Prtimes調査レポート

令和時代の結婚観を調査!20代独身男性の30%が「専業主夫でもOK」と回答した理由とは?

株式会社ネクストレベル

株式会社ネクストレベル(本社所在地:神奈川県横浜市、代表取締役:田中大洋)が運営する『縁結び大学』(https://jsbs2012.jp/date/)では、11月22日の「いい夫婦の日」にちなみ、30歳以下の未婚男女314名を対象に、“令和世代の結婚願望”について調査を行いました。

若年者の間では、結婚は“したい人がするもの”という価値観がある一方、「いつかは結婚したい」と思っている人が多数派となっています。また共働きを前提とすることにより、家庭内での男女の役割への意識は変化してきています。ただ「結婚したら収入と家事の分担はどうしたいか?」という質問では、男女間の微妙な考えの違いも浮き彫りになりました。

理想の夫婦のあり方についての男女の意識を比較し、令和世代の結婚観をお伝えします。

30歳以下の男女で、結婚願望を持っているのは約70%

今回の調査では、30歳以下で「いつかは結婚したい」と思っている人は、男性で70.1%、女性で73%でした。男性の方が「結婚願望がない」人が少し多いものの、概ね10人のうち7人は結婚願望があるということが分かりました。

「30歳までに結婚したい」が30%、「33歳以上で結婚したい」は18%!

「結婚願望がある」と答えた人に「何歳までに結婚したいか」についても聞いてみました。
男性は30歳が一番多いものの33歳以上も24%で、「30代半ばまでに結婚」という人が多数を占めました。
女性も30歳がボリュームゾーンですが、「25歳までに結婚」と「33歳以上で結婚」という人がどちらも14.6%で時期を二分しています。

男性は収入、女性は出産が結婚を考える年齢の基準に

次に「なぜ、その年齢までに結婚したいか」の理由について尋ねました。

【結婚時期についての意見(男性)】

男性は「自分が家計を支えなければ」という責任感から、「収入が安定してから結婚したい」と考えているようです。

【結婚時期についての意見(女性)】

女性の場合は、妊娠出産の年齢的なリスクを考えて、結婚の時期を考えている人が多いようです。

結婚願望は「精神的な支え」と「子ども」が大きな理由

結婚したい理由の1位は男性が「支え合える人がほしい」、女性が「子どもが欲しい」という結果になりました。2位はそれぞれ「子どもが欲しい」、「支え合える人が欲しい」となっており、この2つが独身の人にとって“結婚の目的”となっていることが分かります。

また「結婚するのが当たり前」「親からのプレッシャー」と言った意識は、あまり高くありません。この世代は、結婚に義務的な思いを抱いていないと言えそうです。

【結婚したいと思う理由】

結婚願望がない理由は「独り身の方が向いている」「結婚への憧れがない」から

「結婚願望がない」「分からない」と回答した人に理由を聞いたところ、最も多かったのは「独り身の方が向いている」で21.3%です。2位は「結婚への憧れがない」で18.4%、3位は「相手がいない」で14.7%でした。結婚したいと思わない具体的な理由を聞いてみました。

【結婚願望がない理由】

回答者の多くは20代で、仕事が面白くなってくる時期でもあります。人によっては、結婚は「必ずしも幸せではない」「自由を奪われる」と感じる人もいるようです。

結婚願望がなくても「支え合える人」は欲しい!でも「子どもが欲しい」人は少数派

30歳以下で結婚願望がない人は、将来に不安はないのでしょうか?それを調べるために、結婚願望がある人が挙げた”結婚したい理由”と同じ項目について、自分に当てはまる気持ちがないか質問してみました。

すると、26.6%の人が結婚願望がある人と同じように「支え合う人が欲しい」と感じていることが分かりました。また、「金銭的」「病気」「老後」について不安があると答えた人もいました。

ただし「子どもが欲しい」という項目については6%と、結婚願望がある人と大きな開きがあることが分かります。結婚願望がない人のうち、一定数は「子どもが欲しくないから結婚したくない」と考えているようです。また、上記のグラフのような気持ちを抱いているにもかかわらず、結婚に前向きになれない理由についても、ヒアリングしてみました。

【結婚に前向きになれない理由】

「家族を持てるほどの収入がない」という意見は、男性に多く見受けられました。また、「支え合う人が欲しい」「病気、老後が心配」という悩みは、結婚制度を選択しなくても解消できると考える人もいるようです。

まとめ|30歳以下の独身男女の結婚願望

30歳以下の独身者の結婚願望については、まとめると次のことが言えそうです。

●7割が結婚願望を持っている
●30歳までに結婚したい人が多い
●結婚したい時期=男性“収入が安定する年齢”
         女性“出産したい年齢”
●結婚願望あり=精神的な支え&子ども欲しい
●結婚願望なし=独身がいい&結婚に憧れない
●結婚願望なくても“支え合う人”は欲しいが、“子ども”は欲しくない

結婚後に「収入も家事も同等」を希望するのは男性の方が多い!

