Prtimes商品サービス

男性中心社会に受け入れられようとモヤりながら見えた 男性と対等で心地よいコミュニケーションの形とは?

株式会社 大和書房

「精神科医ナースになったわけ」著者最新刊!『男との付き合い方がわからない』発売

株式会社大和書房(本社:東京都文京区、代表取締役:佐藤 靖)は『男との付き合い方がわからない』(著者 水谷 緑)を2020年7月22日に発売いたします。

大ヒット作『精神科医ナースになったわけ著者最新刊!

『精神科医ナースになったわけ』(イーストプレス)で一躍話題となり、現在月刊!スピリッツで『こころのナース夜野さん』を連載中の人気漫画家・水谷緑さんの最新刊『男との付き合い方がわからない』が発売される。
物心ついたときから男性の目線が気になり、心を開けずにいた。男社会に受け入れられようと頑張ることに、モヤモヤを感じていた。そんな著者が、男女それぞれの生きづらさを知って見えてきた、対等で心地よいコミュニケーションの形とは?共感必至のコミックエッセイ!

■男性が苦手は本人の問題だろうか?
著者は恋愛も結婚も望む30歳。恋愛経験はあるが、男性を前にするとぎこちなくなる。相手にどう見られているかが気になり過剰反応…こういった女性は一般的に「こじらせ系」というレッテルを貼られがちだが、本当にそれは本人だけの問題なのだろうか。
(C)水谷緑

■常に男性から「評価」されていると感じ続け、男性に恐怖を抱く
学生時代に男性教師や同級生から「評価」され「自分は選ばれない存在」と痛感。ありのままでいてはいけないという挫折感を抱いたことで男性に心を開けずにいた。
就職し、マッチョな男性中心の企業で、自分を押し殺し必死に男性に認められようとするも、自然体で媚びない女性の方が評価される事態に直面。自分を見失う。

■結婚に焦り、婚活1000本ノックで見えてきたこと
結婚相談所に入会し、男性が好む“女らしい”女性として振る舞う事を徹底して、たくさんの男性に会う。しかし今度は自分が男性を「評価」する裁判官となり、男性を上からか下からしか見れず、横から見ることが出来なかった。

■自然体を見失ったとき発覚した乳がん
32歳で乳がん発覚。それまで女性に生まれてよかったと自覚したことのなかった著者が、胸を切除する状況に直面し「女性としての身体」を大切に思っていたことに気づく。自然に女性らしく着飾ることを、誰かに評価されるためにするのではなく、ただ自分がワクワクし、気持ちを上げるために行う。それは女性としてのうれしみや誇りを感じられるきっかけとなった。
(C)水谷緑

■男性中心の社会でも男性も生きづらかった
精神科の看護師さんへの取材をきっかけに引きこもり、自殺、うつは男性の割合が高いことを知る。生まれた時から「評価」する立場で、恵まれているはずの男性がなぜ?
第2章では「男の生きづらさ」を探っていくこととなり、男性の見えざる部分が浮かび上がってくる。
(C)水谷緑

今までと異なるコミュニケーションでありのままの自分でいたら自然と結婚できた
婚活をやめ、ありのままの自分として自然と付き合える夫と出会い、結婚。今まで男性とまともなコミュニケーションが取れていなかったという事に気づく。
それでも夫婦間のコミュニケーションならではの難しさも改めて実感していく。
(C)水谷緑
(C)水谷緑

男性からの評価を怖がったり、求めたり、虐げられたり、見下したりしているうちに男との付き合い方がわからなくなった(エピローグより)

恐怖の対象だった男性を知ろうとした先に何が見えたのか? 著者渾身の実録コミックエッセイ!

cakesで中身の一部を特別公開中!

発売を記念して、只今cakesで中身の一部を特別公開中!
気になる方はぜひチェックしてください!

https://cakes.mu/series/4517

【目次】
プロローグ 男との付き合い方がわからない

第1章 男の前で自然体でいられない
第1話 選ばれない人間
第2話 自分を変えたいけれど
第3話 自分のからだが自分のものじゃなくなる
第4話 彼氏はできても心は開けない
第5話 ストーカーで無力感を思い知る
第6話 マッチョな業界に就職 男に認められたい
第7話 男の人も心地いいのか?
第8話 婚活で女らしさを演じる
第9話 「女らしさ」を演じきれず婚活をやめる
第10話 母からの伝統、女性の性欲の否定
第11話 女としての誇り

第2章 男の生きづらさを知りたい
第12話 相談できない男
第13話 母親の差別
第14話 マイナス感情をなかったことにする
第15話 “男らしさ”は幻想
第16話 自分のタイプ
第17話 男とのコミュニケーション
第18話 結婚の決め手
第19話 うまくいかない結婚生活
第20話 夫は異星人
第21話 夫婦はやりとりしながらつくっていくもの
第22話 権力がある方がえばれる
第23話 男の子を妊娠したけれど

第24話 社会が男の育児を阻む

エピローグ 男を知りたい

プロフィール水谷 緑(みずたに・みどり)
神奈川県生まれ。2014年、『あたふた研修医やってます。』(KADOKAWA)でデビュー。著書に『精神科ナースになったわけ』(イースト・プレス)、『32歳で初期乳がん 全然受け入れてません』、『大切な人が死ぬとき』(竹書房)、ニッポン放送アナウンサー・吉田尚記との共著『コミュ障は治らなくても大丈夫』(KADOKAWA)等。月刊!スピリッツ(小学館)にて『こころのナース夜野さん』連載中。

書籍概要
書名 :男との付き合い方がわからない
著者 :水谷 緑
発売日:2020年7月22日
販売元:株式会社大和書房
本体 :1200円+税 
関連URL:http://www.daiwashobo.co.jp/book/b510535.html
Amazon:
http://urx.red/Q0vA

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Aug
13
今日の40代おしゃれコーデ

ちょっとそこまでのお買い物には【マーメイドラインのワンピ】で女っぽく[8/13 Thu.]

ちょっとそこまでのお買い物には【マーメイドラインのワンピ】で女っぽく[8/13 Thu.]

PICK UP

PRESENT

CONTROL FREAK「カゴバッグ」を計6名様にプレゼント!

CONTROL FREAK「カゴバッグ」を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。