• TOP
  • Lifestyle
  • 「セックスで若返る」って本当?医師が語る、恋とアンチエイジングの関係とは
Lifestyle大特集「大人の恋愛」

「セックスで若返る」って本当?医師が語る、恋とアンチエイジングの関係とは

「恋愛をすると綺麗になる」という言葉を聞いたことがあると思いますが、誰だって綺麗にはなりたいけど、40代で恋愛なんて難しいし、実際夫とはセックスレス。そんな状況の方も多いかもしれません。では、セックスレスだと、どんどん老化が進んでしまうんでしょうか?今回は大人の恋愛とアンチエイジングについて、産婦人科医の八田先生に詳しく伺いました。

▼あわせて読みたい
セックスレス率56%!不倫経験は・・・?40代既婚女性の【秘めた恋と性】白書

教えてくれたのは…
八田真理子先生

聖順会ジュノ・ヴェスタクリニック八田 理事長・院長。1990年聖マリアンナ医科大学医学部卒業。順天堂大学、千葉大学産婦人科、松戸市立病院産婦人科医長などを経て、98年より父の医院を継承し現職。2018年恩賜財団母子愛育会会長賞、19年健やか親子21ざ全国大会(母子保健家族計画全国大会)において厚生労働大臣表彰を受賞。著書に「思春期女子のからだと心Q&A」(労働教育センター)、「婦人科医が教えるオトナ女子に知ってほしい大切なからだの話」(アスコム)など。

【INDEX】 セックスレスだと老化は進むの?
恋愛はアンチエイジングに効くの?
恋愛できない人はどうしたらいいの?
アンチエイジングの敵…更年期に打ち勝つには?

セックスレスだと老化は進むの?

一言で言うと、これは関係ないです。「セックスレスだから老化する」ということはありません。

しかし、セックスをすることでアンチエイジングにつながる良い効果が主に3つあります。

1つは、「触る・触れる」ことによって、ホルモンが巡り、「気持ちいい」「嬉しい」という気持ちが生まれます。グルーミングによって触れた場所の血流がよくなり、温かくなることでセロトニン(幸せホルモン)、オキシトシン(愛情ホルモン)が分泌されると考えられます。

2つ目は、相手に自分の体を見られるので、身繕いをして、綺麗にしておこうという意識が生まれます。ムダ毛処理から始まって、プロポーションを維持しようと思うようになります。

3つ目は、排尿障害の改善です。更年期以降は女性ホルモンの減少も伴い、骨盤底筋が薄くなっていきます。しかしセックスを続けることで、骨盤底筋が鍛えられて尿もれや頻尿の改善に効果があるというデータがあります。

こうしたことから、セックスが老化に歯止めをかけてくれる効果があるのです。

恋愛はアンチエイジングに効くの?

「恋をすると綺麗になる」と昔から言われているとおり、やはり恋愛するとホルモンが巡り、アンチエイジングにつながると思います。

ただ、近くにいる男性と恋愛することだけがいいというわけではなく、ペットに恋をするとか、韓流スターに恋することでも十分アンチエイジング効果はあります。

重要なのは「ワクワク感」。何かにワクワクすることで血流やホルモンの分泌が良くなり、ステロイドホルモンも巡り、さらには免疫力アップにもつながって脳も活性化され、全てが相乗効果で良くなるんです。

恋愛できない人はどうしたらいいの?

夫には恋愛感情なんてないし、他で恋愛などもする気にもならない。でも、老化はしたくない!という人は、今自分が何に「ワクワクする」のかを考えて、それを実践してみてください。

例えば…
ペット、俳優にワクワクする
習い事で目標を持つ
趣味を持つ
定期的な運動を始めてみる
美味しいものを食べる
映画を観て集中する
漫画や本を読む

まずは一歩踏み出せるかがポイントです。ワクワクや恋愛をするのは相当なエネルギーが必要だし、実際疲れるもの。パワーがある人しかできません。ワクワクの大きさはどうであれ、ちょっとしたワクワクを積み重ねることが大事で、その瞬間気分が上がればそれでオッケーです。

「ワクワク感」や「何かにチャレンジする気持ち」は、男性ホルモンが関係しています。そうした気持ちが足りないと感じる人は、男性ホルモンを増やしましょう。具体的には、筋トレやウォーキングをしたり、バランスのとれた食事や質の良い睡眠をとるなど、生活習慣を見直すことが効果的です。ちょっときついと感じるトレーニングをすると、気持ちもリフレッシュして前向きになれますよ。

アンチエイジングの敵…更年期に打ち勝つには?

更年期になると、女性ホルモンの分泌低下により、疲れやすく、さまざまな体の不調が出てきやすくなります。しかしここでも、恋をしていたり、仕事や趣味に情熱を傾け没頭している人、夢中になっている人は更年期症状があってもつらいと思わないことが多いです。治療にも前向きで、良くしようと思う気持ちが働くので、そのぶん症状も改善しやすいのです。前向きな気持ちがあれば、結果もついてくるのが更年期です。

また、最近は「腟ケア」という言葉もポピュラーになり、意識をする方が増えてきました。更年期に起こりやすい腟やデリケートゾーンの炎症・痛み・かゆみなどのトラブルは、日頃から腟ケアをすることで潤いがキープでき、トラブルが解消され、アンチエイジングにもつながります。

具体的には、フェムケアアイテムを使って腟周りを清潔にし、保湿やマッサージをして、骨盤底筋を鍛えるトレーニングや腟レーザーなども有効です。また、セックスを継続的に行うことでも腟粘膜が活性化し浄化されます。

私の病院に来る60代の女性は付き合っている彼がいて、定期的に腟レーザーの治療に来ています。見た目も雰囲気も、とても若々しく可愛らしいのでお手本にしたい方です。特に生理がなくなると腟の自浄作用がなくなるので、更年期以降こそ、腟ケアやセックスで腟を活性化し浄化していただきたいです。

取材/沢 亜希子 イラスト/別府麻衣

おすすめ記事はこちら
-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Jul
13
今日の40代おしゃれコーデ

ワントーンコーデを夏らしくアゲる【オーロラカラーの華奢ミュール】

ワントーンコーデを夏らしくアゲる【オーロラカラーの華奢ミュール】

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

長い夏を乗り切るモト取れ服を計6名様にプレゼント

会員プレゼント

赤ちゃんから使える!「アネッサ パーフェクトUV マイルドミルク NA」を5名様にプレゼント

PICK UP