それでは、30歳以下の独身の男女が考える理想の結婚生活はどのような形なのでしょうか?上のグラフは、男女別に「収入」と「家事」のバランスで、理想のスタイルを選んでもらった結果です。

最も多かったのは、男女とも「夫と妻が収入も家事も同等」という回答でした。ただし、男性は55.1%だったのに対し、女性は45.9%にとどまっています。“結婚生活において男女平等”を希望するのは、女性よりも男性の方が多いことが分かりました。

2番目に多かった「夫の収入が主、妻が兼業主婦」は、男性が21.5%に対し女性は37.2%となっています。こちらは女性の方が15.7%も高く、女性は「家事や育児をしながら少し仕事もしたい」と思う人が一定数いるようです。

3位は「夫の収入のみ、妻が専業主婦」というパターンです。男性が15.9%、女性が13.5%と、こちらは男女の回答に大きな差は見受けられませんでした。それぞれの意見をピックアップしてみました。

【収入と家事の分担|男性の意見】

男性の回答からは、「自分の収入だけでは不安なので妻にも稼いでもらいたい」という本音が垣間見れます。

【収入と家事の分担|女性の意見】

女性としては「ふたりで稼いだ方がよい生活ができる」という意見がある一方、「自分は家事や育児を担い、夫にはしっかり働いて家計を支えてほしい」という意見もあるようです。

妻のほうが収入が高いと「自分ももっと頑張りたい」と思う男性が60%

「収入」も「家事」も同等に分担したいという意見が多い男性ですが、もし女性の方が収入が多い場合はどう思うのでしょうか?

調査では、「稼ぐことはいいが自分も頑張りたい」と考える男性が61.7%であることが分かりました。「自分の収入が少ないと傷つく」という人は少数ですが、手放しに「助かる!もっと稼いで欲しい」と思う人は、29%にとどまっています。

“全て男女平等で”と言いつつも、男性の方が収入が多いことにプライドを持っている人が少なからずいるということが、この結果から分かります。

夫のほうが家事が上手いと「自分ももっとやらなきゃ」と思う女性が50%

反対に女性には、もし男性の方が家事が得意だったらどう思うかを、聞いてみました。
1位は「助かるが自分もやらないとと思う」で、50.7%でした。2位の「助かる!もっと家事をお願いしたい」は45.7%と、1位と2位が僅差となっています。

女性にとっての「家事」は、男性の「収入」に対する意識とは違い、「やってもらえるならその方がよい」と言った合理的でお互いが補完しやすい役割であると言えます。

妻が「専業主婦になりたい」なら、男性は49%がOK

男女とも「収入」と「家事」は平等に分担したいと言う人が多いですが、結婚相手から「専業主夫・主婦になりたい」と言われたら、どう受け止めるのでしょうか?ここには、男女で大きな違いが出ました。

男性の方は49%が「専業主婦になってもらってよい」と回答。具体的には以下のような意見が上がりました。

【「専業主婦を希望」に対する意見】

「一人では家計が厳しいので、妻にも働いてほしい」という意見もありましたが、男性の中には「女性が専業主婦を望むなら自分が頑張って家計を支える」と考える人も一定数いるようです。

夫が「専業主夫になりたい」なら、女性は30.9%が「別れる」と回答

夫が「専業主夫になりたい」と言った場合、「OK」と回答した女性はわずか15.9%でした。また「稼いでもらえないなら別れる」という人が30.9%に及びました。

【「専業主夫を希望」に対する意見】

実際のところ現状では、女性の平均収入は男性に比べて低く、妻が夫よりも収入が多い家庭は多くありません。また妊娠・出産・育児を考えると、女性は男性に易々と「専業主夫でいい」とは言えないのが多くの人の意見です。
男女平等とは言っても、現実の結婚生活では「女性が男性の収入を期待せざるをえない」のは否めません。

「専業主婦(夫)になってほしい」と言われたら、男女ともに約30%がOK!

