DigitalistLifestyle

沖縄の古都・首里巡り

こんにちは南国沖縄より、琉球舞踊家の仲嶺 麗子です。

沖縄は8月に入り本格的に夏真っ盛り。青い空が一層青く、リゾート感と暑さ満載です。
そんな毎日、久しぶりにゆったりと那覇市首里を巡って参りました^^

那覇市首里(しゅり)は、琉球王国時代の都でした。

琉球国王のお膝元である城下町、現在も歴史ある場所として大切にされています。町並みも厳かな雰囲気を持ちかつての風情も残っています。そして、首里といっても様々なエリアがあります。

今回訪れましたエリアは、王国時代のメイン通りであった、首里城へ続く道、綾門大道(あやじょううふみち)と呼ばれた首里城の大手道です。

那覇空港より車で約40分、ゆいレールで那覇空港駅から首里駅まで27分そこから15分程歩いた場所にあります。

 

 

 

まず最初に訪れました、首里観音堂。
琉球八社の中の一つです。王国時代は命がけで本土や中国へ航海する事が常でした。ここで渡航安全、国家安泰を祈願し旅に出たとされている歴史あるお寺です。

開放感があり場内には大きながじゅまるの木(沖縄の防風林)もあり、首里の景色を見渡せます。

 

金色の素敵なお堂です。ここではたまに伝統芸能なども披露されたりもします。

今日こそは、何かお願い事をしようと思いましたが、決まって何一つ自分の事は願えず、
いつものごとく、家族や身近な人の健康や世界平和を願いました^^。
普段は、願い事だらけなのにいつも不思議でなりません。。。

神聖なお堂の空気に真っ白な気持ちになります。

千手観音菩薩様の多くの手に御利益があり、そしてお守りしてくださるそうです。

忙しくめまぐるしい日常の中、とても清々しい気持ちになりました。

首里観音堂を出たところでまっすぐに首里城への道が続きます。
その道の途にはは地元の皆さんから愛されている可愛いカレー屋さんや、食堂があったりとついつい立ち寄りたくなるお店もあります^^が、次回にして「首里琉染」さんに立ち寄ります。

美しい紅型、珊瑚の染物、安らぐ空間。「首里 琉染」は、沖縄を愛し文化復興に力を注いだ染色家・山岡古都さんが創業した紅型工房・その商品が並ぶお店です。

創業46年、現在は二代目で娘さんの大城さんが先代の意思を継ぎ、新商品開発、珊瑚初めの体験をもとより、琉球王朝の衣装を再現。ドラマ、映画、メディアへの提供。首里の地域貢献や沖縄の伝統的な祭事なども手がけており、日々発展し続けています。

紅型とは、沖縄の染物のことですが、琉球王国時代では王族の礼装、日常着。王族のみが纏うこと出来る高級な物でした。

時間かけ丁寧に様々な工程を経て、反物にし着物になります。

現在では着物以外でも、手軽で気軽に手にすることも出来る現代風の商品も沢山あります。

首里琉染二代目の大城さんはSTORY世代のおしゃれな美しい方。大城さんの考案した伝統と現代を融合させた個性的なオリジナル商品も多く並んでいます。

種類豊富に分野ごとに色々とディスプレイされており、見ていてわくわくします^^

早速、店内を散策します。

 

 

鮮やかな紅型柄の風呂敷、バッグにも変身しちゃいます。他にスカーフなど種類豊富です。
子宝草の葉っぱコースター、そのほかにも小物や日用品が沢山^^
かわいい珊瑚のランプ。
三階の紅型工房。職人さんが作品作りをしており、見学も出来ます

2階のフロアーでは珊瑚染め体験が出来ますよ。

好きな素材(Tシャツ・トートバッグ・風呂敷 他)に珊瑚の化石を平らに切断した型を使ってきれいな模様を染め上げていきます。首里琉染だけの染物です。その作品はその場でお持ち帰り出来るそうです。今日は時間がなく残念ながら見学になりましたが、次回は体験したいです。

 

 

そして今日の最大の収穫。インテリア好きな母のお誕生日プレゼントに

姉妹で紅型のテーブルセンターを購入することが出来ました^^

自然の素材をもとにして、人の手仕事と想いが詰まっていると感じる物と出会えとてもよかったです。

一つとして同じ物がないという作品へのポリシーと想いが伝わる首里琉染さんの染物。

一生のものについても考えさせられました。

 

 

外観も素敵な首里琉染さん。琉染さんの建つ場所は王族出身の聞声大君(きこえおおきみ)という最高神女が代々暮らしていた場所でした。

歴史を感じながら王国時代のメイン通りを訪れ、普段意識していなかった事が大切な宝物のように思え、姉妹そろって久しぶりにゆったりとした癒やしの時間が過ごせました^^

そろそろ、おなかもすいてきました。妹お勧めのお店へ^^GO☆

後編へ続きます。読んでくださりありがとうございました☆

 

首里観音堂 http://www.shuri-kannondo.or.jp/

首里琉染 https://www.shuri-ryusen.com/

 

仲嶺麗子
FROM仲嶺麗子 沖縄の伝統芸能である琉球舞踊家として活動中。県内外、海外公演ツアーを通して、様々な人との出逢いや出来事に感謝の日々です。40代の今だからこそ、心も身体も美しく健康に。素敵に素直に丁寧に暮らしたい。そんな願いを心に秘めて、楽しく沖縄Life過ごしています☆
記事一覧を見る >
-Keywords
\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Sep
16
今日の40代おしゃれコーデ

最近多いプチ同窓会は、秋色【ワンピース】で駆けつける[9/16 Mon.]

最近多いプチ同窓会は、秋色【ワンピース】で駆けつける[9/16 Mon.]

PICK UP

PRESENT

PLST (プラステ)の「サテンプリーツスカート」を 計8名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。