Prtimes商品サービス

パリのハイジュエリー1点物を専門とするアトリエをご紹介

ATELIER D’ORNEMENTS

パリのジュエリーアトリエ、ATELIER D’ORNEMENTSが確かな技術で製作した新作をご紹介します。

パリのハイジュエリー1点物を専門とするアトリエをご紹介
パリのジュエリーアトリエ、ATELIER D’ORNEMENTSが確かな技術で製作した新作をご紹介します。

ATELIER D'ORNEMENTSはパリを拠点とする、一点物専門のジュエリーアトリエです。

フランスではピエスユニークと呼ばれる一点物をオーダーする文化が根付いています。

オートクチュールのように昔からオリジナルなものを仕立てる文化が栄えてきた背景があり、芸術性、オリジナリティを重視する志向から、今でもカジュアルに一点物をオーダーする文化があります。

職人にとっても、製作過程の一部のみの専門職ではなく、全体を構成できる技術とセンスを持つことは憧れであり、クオリティの高さを表します。現在では3Dなどを使用するアトリエも増えていますが、あくまで手段のひとつと捉え、基本的には手仕事によって一点物を完成まで仕上げる技術を持ち、顧客様との関係性を作りながら共に成長していくのがフランスの一点物専門のジュエリーアトリエの在り方だと言われています。

また、フランスはジュエリーの専門用語が日本とは比較にならないくらい充実しています。

日本や英語圏の国では内容に関係なくジュエリー職人と呼ばれますが、フランスではハイジュエリーのみを扱うジョワリエ、貴金属とダイヤ/サファイア/エメラルドのみを扱うビジューティエ、それ以外のファッションアクセサリーはフォンテジー(日英ではファンタジー)と区別されています。

ATELIER D'ORNEMENTSでは貴金属と貴石のみを使用し、クオリティと独創性にこだわった一点物を製作しています。
今回は、その中からブライダルリング、小ぶりながらゴージャスなペンダントの2点をご紹介します。

【Wedding bands】

グレーとホワイトのダイヤモンドのコントラストが綺麗なブライダルリング。こういった少し特殊なカラーや形も、ディアマンテールと呼ばれるダイヤ専門の業者を通して1点から調達できます。

このリングはジュエリー用の石の彫刻の職人をしている方からのオーダーでした。
デザインも彼女によるもの。テクスチャーと石の組み合わせが、ペアで全く同じなのではなく、逆になっているところがポイントです。

日本ではプラチナ950が一般的ですが、フランスでは900を使用することがほとんどです。

【Small Gorgeous Pendant】

少しボリュームのある、普段使いもできるサイズのペンダント。フランスでは年代を問わず、普段使いでもこれくらいのボリュームでゴールドと宝石のジュエリーをさらりと着けている人が多く、センスを感じます。

普段使いだからと言って華奢すぎない、アクセサリーではない本物を着けることでぐっと品が出る気がします。

他のアイテム、オーダーに関する詳細につきましては以下のウェブカタログ、もしくはInstagramアカウントをご覧ください。
取材などのご依頼はプレス専用メールアドレスまでお願いいたします。

【ATELIER D’ORNEMENTS】

-Catalog
https://drive.google.com/file/d/1fYxsFQN5d8xf64bw_AQIeB9PqrNvaWQ1/view?usp=sharing

-Instagram
https://www.instagram.com/atelier_d_ornements/

-Mail
Press@atelierdornements.com

Studio: Paris 75003

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Aug
11
今日の40代おしゃれコーデ

【ロングシャツ】の鮮度をアップするナロースカート[8/11 Tue.]

【ロングシャツ】の鮮度をアップするナロースカート[8/11 Tue.]

PICK UP

PRESENT

CONTROL FREAK「カゴバッグ」を計6名様にプレゼント!

CONTROL FREAK「カゴバッグ」を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。