DigitalistLifestyle

沖縄の大切な宝物 首里城

復元される日を夢見て

☆新年明けましておめでとうございます☆

12月上旬から年末年始にかけて、イベントに公演にコンテストなどで、しばらくご無沙汰しておりました。

☆今年もよろしくお願い致します☆ デジタリストの仲嶺麗子です^^

そして、改めまして皆様、*新年 明けましておめでとうございます*

 

今年初めのブログは、沖縄のことで沢山お伝えしたい事、ご紹介したい事がありますが

首里城のことを書きたいと思います。

昨年の令和元年 10月31日、首里城が火災により焼失してしまいました。。。

焼失するのは琉球王国時代を含めると、5回目になるそうです。

1997年に公開されてから、首里を拠点に舞踊の活動を続ける私にとっては、

沖縄の心を象徴するような存在として、心のより所であり、支えでした。

県外公演中での出来事で皆騒然となり、沖縄へ一刻も早く帰りたくなったのを覚えています。

琉球王国時代の国王の行幸を再現したお祭りには、若衆という元服前の少年の役として高校生の頃から出演し、

また、お正月に国王が王国の繁栄を願う儀式である朝拝御規式では、宮廷音楽を演奏しました。

学生時代から年月が過ぎ、最近では琉球王国の平和繁栄を願い、国頭村辺戸から国王へ若水を

献上する「お水取り」という大切な儀式にも参加しており

首里城との関わりは、数え上げればきりがなく、想い出もたくさんあります。

いつも近くに当たり前のように存在していた首里城の焼失していく姿は

とても口では語れない程、胸が苦しく締め付けられる光景でした。

 

そして、今ようやく無料区域までは見学出来るようになるなど、平常を取り戻しつつあります。

ニュースでもご存じかもしれませんが、沢山の寄付金が県内外、世界中からあり

沖縄県民としてとても、心から本当にありがたく感じています。

 

私も首里城復興へ、何が出来るのかを真剣に考えました。

 

やはり、琉球舞踊を通して支援することだと思っています。

今現在、首里城復興支援のチャリティー公演が県内各地で企画されており

それに数多く出演することが、今まで首里城に支えられた私に出来る恩返しなのだと

思います。

木材や瓦など材料や人手や予算などの問題など、まだまだ沢山の問題が山積しているようで

この先復興に何年かかるか分かりませんが

いままで以上に美しく荘厳な首里城が存在する日を夢見て、

ずっと見守り続けたいと思います。

私も首里城と共に、自分が出来ることを、頑張って行く決意です。

今年はもっともっと皆様に、大好きな沖縄をお届け出来るよう

STORYデジタリストとして、心を込めてブログを書いていきたいと思います。

今日も最後まで読んで下さりありがとうございました^^☆

仲嶺麗子
FROM仲嶺麗子 沖縄の伝統芸能である琉球舞踊家として活動中。県内外、海外公演ツアーを通して、様々な人との出逢いや出来事に感謝の日々です。40代の今だからこそ、心も身体も美しく健康に。素敵に素直に丁寧に暮らしたい。そんな願いを心に秘めて、楽しく沖縄Life過ごしています☆
記事一覧を見る >

FEATURE

Aug
13
今日の40代おしゃれコーデ

ちょっとそこまでのお買い物には【マーメイドラインのワンピ】で女っぽく[8/13 Thu.]

ちょっとそこまでのお買い物には【マーメイドラインのワンピ】で女っぽく[8/13 Thu.]

PICK UP

PRESENT

CONTROL FREAK「カゴバッグ」を計6名様にプレゼント!

CONTROL FREAK「カゴバッグ」を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。