先ほどの質問とは逆に、相手から自分に「専業主夫・主婦になってほしい」と要望された場合も聞いてみました。
その結果、男女ともに「パートなどで少し働く」が1位で、次に多かったのは「専業主婦(夫)になってもよい」でした。

男女別でみていくと、「専業主夫になるなら別れる」という男性は12.2%にとどまり、「専業主婦になるなら別れる」という女性も10.6%いました。

現代の独身男性にとって「専業主夫」は、環境さえ許せば「なりたい」生活と認識されている面もあるようです。また女性に関しては、「専業主婦」願望の女性も一部みられるものの、それよりも多くの人が「自分もある程度の収入は得たい」と考えていることが分かりました。

【「専業主婦(夫)になってほしい」と言われたときの意見】

専業主夫・主婦に対しての考え方には、男女の違いよりも個人の考えの違いが色濃く反映されています。「家にいて家事をしたい」「仕事を頑張って収入を得たい」という考えは、男女問わず人それぞれです。世間や周囲の声に惑わされず、自分の考えに合うパートナーを見つけることが、幸せへの近道ではないでしょうか。

まとめ|「収入」と「家事」の分担、男女の意識の違い

30歳以下の独身者が考える「収入」と「家事」の分担については、以下のことが言えそうです。

●「収入も家事も同等」との希望は男性が多い
●夫が専業主夫を希望なら、別れる女性が3割
●女性の「家事」は、男性の「収入」ほどプライドに関わるものではない
●「専業主婦(夫)になってもよい」は男女とも3割
●分担の希望は、男女の違いよりも個人の考えの違いの方が大きい

性別で役割を決める必要なし!お互いに不公平感のない関係性を目指して

30歳以下の独身男女の結婚願望や、家庭での役割分担についての意識を見てきましたが、いかがでしたか?これから結婚する世代は、今まで性別で分担してきた家庭内の役割に固定観念を持っていないことが、今回の調査から感じ取れました。

ただ男性は「1人の収入で家族を養う自信がない」反面、女性は男性に「収入のメイン担当」を希望しているというところで、男女の意識のズレも見受けられます。出産や育児で女性により多くの負荷がかかる現状や、性別での収入格差が改善されていけば、より多くの独身者が「結婚」をもっとポジティブに捉えられるようになるかもしれませんね。

調査方法:インターネットアンケート
アンケート母数:計314名
実施日:2020年10月19日~10月26日
調査実施主体:縁結び大学(https://jsbs2012.jp/date/
調査会社:株式会社ネクストレベル

■縁結び大学はこんなメディアです■

【運営会社】
株式会社ネクストレベル
https://next-level.biz/
横浜・福岡にてWebメディア運営とシステム開発事業を展開。
『最新のマーケティング技術を用いて社会発展を目指す』をミッションとし、2008年の設立より婚活関連のマーケティングを始め、常に最新のマーケティングを取り入れ、多くの情報を発信。

【運営メディア】
マッチングアプリ大学
https://jsbs2012.jp/
派遣BOOK
https://jobseek.ne.jp/
脱毛ピース
https://arts-center.gr.jp/

【関連記事】
まずは「相手探しから・・」という方にオススメのページ

◎結婚相手と出会える婚活アプリランキング:
https://jsbs2012.jp/marriage/knowhow/konkatu_rank.html
◎恋愛できる相手を探せるマッチングアプリ:
https://jsbs2012.jp/matchingapp/detail/matchingapp_means.html

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Nov
28
今日の40代おしゃれコーデ

クリスマス会の打ち合わせ「今年はどーする?」[11/29 Sun.]

クリスマス会の打ち合わせ「今年はどーする?」[11/29 Sun.]

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

ランコム ジェニフィック アドバンストNを計20名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

会員プレゼント

星野リゾート宿泊ギフト券¥50,000を1名様にプレゼント【会員限定プレゼント】

会員プレゼント

人気インフルエンサー発の韓国コスメ「ユイラ」を3名様にプレゼント!【会員限定プレゼント】

会員プレゼント

動画配信サービスを気軽に!「Netflixプリペイドカード」¥3,500を10名様にプレゼント【会員限定プレゼント】

PICK UP