DigitalistLifestyle

大きなお買い物。

こんにちは、仙台/高橋です(^ω^)

 

先日ちょっと思い切った買い物をしました。

お買い上げしたのはこちら↓

リンゴの木、丸ごと1本買っちゃいました♪

 

1年ぶりの福島県。

去年の秋、大内宿からの帰り道、

フラッと立ち寄った「りんご園」。

リンゴは青森と思っていたけど、

福島のリンゴもすごく美味しい!!

感激していたら、リンゴの木のオーナー制度を紹介してもらいました。

権利はワンシーズン。

Myツリーのリンゴは自分で収穫することができます。

とても楽しそうなこの制度。

今年初めて参加することに。

 

選定日当日、開園時間ギリギリに到着。

既に沢山のお客さんが集まっていました。

スタートの合図で一斉に駆け出します。

 

ほとんどが常連さんの模様。

毎年同じ木を買う人が多いようで、お目当ての木にまっしぐら。

 

それぞれの木に値札が付いています。

値段の幅は3千円から2万円くらい。

買い取りを決めたら値札を外し、自分の名前の札に掛け替えます。

次々掛け替えられていく値札。

初心者高橋はアタフタするばかり・・・。

常連さんによると木によって味が変わるそう。

ポイントは実の数、大きさ、色、陽の当たり具合。

とはいえ無数にあるリンゴの木。

見れば見るほど混乱(*_*)

常連のおじさんはカウンター(野鳥の会的な)で、

リンゴの数を数えて1個あたりの値段を計算するらしい。

そこまでするとは!

おじさんがやってみな!とカウンターを貸してくれました。

↑全方位からカウント中。

5千円の木で77個ついていました。

1個約60円。

安い!

2万円の木となると300個以上ついてると思われます。

 

一目ぼれしたのがこの1万8千円の木。

実の数もさるごとながら、佇まいが綺麗。

 

しかし、一旦頭を冷やそう。

300個のリンゴの分配を考える。

半分はお裾分け。

残り150個÷3人家族=1人50個か・・・。

 

ペットが象、っていうご家庭向けですね。

迷いに迷い、

最終的に小さめな5千円の木を購入。

我が子と決まると可愛くて可愛くて♡

これからの成長を応援したくなる、育成選手って感じです。

食べ頃は11月中旬ということでもぎ取りたい気持ちをグッと我慢。

これだけリンゴに囲まれて手ぶらで帰れない・・・。

直売所で食べ頃1袋を購入。

 

1か月後の収穫はまたこちらで報告したいと思います!

鳥に食べられて何も残ってなかった・・・

なんてことだけにはなりませんように☆

 

では!

高橋かすみ
FROM高橋かすみ 夫と息子(3歳)の3人家族、ワーママ36歳。趣味はドライブ。結婚を機に、東京から夫の実家がある仙台に移住し9年目。東京♡人間が今では仙台以外では暮らせないと言うまでに変化。仙台に限らず東北各地の魅力をお伝えします!
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Nov
13
今日の40代おしゃれコーデ

リラックス感のある【オーラリー】のコートでシンプルコーデを格上げ[11/13 Tue.]

PICK UP

PRESENT

大人気の「2018年クリスマス限定コフレ」を計12名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。