DigitalistTravel

大阪・高槻の山奥にポツンとある日本料理「心根」

こんにちは!

デジタリストの福島三知子です。

先週、お友達と5人で秋の味覚を求めて高槻の山奥まで行ってきました。

JR高槻駅から車で30分、ひたすら走って辿り着いた先は初めてのブログで少しだけご紹介した日本料理「心根」。

よくぞこんな場所にと思ってしまう程の山奥で、まさにポツンと一軒家のようなお店なのですが

不便な場所にも関わらず食通の方々が足繁く通う名店なのです。

お店の周囲はこんな景色。

 

築100年の古民家をモダンにリノベーションしたお店は趣のある佇まい

 

車から降りてしばらく赤く色付いた山の景色や空気を存分に味わっていざ店内へ!

このお店に来たら、いつも(2回目だけど)山の景色や空気もごちそうなんだと実感します。

 

こちらのお料理はメニューはなくお任せコースのみで年12回変わります。

11月ということで主題は立冬。

四季折々の自然の息吹を一皿へ託したお料理。

今回はどんなメニューが登場するのか期待に胸が膨らみます。

 

むかごのくず寄せ豆腐。

花の少ない時期だから蓮根は花形に。

目や肌で季節を感じることのできるこの場所だからこそ、店主の「花の少ない時期だから・・・」という言葉が心に響きます。

 

八寸は紅葉に見立てた葉を器に。

柿の葉で包んだ鯖寿司やくるみを挟んだ鯖の燻製など。

その他、安納芋、里芋、黒豆、子持ち鮎、落花生、くじらのさえずりと水菜、百合根。

 

燻製にしたハガツオはフリーズドライのお醤油で。

上にのったお花のようなものはミゾソバという野草で柑橘系の爽やかなお味。

 

海老芋の天ぷらは一休寺納豆の塩味で。

 

 

朴葉で包んだ猪肉は栗や銀杏など秋の味覚を添えて。

 

天日干しした長野県のきのこを使ったあん汁。

お店の外に干してあったこのきのこです。

 

締めのご飯。

 

平飼い卵は色もお味も濃くてTKGにすると最高に美味しい!

 

スモークした塩ジャケはお酒が欲しくなる美味しさ。

 

最後は和菓子と抹茶で締めくくる。

 

紅葉に見立てた和菓子の中にはこしあんが。

 

最後の一品まで秋を感じさせてくれるお料理のコースでした。

 

一年中どんな食材でも手に入ってしまう今の時代。

こんなにも季節を感じ、自然の恵みやありがたみを感じながらお食事をする時間はとても貴重で、まるで体が浄化されていくよう。

 

次は白銀の世界でお食事できたらいいな。

 

山道がちょっと怖い気もするけれど(笑)

 

みんな、また次の予定を立てて自然の恵みをいただきに来ましょうね!

 

【店舗情報】

心根(こころね)

住所:大阪府高槻市中畑久保条15-1
電話番号:072-691-6500
営業時間:12:00〜15:00、18:00〜21:00 *完全予約制
定休日:火曜日
駐車場:あり(6台)

昼:8,000円~/15,000円~(税抜)
夜:15,000円~(税抜)
※要予約(完全予約制)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

日々の様子はこちらで発信しています。

■ Instagram ■

https://www.instagram.com/michiko_fukushima/

 

私が作っているオイルを使ったレシピや、オイルのお仕事はこちらで発信しています。

■ Instagram ■

https://www.instagram.com/fresco1126/

 

良かったらフォローしてくださいね☆

福島三知子
FROM福島三知子 搾りたてオイル専門店FRESCO搾油師&シニアオイルソムリエ。42歳の時にIT系広告代理店勤務から大好きな食の世界に転身してオイルのブランドを立ち上げ日々奮闘中。このブログでは関西の美味しいお店、美スポット、素敵なお教室情報などをお届けしていきます。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Dec
7
今日の40代おしゃれコーデ

【オシャレ忘年会】なら臆せず旬のボリューム感が楽しめる[12/6 Fri.]

【オシャレ忘年会】なら臆せず旬のボリューム感が楽しめる[12/6 Fri.]

PICK UP

PRESENT

nano・universe 「ワイドパンツ」を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。