Prtimes商品サービス

ルイ・ヴィトン 銀座並木通り店、2021年3月20日オープン

ルイ・ヴィトン ジャパン株式会社

(C)Daichi Ano, Louis Vuitton
このたび、大きな期待が寄せられていたルイ・ヴィトン銀座並木通り店が2021年3月20日(土・祝)に装いも新たに大胆に生まれ変わります。青木淳とピーター・マリノという2人の著名な建築家が美の対話を紡ぎながら練り上げた、自然主義にインスピレーションを得た建物は、外観も内観も目を見張るような驚きに満ちています。

この建物は、1981年からルイ・ヴィトンが店舗を構えてきた同じ街角に佇み、この上なくモダンなファサードは、水の反射を物質的な現象として解釈しています。詩的ながらも遊び心に溢れ、揺らぎやリズムを感じさせる外観は、港湾都市としての東京に由来し、かつて海に突き出た砂洲だった銀座を想起させる水の要素が、なめらかに波打つ表面──変化する色彩が伝送されるガラスのファサードおよび特徴的な階段や作り付けの内装など──を通して表現されています。4フロアにわたる店舗スペースは、シーズナルな新作をご紹介する常設のポップイン・スペースが備わり、上階にはプライベートサロン専用フロアが設けられています。こうした特別なストア体験は、著名なシェフ 須賀洋介とメゾン ルイ・ヴィトンとの2度目のコラボレーションとなる「LE CAFE V( ル・カフェ・ヴィー)」でもお楽しみいただけます。また、ルイ・ヴィトン初のチョコレートラインとなる「LE CHOCOLAT V( ル・ショコラ・ヴィー)」は4月下旬より順次展開予定。

映し出される銀座
青木淳が手掛けたファサードは「水の柱」を象徴し、2層のガラスが一体化しながら水の流れを表現します。ほとんどシームレスな窓枠は、さざ波のような曲線を描き、その3次元の表面は、無限のカラーバリエーションを生み出すダイクロイック加工を施したガラスで強調されています。通りに面した1階の外壁には銀座のダイナミズムが映し出され、上階の外壁には近隣に立ち並ぶ高層ビルが立ち昇る波のように映る一方で、空の景色がガラス全体に広がり、1日の時の流れを示すのです。
夕刻には、煌びやかに踊るような光の反射が夜空へと溶け込み、まるでイリュージョンを連想させます。また、2フロア分の高さを誇る透明な開口部は、街角に沿って曲線を描き、空間が広がる店内へと続く遠近感を演出しながら、ルイ・ヴィトンのシグネチャーであるウィンドウ・ディスプレイが展開されます。

絶え間ない流れのように
この建物の有機的な美をさらに印象づけるのが、ピーター・マリノによる店内デザイン──中央の階段は、彫刻を施したオーク材のリボンのように広がり、縁にはガラスが嵌め込まれています。
店舗の後方にある2つ目の階段には、藤村喜美子の絵画《Wave Blue Line》(1977年)を石膏でアーティスティックに再解釈した4フロア分の高さのフィーチャーウォールがあしらわれています。
空間デザインの至るところに水の循環が表現されたメタファーが続き、店内を進むごとに水の流れを感じさせる曲線のカウンターや天井パネルに気が付くでしょう。こうした効果に加えられるのは、モルテン・ステンベークやイサム・ノグチが手掛けた、ウッドやガラスのニュアンスが軽やかな丸みを帯びたファニチャー。エレベーターも水や空を想起させ、鏡によって増幅したさざ波のような金属の表面が、限りなく続く水平線を想わせる遊び心を感じさせます。

ストアのナビゲーション
7階のうち、1-4階を占めるのが店舗スペース。1階は、ウィメンズのレザーグッズ、ウォッチ&ファインジュエリー、常設のポップイン・スペースで構成され、2階は、ウィメンズ・レザーグッズに加え、アクセサリーやトラベル、フレグランスのフロアになっています。そして3階にもプレタポルテやシューズなどのウィメンズの世界が広がりますが、その上の4階は、フロア全体がメンズ・アイテムで構成されています。プライベートサロンは6階に
設けられ、最上階の7階には「LE CAFE V(ル・カフェ・ヴィー)」があります。

