Prtimes調査レポート

国内最大級の恋活・婚活マッチングアプリ「Pairs」(ペアーズ)「新型コロナウイルスの恋愛・結婚の価値観への影響調査」結果を発表

株式会社エウレカ

~コロナ期間で約2割の「恋愛観」に変化あり。オンライン恋活・婚活への期待も~

 国内最大級の恋活・婚活マッチングアプリ「Pairs」を運営する株式会社エウレカ(本社:東京都港区、代表取締役CEO:石橋準也)は、「新型コロナウイルスの恋愛・結婚の価値観への影響調査」を実施し、結果を発表いたしました。

Pairsでは、新型コロナウイルスの感染拡大が、人々の恋愛・結婚観に与える影響を理解するために調査を実施しました。一般消費者計2,918名を対象に、定量的なデータに加え、消費者の声として様々なコメントを取得しました。

「新型コロナウイルスの恋愛・結婚の価値観への影響調査」結果概要

【結果1.】「交際意欲が以前より増した」一方で「結婚を躊躇する人」も半数近い  

20~39歳の約3割が「交際相手が欲しい気持ちが以前より増している」と回答            「交際相手が欲しい」と元々思っている人はより顕著に
交際相手を強く望む一方で、約半数は「現在は結婚に踏み出しにくい」と感じている

【結果2.】わずか2~3ヶ月で約2割の「恋愛観」が変化

「性格や価値観の一致」「収入や職業などの経済的安定」をさらに重視
「結婚観」についても、概ね同様の傾向に

【結果3.】未婚者の「コロナ離婚」への不安

コロナ禍で「パートナーと一緒に過ごすことや結婚の難しさ」を感じる人も

【結果4.】4人に1人がコロナ後の恋活・婚活方法に変化ありと回答

恋活・婚活を行っていない人の6割強が、新型コロナウイルスを受けて活動を休止中
4人に1人が「コロナ後」の恋活・婚活方法に変化有りと回答。マッチングアプリなどオンラインでの恋活・婚活手法に期待する声も

<アンケート結果の詳細>


Q. 現在のあなたのお気持ちにもっとも近いものをお答えください。


❏20~39歳の約3割が「以前よりも交際相手が欲しい気持ちが高まっている」と回答
❏「交際相手が欲しい」と元々思っていた人の中では約5割
❏「現在は時期的・経済的に結婚に踏み出しにくい」と感じる人も4割~5割みられる
❏「交際相手が欲しい気持ち」に比べると、「結婚したい/家族が欲しい気持ちが増している」は少数
❏新型コロナウイルスを受けて、結婚を躊躇する意識も見られる


Q. 新型コロナウイルスによって恋愛観・結婚観に変化がありましたか?



❏新型コロナウイルス感染拡大前後のわずか2~3ヶ月で約2割の人が「恋愛観」に変化があると回答(上図)
❏「結婚観」に変化があったのは11%で、「恋愛観に変化があった」より少数(下図)
❏変化があったと答えた人は、恋愛観・結婚観ともに「性格や価値観の一致」「経済的な安定性」をさらに重視するようになった

Q. 「コロナ離婚」をご存知ですか?ご存知の場合、自分に関係があると思いますか?

❏未婚者の8割が「コロナ離婚」という言葉を知っていると回答
❏「コロナ離婚」を知っていると回答した人の3割は「自分にも関係がある」と感じている
❏「パートナーと過ごすことや結婚を難しいと感じる」など、恋愛・結婚に対するハードルが上がっているという意見も

Q. 現在恋活・婚活は行っていますか?

❏恋活・婚活を行っていない人の6割強が、新型コロナウイルスを受けて活動を休止中
❏休止した理由は、婚活パーティーなどオフラインイベントが中止になったため

Q. 新型コロナウイルス終息後、恋活・婚活方法に変化はありますか?

❏4人に1人が「コロナ後」の恋活・婚活方法に変化有りと回答
❏「密を避ける」「オフラインコミュニケーションを大切にしいたい」のほか、マッチングアプリなどオンラインでの恋活・婚活手法に期待する声も


❏withコロナ時代でも、「友人の紹介・趣味・職場」などの自然な出会いへの希望は高い(右図)
❏合コンや婚活イベント、パーティーなどのオフライン活動の人気は低い(右図)
❏マッチングアプリ利用意向者からは「相手の相性を見極めやすい」「コロナ禍でもリスクが低い」との声も(左図)
❏ビデオデートについて「直接会わなくても自分に合う人かどうか判断しやすい」といった好意的な意見も(左図)

■Pairsについて
2012年10月にリリースされた、利用率No.1*の恋活・婚活マッチングアプリ です。特長は、豊富な検索機能と、10万を超えるコミュニティを通じて、条件や趣味・価値観の合う理想のお相手とつながることができる点。業界初かつ唯一の24時間365日オペレーター常駐での画像およびテキスト投稿監視体制で、安心・安全に会員同⼠が交流することができます。2013年10月、台湾版Pairs『派愛族』リリース。2017年9月、韓国版Pairs『페어즈』リリース。2019年1月、累計会員数1,000万人突破。
*MMD研究所xスマートアンサー「2019年マッチングアプリ ・アプリの利用実態調査」より

公式サイト:https://www.pairs.lv/
対応端末:iPhone/Android
対応言語:日本語、繁体字中国語、韓国語
サービス地域:日本、台湾、韓国
サービス開始日:2012年10月
価格:ダウンロード無料
開発・運営:株式会社エウレカ
App Store:https://itunes.apple.com/jp/app/id583376064
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.eure.android.pairs

■株式会社エウレカについて
エウレカは、”人生に「あってよかった」と思ってもらえるものを。”をミッションとし、
「かけがえのない人との出会いを生み出し、日本、アジアにデーティングサービス文化を定着させる。」をビジョンに掲げ、国内最大級の恋活・婚活マッチングアプリ「Pairs」と、オンラインで提供する結婚相談所「Pairsエンゲージ」を展開しています。
内閣府調査(※)によると20~30代未婚者の約8割が結婚を希望する一方で、職場など生活の身近なところで出会う機会が減少し、未婚化・少子化が進行しています。そのような中、マッチングアプリは新しい出会いの方法として受け入れられ、急速に市場拡大しています。
エウレカは2015年よりマッチングアプリで世界最大のシェアを獲得している米Match Groupに参画し、グローバルな知見を活かして国内の未婚化・少子化解決に寄与すべく事業を推進しています。
また、すでにサービスを展開している日本・台湾・韓国以外のアジア各地域にもサービスを広げ、更なるグローバルでのシェア拡大を目指しています。

※ 平成26年度「結婚・家族形成に関する意識調査」報告書

<会社概要>
所在地:〒108-0073 東京都港区三田1-4-1 住友不動産麻布十番ビル 4階
代表者:代表取締役CEO 石橋準也
設立日:2008年11月20日
資本金:1億円 ※2016年3月時点
事業内容:恋活・婚活マッチングアプリ「Pairs」、オンライン結婚相談所「Pairsエンゲージ」
従業員数:145名
関連会社:Match Group(米国)、株式会社ペアーズブランシュール(日本)
URL:http://eure.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Sep
19
今日の40代おしゃれコーデ

【落ち感がきれいなカーディガンブラウス】で秋の着こなしの幅が広がります[9/19 Sat.]

【落ち感がきれいなカーディガンブラウス】で秋の着こなしの幅が広がります[9/19 Sat.]

PICK UP

PRESENT

L.L.Bean「トートバッグ」を計8名様にプレゼント!

L.L.Bean「トートバッグ」を計8名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。