Prtimes商品サービス

コロナ禍の不妊治療をデータで戦略的にAIサポート、フェムテック系ベンチャーが「cocoromi」β版の無料提供開始。

vivola株式会社

データに基づく不妊治療で男性の参画率向上も狙う

vivola株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:角田夕香里、以下vivola)は、2020年6月18日、ユーザーを成功に導く同質性の高い不妊治療データのAI検索サービス「cocoromi(こころみ)」(URL:https://lp.cocoromi.com/ )の無料提供を開始しました。


「cocoromi」は、体外受精で妊娠された先輩ママたちのデータエビデンスに基づいた治療検索サービスです。
サイトに登録して情報を入力いただくと、不妊治療に関する統計データが閲覧でき、今後の治療計画の参考にしていただけます。

●開発の背景
・高額な医療費負担でも「わからないまま治療」7割
2020年5月末閣議決定された少子化大綱においても不妊治療の保険適用に向けた調査の言及がされていますが、現在は自由診療であるがため高額な医療負担が問題になっています。個人に高額な負担が強いられるにもかかわらず、体外受精経験のある夫婦300組に実施したアンケートでは「治療方法について理解していた」は3割にとどまり、残りの7割のご夫婦は「わからないまま治療を続けていた」と回答しました。

・患者が理解しづらい不妊治療
生殖医療は医学的にも未知な事が多い領域で、医療機関によって治療方針も異なっています。体外受精の成功率は高くなく、異なる治療方法を求めて転院を繰り返し、治療が長期化しているご夫婦も少なくありません。しかし、治療結果を振り返るにも基準となる公開データが少なく、一般患者が治療について体系的に理解をするのは難しいのが現実です。

・AIによる成功データのエビデンス表示
そこで当社は、過去の体外受精で妊娠された方の統計データをわかりやすく表示するサービスcocoromiを提供します。また統計データだけでなく、自身の年齢、AMH(抗ミュラー管ホルモン※)、妊娠に関連の高い疾患等の個人を特徴づける複数の要素で同質性を定義し、AIにより自分と似た人の成功データが表示されるので、より参考になる治療方法が閲覧できます。
※AMH(抗ミュラー管ホルモン)…発育過程の卵胞から分泌されるホルモンで、卵巣内に残っている卵の数を表し、治療方針の参考になると考えられている。

・納得のいく治療生活を、生き方をサポート
cocoromiサービスの提供によって、自分に合った治療方法に出会い、むやみに転院や治療を繰り返す事がない世界を私たちは目指してします。しかし、現代の高度な医療技術をもっても、全てのご夫婦が子供を授かる事が難しいのも事実です。当社は、不妊治療を理解して主体的に治療と向き合い、納得のいく治療生活を送っていただく事こそが、その後のご夫婦の人生に大きな影響をもたらすと考えています。そのような主体的に治療に向き合うご夫婦の治療をサポートをしていく事を使命に、今後もサービスをご提供してまいります。

●cocoromiの特徴


治療にかかる費用、期間、体外受精データ※をわかりやすく表示。
※卵巣刺激法、胚評価分布、採卵および移植平均回数、採卵、受精、胚盤胞数等など

統計データ表示:不妊治療に成功した人のデータ閲覧
同質データ表示:AIによる成功に導く同質性の高いデータ閲覧
データ寄付機能:卒業が決まったら、これから頑張る仲間へのデータ寄付
トークルーム機能:同質性の高い仲間と不妊に関する情報交換 ※トークルーム機能は順次リリース予定

https://lp.cocoromi.com/

医療監修
齊藤 英和 医師
【経歴】
栄賢会 梅ヶ丘産婦人科 ARTセンター長
医療法人 浅田レディースクリニック 顧問
近畿大学先端技術総合研究所・客員教授
昭和大学医学部・客員教授
日本受精着床学会・理事
一般社団法人日本卵子学会・理事
公益財団法人1more Baby応援団 理事

●運営会社
vivola株式会社 https://www.vivola.jp/

 人生100年時代と言われ、女性の社会進出、晩婚、晩産化が進む現代、ライフスタイルやキャリアの在り方には変化が起きつつあります。しかし、寿命が延びていても女性の出産適齢期は大きく変化しておらず、医学的な妊娠、出産のベストタイミングは、現代の感覚とずれが生じてきています。当社は人生100年時代のライフステージの捉え方を見直し、女性医療を支えるAIサービスを提供してまいります。
※2020年第3回日経ソーシャルビジネスコンテスト優秀賞受賞企業

代表メッセージ:
cocoromiは、私自身が不妊治療患者として、SNSでデータを収集し患者同士でデータ共有していた事から始まったサービスです。1500名の患者コミュニティで「どこが理解しづらいのか」、「何が知りたいデータなのか」、「どんな機能があると嬉しいか」などの意見を交わし、現在のサービスに辿り着きました。自身が納得して前に進みたいと考えるご夫婦に寄り添うサービスを目指し、今後も患者の皆様との意見交換をさせていただきながら、サービスの改善に努めてまいります。

Vivola株式会社
代表取締役 CEO 角田夕香里
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-6-2
https://www.vivola.jp/
contact@cocoromi.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Jul
8
今日の40代おしゃれコーデ

ジャケット×ワンピは【スポサン】で外すと差が付くコーデに[7/8 Wed.]

ジャケット×ワンピは【スポサン】で外すと差が付くコーデに[7/8 Wed.]

PICK UP

PRESENT

SNIDEL「ワンピース」を計6名様にプレゼント!

SNIDEL「ワンピース」を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。