DigitalistTravel

イタリアからオーストリアへ自転車で国境超え

北イタリアに行ってきました。趣味のワインを嗜むうちに国境付近のワインが奥深いと思い始めてしまい…さらに、イタリアの世界遺産巡りにすっかり惹きつけられて、まだ見ぬ土地へ。訪れたのは、世界遺産のDolomitiドロミーティ。ドロミーティをベースに、まずはオーストリアへ国境超えです。

ドロミーティのエリアは広いため、場所によっても季節によっても表情は様々です。美しい眺めと自然の力強さに何度感動したことか…。

オーストリアへは、のんびり自転車でサイクリングロードを走ると決めていたので、国境近くでレンタル自転車を手配。久しぶりに自転車に乗りながら、ゆるやかな坂道を進みます。久しぶりなのは、私の住んでいるところでは、普段の交通手段で自転を利用している人はほとんどいないのです。

途中、可愛い街も通り過ぎます。

川が流れていて、この川はサイクリングロードに沿って続いていました。

お恥ずかしながら、このような感じでサイクリングロードをひたすら2時間程。自転車には日本のように便利なカゴはありませんから、リュックには水分補給のペットボトルなど家族分の荷物を詰め込んでます(笑)

オーストリアとイタリアの国境で看板を発見!!ここから先は、オーストリアです。お目当ての目的地まで、まだ進みます。

イタリアお菓子メーカーLoackerのオーストリアにある直営工場に、ついに到着!お土産を沢山買って、待ちに待ったBarで休憩です。

こちらでの休憩も目的の一つでしたので、コーヒーに添えられていた抹茶味が疲れた体に染みました。

さすがに帰りは、電車持ち込みOKな電車で出発点まで戻りました。レンタル自転車屋の方が「自転車と一緒に乗れるよ」と丁寧に教えてくれたお陰で、車窓から来た道を振り返りながら感想を話していたら、もう駅に到着。

ここは、オーストリア第三の街Lienz。

車での国境越えは何度か経験していたものの、自転車では初めて。人々がさりげなく国境を行き来できることに改めて驚きつつ、途中で道を尋ねたおばさまも訪れたお店の方々も複数の言語を使い分けながら対応していたことに感心しきりでした。

次回もドロミーティの美しい眺めと別の国境超えです。

 

 

高浪 美智子
FROM高浪 美智子 夫の赴任によりイタリア在住。旅行、ワイン、料理、アートが好き。出産後にメンタル系カウンセラー資格取得や野菜作り、現在はイタリア語と料理を学ぶ等、興味と関心は幅広い。「自分らしく」を好むこちらの雰囲気を自然体で綴らせていただきます。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Sep
19
今日の40代おしゃれコーデ

アロマスクールへは【ビッグシルエットの白シャツ】でキリっと![9/19 Thu.]

アロマスクールへは【ビッグシルエットの白シャツ】でキリっと![9/19 Thu.]

日めくり7daysコーデ

「お仕事するって、やっぱり楽しい!」セカンドOLさんの1週間

Thu
【日めくり7days③Thu】今日は夕方から雨予報。ウール100%なのに洗えるって優秀!

【日めくり7days③Thu】今日は夕方から雨予報。ウール100%なのに洗えるって優秀!

PROMOTION

PICK UP

PRESENT

PLST (プラステ)の「サテンプリーツスカート」を 計8名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。