Prtimes商品サービス

面接って不安?女性の約5割が面接の「質疑応答」に不安を感じていることがわかりました!「女の転職type」が、働く女性約570名にアンケート調査!【第3回】

株式会社キャリアデザインセンター

正社員で長く働きたい女性のための転職サイト『女の転職type』は、女性のリアルな仕事観を調査するコンテンツ【データで知る「女性と仕事」】の第3回の調査結果をリリースしました。(https://woman-type.jp/academia/discover-career/data/vol-3/)

■第3回のテーマは、「面接って不安じゃない?」
「何を聞かれるのだろう?」「何を話せばいいのかな?」「正直に言うと日程の調整がめんどう」など、女性たちは「面接」についてどんな印象を持っているのでしょうか。その結果をご紹介します!

▼「面接って不安じゃない?」
https://woman-type.jp/academia/discover-career/data/vol-3/

調査結果概要
★ 49.8%の女性が、「面接の質疑応答に不安を感じている」と回答
★ 76.8%の女性が、「面接対策としてホームページを見た」と回答
★ 15.4%の女性が、「面接対策をしなかった」と回答
★ 80%以上の女性が「仕事内容と志望動機を聞かれた」と回答

調査詳細
★ 49.8%の女性が、「面接の質疑応答に不安を感じている」と回答

【Q. 転職活動の面接でどんなことに一番不安を感じましたか?】

<その他の回答>
・辞めた理由などを問い詰められるように聞かれたことがあり、不安を感じました。 (20代/バックオフィス/正社員/東京)
・給与や休暇に関する詳しいことが聞きづらいので、モヤっとする。 (30代/営業/契約社員/宮城)
・何をどのようにアピールすべきかわからないので不安。 (20代/医療関係/正社員/滋賀)

「転職活動の面接でどんなことに一番不安を感じましたか?」という質問に対して、「面接で何を聞かれるのか不安」が第1位、「面接で何を質問したらいいかわからない」が2位と、質疑応答について特に不安を感じているということがわかりました。「不安やモヤモヤを感じたことはない」は全体のわずか6.0%と、ほとんどの女性が面接に対して不安を感じているようです。そこで、面接に対する不安を解消するためにどのような面接対策をしていたのかを聞いてみました。

★ 76.8%の女性が、「面接対策としてホームページを見た」と回答
★ 15.4%の女性が、「面接対策をしなかった」と回答

【Q. 面接前に何か対策はしていましたか?(複数回答可)】

<その他の回答>
・同企業の求人を別の転職サイトで見たり、転職用の口コミサイト、yahooファイナンスを見た。 (40代/事務/派遣/福岡)
・ハローワークの担当者と練習をしました。 (20代/バックオフィス/派遣/神奈川)
・ニュースをよく見て世の中の動きを一通り把握するようにしています。 (40代/営業/正社員/千葉)

「面接前に何か対策はしていましたか?」という質問に対して、8割近い人が企業ホームページを事前にチェックしているものの、面接の練習までしている人は1割に満たないという結果に。在職中の転職活動の場合、仕事が忙しくて入念な準備ができないのかもしれませんが、逆に、「不安を小さくするために面接前にできることがもっとある」とも言えそうです。

★ 80%以上の女性が「仕事内容と志望動機を聞かれた」と回答

【Q. 面接ではどのようなことを質問されましたか?(複数回答可)】

「面接ではどのようなことを質問されましたか?」という質問に対して、半数以上が聞かれているのが、「これまでの仕事内容」、「志望動機」、「質問はありますか、という質問」、「転職理由」、「自分の性格の長所・短所」という質問でした。

【Q. 上記質問で、「その他」と答えた方は具体的に教えてください】

<その他の回答>
・スキル面/過去に勤めた職場で得られたものはなにか。 (20代/バックオフィス/正社員/和歌山)
・価値観/どのような人と一緒に働きたいか。 (30代/企画・マーケティング/正社員/埼玉)
・価値観/もし入社したら会社に求める事。 (40代/バックオフィス/正社員/愛知)
・経歴/学生時代の部活動。 (20代/事務/契約社員/埼玉)
・キャラクター/自分を漢字一文字で表してください。またその理由とは? (40代/バックオフィス/契約社員/茨城)

スキルや価値観、その人のキャラクターを問うような質問をされることが多いようです。一問一答で対策するのは難しいかもしれませんが、自己分析をきちんとして、スキルの棚卸しをしておくと答えやすいかもしれませんね。

中には、親の職業や妊娠予定についてなどを聞かれたことがある人もいましたが、採用選考においてそうした質問をすることはNGというのが厚生労働省が掲げる基本指針です。答えたくない場合は、質問の意図を聞き返すなどしてできる範囲で対応しましょう。会話の流れや緊張を和らげる意図で、家族の話題を振ってしまう面接官もいるので、「違法な質問=ブラック企業」と考えるのではなく、あくまでも企業と個人のコミュニケーションとして臨機応変な判断をしたいところです。

(調査概要)
●調査内容:「女性と仕事」に関するアンケート
●調査期間: 2019年11月22日~12月3日
●有効回答数:570名
●調査対象: 女の転職type会員
●調査方法: Web上でのアンケート

(過去に実施したアンケート) 
第1回 「いつまで働く?」
https://woman-type.jp/academia/discover-career/data/vol-1/
女性の約80%以上が●●歳まで働きたい!ことが判明!興味をお持ちの方はぜひご覧ください。

第2回 「女性の活躍って?」
https://woman-type.jp/academia/discover-career/data/vol-2/
女性の活躍を阻害している原因とは?興味をお持ちの方はぜひご覧ください。

■『女の転職type 』とは
—————————————————————————————————-
正社員で長く働きたい女性のための転職サイトです。
未経験から正社員になれる求人、プライベートも充実できる残業が少ない求人、
仕事と育児を両立できる求人など、女性に人気の求人を多数掲載。
マッチング機能も充実しているので、自分に合った仕事を見つけることも簡単です。

■株式会社キャリアデザインセンター 会社概要
—————————————————————————————————-
本社所在地■〒107-0052 東京都港区赤坂 3-21-20 赤坂ロングビーチビル
資本金■5億5866 万円
設 立■1993年7月8日
従業員数■605名(平成30年9月30日現在)
代表者■代表取締役社長兼会長 多田 弘實
事業内容■
1.キャリア転職の専門情報サイト『type』『女の転職type』等の運営
2.転職フェアの開催
3.人材紹介事業(厚生労働大臣許可 13-ユ-040429)
4.質の高い就職活動を情報誌、 イベント、 情報サイト、 人材紹介で支援する『type就活』サービス
5.パンフレット、 ノベルティー採用 HP 作成などのアウトソーシング事業
6.Webマガジン『20’s type』『エンジニアtype』『Woman type』の企画・編集・運営
など、 企業の採用活動をサポートする総合的なソリューションサービスを提供しています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Jan
29
今日の40代おしゃれコーデ

【ロングプリーツにロングコート】が冬ランチスタイルの鉄板コーデ[1/29 Wed.]

【ロングプリーツにロングコート】が冬ランチスタイルの鉄板コーデ[1/29 Wed.]

PICK UP

PRESENT

IÉNA「ドットスカート」と「リボンタイシャツ」を計8名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。