Prtimes調査レポート

火災保険はどれくらい保険金請求が行われている?どの災害が多い?保険金申請者にアンケートで訊いた保険金利用目的を公開|保険のはてな

東晶貿易株式会社

火災保険で最も保険金が申請されるのはどの災害?保険金申請者にアンケートで訊いた保険金利用目的を公開しました。

東晶貿易株式会社が運営する「保険のはてな」(https://hoken-hatena.net/)は全国2405人の20歳~59歳の男女を対象に、火災保険での保険金申請の経験についての調査を行いました。

火災保険に加入しているのは回答総数2405人のうち、53.2%の1279名でした。

今回は火災保険に加入している1279名を対象に、火災保険への保険金申請経験の実態についてアンケート調査と実施いたしました。

■調査概要
アンケート内容:火災保険の加入状況と保険金申請の経験に関するアンケート
調査:2020年9月~10月5日
調査対象:20歳~59歳の男女2405人(内訳:男性1070人・女性1335人)
調査エリア:全国

■調査結果の概要

火災保険に加入しているのは全体の53.2%
・加入期間中に実際に保険金申請をした人の割合は15.3%
・保険金申請で最も多い申請内容は「風災」
・保険金申請の94.4%が保険金申請に通過している実績あり

■火災保険・共済に加入しているのは全体の53.2%

年代ごとに均等に選出した20歳~59歳のうち、53.2%の人が火災保険に加入していると回答しています。

■加入期間中に実際に保険金申請をした人の割合は15.3%

火災保険に加入していると回答した人のうち、加入期間中に実査に保険金申請をした人の割合は15.3%でした。

火災保険は火災・台風・落雷など、自然災害に適用される保険です。地震以外の災害に広く対応しています。

15.3%ということは、加入者の6~7人に1人は請求していることになります。

決して少なくない確率で、保険金を請求する被害にあっていることがわかります。

■保険金申請で最も多い申請内容は「風災」


実際に保険金申請を行った人に対して、どのような内容で申請を行ったかを調査したところ、「風災(台風や竜巻)」の被害が最も多いことがわかりました。

近年では台風が日本本土に接近する機会も多いことから、台風被害や竜巻被害に関する被害の補償が必要になる機会が多いようです。

また台風に関連する水災補償も4番目に活用されていることから、風災だけでなく豪雨などによる水害被害への保障にも活用されていることがわかります。

続いて保険金申請が2番目に多く行われている災害として火災が、3番目には破損・汚損が挙げられています。

火災保険では、予測のできない突発的な事故で家の建物や家財が破損してしまった場合に、保険金を受け取ることもできます。

主な契約内容である火災やその他の災害での保険金申請が行われる一方で、破損・汚損のように生活上で発生する損害に関しても、保険金申請を行うケースも多いようです。

■保険金申請の94.4%が保険金申請に通過している実績あり


実際に保険金申請を行った火災保険加入者のうち、94.4%の人が審査に通過して保険金を受け取っています。

火災保険では保険金申請の際には、保険会社に対して申請書類を送って被害状況を申告する必要があります。

申告の際に被害状況を示す目的で専門の業者に対して見積もりの依頼を行い、損害保険鑑定人の調査が行われるのが一般的な流れです。

専門業者に見積もりを取ってもらうと被害状況を確認してもらえますし、修理に必要な金額を試算してもらえます。

しかし5.6%の人が保険金申請が通過していない数字がある以上、申請して見積もりを取ったからといって保険金申請が必ず通ると保障されているわけではないことがわかります。

■火災保険の保険金申請について

今回のアンケート調査から、火災保険で実際に保険金申請が行われる機会は約15%と、意外と少なくない数字であることがわかりました。

また実際に保険金申請を行った人の中で、風災が最も申請の多い災害であることもわかりました。

ただし破損・汚損補償を活用している方が3割程度いることからもわかるように、災害だけではなく日常生活で起きた損害にも広く活用されています。

そして保険金を請求した人のうち、約94%の人が保険金を受け取れている

火災保険に加入されている方は、一度ご自身の加入されている保険の保障内容を確認してどんな保障が利用できるかを確認してみましょう。

また火災保険では保険の保障内容によっては申請できる災害と申請できない災害で分かれています。

異常気象が発生している今だからこそ、火災保険の保障について考える時間を設けてみてはいかがでしょうか。

保険のはてなについて

弊社が運営する「保険のはてな」は、保険に対する疑問を解消できるコンテンツを掲載している、保険情報総合メディアです。

生命保険や損害保険だけではなく、保険の悩みを解決する保険代理店や保険相談窓口の情報も掲載しています。
「保険に加入したいけどわからない言葉がある」

「保険に付いて相談したいけどどこに相談したらいいかわからない」と保険に関連した悩みをお持ちの方は、ぜひ保険のはてなで疑問を解消してみてください。

保険のはてな:https://hoken-hatena.net/

東晶貿易株式会社について

会社名:東晶貿易株式会社
代表者:代表取締役 大泉 弘晶
所在地:東京都港区六本木3-2-1 グランドタワー38F
TEL:03-6230-9978
ホームページ:https://www.tosho-trading.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Oct
19
今日の40代おしゃれコーデ

久しぶりに【女らしいスカート】を通勤着のスタメンにもどして[10/20 Tue.]

久しぶりに【女らしいスカート】を通勤着のスタメンにもどして[10/20 Tue.]

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

Ezick(エジック)のジャケット、セットアップ、ブラウスを計9名様にプレゼント

雑誌購入限定プレゼント

ONE BY KOSÉ 「メラノショット ホワイト D」を10名様に、 「セラム ヴェール」を10名様にプレゼント

会員プレゼント

「QUOカードpay」¥5,000分を10名様にプレゼント

会員プレゼント

平成30年間の化粧・美容を一まとめ!「平成美容開花」を10名様にプレゼント

PICK UP