より充実した製品展開
銀座並木通り店では、新作から定番までメゾンのコレクションのフルラインナップを展開すると共に、このたび新たにオープンを記念し、2014年に「アイコンとアイコノクラスト:Celebrating Monogram」プロジェクトで川久保玲が手掛けたレザーバッグを再デザインした限定モデルを発表。この伝説的なデザイナーとルイ・ヴィトンとの初コラボレーションは、2008年にまで遡ります。当時、川久保玲は6種類のカスタマイズしたモノグラム ・ キャンバスのバッグをデザイン。それは1978年、日本初のルイ・ヴィトンストアがオープンして以来、培われてきたメゾンのクラフツマンシップやサヴォアフェール(匠の技)へのアプローチを賞賛するものでした。

また、エクスクルーシブなアイテムとして、刺繍やパールで装飾したメンズの「LV オリ ・ ライン スニーカー」、全体に刺繍をあしらった「モノグラム」のシークインドレス、ブルーとパープルのサファイアで
美しいグラデーションを施したウォッチ「タンブール スリム」をご用意。銀座並木通り店限定のバッグには、
グレーのキャンバスとネイビーブルーのレザーが時空を超えた調和を奏でる「カプシーヌBB」、歌舞伎役者の十一代目市川海老蔵とのコラボレーションでデザインされたモノグラム・キャンバスの化粧ケース「ボワット・ファルマシー」などがあります。

色彩豊かなエネルギー
ピエール・ポランやステファン・レオのアシッドカラーのファニチャーをはじめ、エド・モーゼスやヴィック・ムニーズなどの作品の色彩がストアに生き生きとしたエネルギーを吹き込みます。椅子やデザインオブジェ、カーペット、アートの配置が、さまざまな色彩表現で調和し、ウィメンズ・フロアでは印象派のようなピンクやオレンジ、メンズ・フロアでは彩度の高いレッドやターコイズ、ライムと変化していきます。さらに、プライベートサロンでは、落ち着いた色調とポップカラーのアクセントがミックスして、モジュール式のレイアウトデザインが、より
広々としながらも親密感のあるセッティングを実現させています。加えて、藤村喜美子やイダ ・トゥルシック&ウィルフリード・ミル、ピーター・デイトンなどの抽象アートの色彩が、多様な形式によって、気分を高揚させて刺激をもたらすテーマとしての役割を果たします。

店舗情報
ルイ・ヴィトン 銀座並木通り店
中央区銀座7-6-1
2021年3月20日(土・祝)オープン
営業時間:11:00-20:00
定休日:不定休
T 0120 20 4106

【ルイ ・ ヴィトンについて】
1854年創業以来、ルイ・ヴィトンは、革新とスタイルを組み合わせた独自のデザインを、常に最高級な品質で
提供しつづけています。現在でも、ルイ・ヴィトンは、トラベルラゲージ、バッグ、アクセサリーなどの製品を通じて、クリエイティブでありながら、エレガントで、実用的という、創業者ルイ・ヴィトンが生み出した「旅の真髄(こころ)」の精神を忠実に受け継いでいます。ルイ・ヴィトンというストーリーを作り上げたのは、「大胆さ」でした。伝統を重んじ、歴史の中で建築家、アーティスト、デザイナーに門戸を開き、プレタポルテ、シューズ、アクセサリー、ウォッチ&ファインジュエリー、フレグランスなどの分野を開拓してきたのです。これらの丁寧に製作された製品は、ルイ・ヴィトンがクラフツマンシップにいかにこだわりを持ってきたかという証となっています。

【お問合せ先】
ルイ・ヴィトン クライアントサービス
0120-00-1854

#LouisVuitton #ルイヴィトン #LVGinza

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Jun
12
今日の40代おしゃれコーデ

厚底スポサンで美脚効果とスポーツ感を堪能![6/12 Sat]

厚底スポサンで美脚効果とスポーツ感を堪能![6/12 Sat]

会員限定PRESENT

会員プレゼント

抽選で200名様に10,000円分の丸の内プレミアム商品券プレゼント!【会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

crie confortoの「セージグリーンの服」を計9名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

ヘレナ ルビンスタイン リプラスティ R.C. クリームを計20名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

会員プレゼント

星野リゾート宿泊ギフト券¥50,000を1名様にプレゼント【会員限定プレゼント】

PICK UP