ん中にあるので、3枚下ろしの様に3等分にしたら、外側の部分を縦横に切り込みを入れて、皮を裏返す様に押し上げて果肉を出して頂きます。

今はまだ出始めで少しお高めですが、久しぶりの生マンゴーは濃厚で美味しい~(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

また、マンゴーは美容と健康に効果的な栄養素も多く含まれています。

 

βカロチンが多く、抗酸化作用があるので、肌老化やガンの予防、また特有の甘い香りでリラックス効果もバツグン。

 

日本でも最近はマンゴーをスーパーでも見かける様になりましたよね!

 

皆さんも朝食やおやつに美容効果の高いマンゴー、是非いかがですか?

沢 亜希子
FROM沢 亜希子 夫の赴任に伴い2017年2月よりジャカルタ在住。こちらに来る前はSTORYライターとしてヘアやビューティページを担当。現在12&10歳の娘はインターに通い始め、私は週2回インドネシア語の勉強、そして大好きな音楽も続けています。日々のジャカルタ生活や美味しいもの、新しい発見をご紹介します。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Aug
22
今日の40代おしゃれコーデ

8/22 Wed. 大人っぽい甘さを出したい日は【ビターなリボン付きフレアスカート】

PICK UP

PRESENT

クロージング イセタンミツコシの【ブラウス】を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。