DigitalistLifestyle

音楽活動を通しての社会貢献

こんにちは。

ジャカルタ在住の沢亜希子です。

 

あともう少しで2018年も終わりですね。

 

今年も1年本当に早かったです。

 

ここジャカルタは四季がなく(雨季と乾季のみ)、年中ほぼ同じ気温なので、今が何月なのか分からなくなる時があったり、

 

ジャカルタ生活も2年目になり、いろいろと出かける事も多くなって来たので、日々あっという間に時間が過ぎている感じがします。

 

こちらに来て私は「JKT Nyaman Project (ジャカルタ ニャマン プロジェクト)」という駐在員妻で結成されたグループに所属しています。

※ HPより

 

このニャマンというグループは、音楽を中心に、ダンスやその他パフォーマンスを取り入れ、日本人の子供達向けやベビちゃん向け、また現地の学校に出向いてコンサートなどを行なっている団体です。

 

大学時代は (一応) 声楽を専攻していたので、私は主に歌を担当しているのですが、今年はとにかく沢山のコンサートに出させて頂きました!

 

1月に行われた、ジャワガムランの公演の前座から始まり

チャリティーコンサートでインドネシア人のテナー歌手と一緒に、ヴェルディのオペラ、椿姫の「乾杯の歌」を歌わせてもらったり

イスラム教徒の寄宿舎学校の文化交流会で、15,000人の生徒達の前で歌ったり

子供向けのコンサートや

出演者150人のファミリーコンサートも主催したりと

なんと、1年間で大小合わせて15回もステージに立ち、歌わせていただきました!

 

その他にも、STORYの美容ライターとしての知識を活かし、元美容部員の仲間と一緒に美容講座を2回やらせて頂き、

全部で本番17回!!

 

自分でもよく頑張ったと思います(笑)

 

ニャマンのメンバーは全員駐在員妻なのですが、音大卒の子が何人もいたり、プロのジャズシンガー、バレリーナ、また舞台俳優などもいます。

また、フライヤーやプログラムを作っているのはウェブデザイナー、会計をやっているのは経理のプロフェッショナル、小道具なども得意なメンバーがいて、皆それぞれキャリアを活かして活動をしています。

 

基本的に週1回集まってミーティングや練習をしているのですが、コンサート前は週3回集まったり、リハーサルも何度もやって、とにかく皆プロ意識がとっても高いんです。

 

でも、私達はビザの関係上、仕事は出来ないし、主人の仕事の関係でここインドネシアに住まわせてもらっている立場なので、インドネシアに恩返しをする意味で、これらのコンサートや講座で頂いた代金は、必要経費を除いて、全てインドネシアに寄付をしています。

 

今年は、ごみ山で暮らす子供達が通う学校、生活が困難で学校へ行けない子供達の為の奨学金制度を立ち上げている団体、日本語でオリジナルミュージカルを作っているインドネシア人の大学生による団体へ、それぞれ3団体へ寄付を致しました。

 

少しでも多くの人の心が温かくなる様、これからも活動を続けて行きたいなと思います^^

 

ニャマンのInstagram↓

Instagram.com/jkt_nyaman_project

沢 亜希子
FROM沢 亜希子 夫の赴任に伴い2017年よりジャカルタ在住。こちらに来る前はSTORYライターとしてヘアやビューティページを担当。現在14&12歳の娘はインターに通い、私はインドネシア語の勉強やヨガ、書道などの習い事のほかに大好きな音楽も続けています。日々のジャカルタ生活で見つけた美味しいもの、新しい発見などをご紹介します。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

STORY RELATED KEYWORDS !

STORY SELECTED ARTICLES

Jan
22
今日の40代おしゃれコーデ

可愛げのある【ボアジャケット】がフェミニンなオシャレにうまく溶け込む[1/22 Tue.]

PICK UP

PRESENT

アルアバイルの「リブVネックトップス」を 計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。