DigitalistLifestyle

竹富島へ②

仕事柄いつも早起き。

なのに、いつもと違う土地で枕が違ってもぐっすり長時間眠れてしまう。

疲れが溜まっていたのか、ただ暢気なだけなのかわからないけれど

竹富島でアラームの鳴らない朝はとても快適でした。

3食続いてもいいくらいパンが好きなので、焼きたての自家製パンというだけで満足なのに

島のお野菜、マンゴーなどを琉球の優しい風に吹かれながらいただく贅沢。

 

 

2日目の朝のクロワッサンも絶品だった。

パン作りが楽しくなって、え好きが高じてパリまで修行に行ったと聞き納得。

「好き」というのはシンプルに、心を動かすものだなぁ。何事も。

帰る時に、あらかじめお土産用のパンを事前に注文するリピーターもいるのよ〜、と聞いて

次回はそうする!と心に決めました。

 

 

竹富島は美しいちいさな島。

朝ゆっくり起きて、それから行き先を決めても大丈夫。だって島の外周は約9km。

電話すると、すぐにレンタサイクル屋さんが自転車を宿まで運んでくれます。

その自転車で気ままにゆっくり走りながら、ビーチへ行ったり、

ちょっとお店に立ち寄ってみたり。

 

 

 

 

途中、シロヤギさんとクロヤギさんに遭遇したり。

思わず口遊むあの唄・・・・黒ヤギさんたら読まずに食べた♪

 

コンドイビーチは「幻の浜」が出現する竹富島の見どころのひとつ。

潮が引いた時は歩いて行けます。

 

晴れていたら、エメラルドグリーンの海なのですが・・・

それでも、この透明度。穏やかな波。

 

 

夕方になったら、国の登録有形文化財に登録されている西桟橋へ。

沈む夕日を眺めながら、いつもと違う時間の流れを味わう。

人生はみな平等に1日24時間であるけれど、時間というのはおもしろいもので

あっという間に過ぎる時間と

ゆっくり、砂時計が流れるように少しずつ、わずかに流れていく時間がある。

この島にいるだけで、浄化される気がする。

(・・・・・思い込みって大事!)

 

石垣に置かれた言葉「歩いて考える」。

 

 

大好きなブーゲンビリアも、大きく鮮やかに咲き誇り、

気候が違うので、見慣れない花や木があったり。

 

 

ハイビスカスがまたリゾート感を高めてくれます。

ハワイとはまた違った風情があって素敵。

強い日差しに本当によく似合う。

植物って、自然って素晴らしい。

シマトネリコの実もたわわ。

ちょっと宿の周りをお散歩しただけでも、様々な発見があって楽しい。

こうやって、思い出しながら書いていると

またすぐに行きたくなるほど、大満足だった竹富島。

 

夏の旅行の候補にぜひ加えてみてくださいね。

泊岩麻依子
FROM泊岩麻依子 福岡在住のフローリスト。料理が得意なパートナー、愛犬と暮らしています。旅が好きで、たまの休日は日帰りドライブで自然に触れたり美味しいものを食べたり。このブログとともに、まだまだ知らない福岡(九州)を発見するのが楽しみです。
記事一覧を見る >
-Keywords
\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Jun
25
今日の40代おしゃれコーデ

銀行とか郵便局とかご近所オシャレはサンダルとデニムが決め手![6/25 Tue.] 

PICK UP

PRESENT

「かごバッグ」「PVCバッグ」を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。