DigitalistTravel

スイス&ドイツの旅⑥ドイツで感動の再会!!

ドイツ・デュッセルドルフ空港へ

 

ジュネーブで久美子ちゃんとお別れし、私は単身、空港からドイツのデュッセルドルフへと向かいました。

数年前「スイスに行こう!!」と思っていた時から「スイスに行く時には、ついでにドイツにも行く」

と決めていました。ドイツには、私がどうしても会いたい人がいたのです。

 

26年ぶりの再会

彼女の名前はMichelle (ミッシェル)。

私の高校にいた英語の先生でした。

アメリカの映画や音楽に夢中だった私は、

つたない英語でいつも彼女と会話していました。

今は英語よりも中国語がメインの人生になって

しまいましたが、どうしても彼女にあいたくて。

 

長いこと英語を話してなかった私は、最初はMichelleとの再会の嬉しさもまじって、

シドロモドロでしたが、、翌日には打ち解けました♡

 

彼女は、今、

オランダの国境に近いViersen という村に住み、

その隣町のMonchengladbachの大学で

英語の講師をしています。

 

日本を離れてから、一度もアジアに来たことがなく、

もう日本とは縁がない・・・と思いこんでいたとか。

 

今回、私の突然の来訪をとても喜んでくれました。

 

Heinemannのチョコレート

メンヒェングラードバッハ名物Hinemannのチョコレート。

シンプルながらも深みのある味わいで、すごーく気に入りました。おすすめです!!

 

Cafe Hinemann

BismarckstraBe 91,

41061 Monchengladbach Germany

TEL +49-2161-17031

https://www.konditorei-heinemann.de/en

 

Schloss Dyck  デューク城 へ 

Michelleに、

「ドイツのお城に行ってみたい」と、

リクエストしました。

Shall I open the window ??

Sure !

と、言ったら、なんとオープンカーだった :mrgreen:

 

  • DSC_3067
  • DSC_3068
  • DSC_3069
  • DSC_3070
  • DSC_3074
  • DSC_3075
  • DSC_3076
  • DSC_3077

お花のきれいなお城でした。

モネの睡蓮のような睡蓮池、日本庭園風もあります。

ダリアが美しい季節でした。

 

この街に20年住んでいるMichelleも、

なんとデューク城ははじめてですっかりお気に入り。

イルミネーションやミュージックナイトのイベントも

あるようです!!

 

「息子に彼女ができて、運転免許とったら、

ぜひ、ここに来るように言うわ!!」

 

本当にうれしい再会でした。

 

Schloss Dyck  デューク城

SchloB Dyck,

41363 Juchen Germany

TEL +49-2182-8240

https://www.stiftung-schloss-dyck.de/

 

順芳(Junho)
FROM順芳(Junho) 神戸生まれ&神戸育ちのチャイニーズ3世。小さい頃は、異人館のある北野界隈に住んでいました。新しいことにチャレンジするのが大好きで、神戸っ子としての楽しい情報をたくさん発信していきたいと思っています。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Nov
23
今日の40代おしゃれコーデ

最旬の【トレッキングシューズ】を履いて英会話スクールへ![11/23 Sat.]

最旬の【トレッキングシューズ】を履いて英会話スクールへ![11/23 Sat.]

PICK UP

PRESENT

「2019年クリスマス限定コフレ」を計15名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。