Prtimes調査レポート

母の日.me「コロナ禍における母の日の過ごし方」実態調査アンケート

まくら株式会社 メディア事業部

「お母さんと別々に過ごした」が67.2%で、前年度よりも増加。

母の日に特化した情報メディアサイト「母の日.me」( https://hahanohi.me/ )は、2020年のコロナ禍における母の日の過ごし方、生活者の行動や意識変化を把握するため、全国の10代~70代の男女(計500名)を対象に「コロナ禍の母の日に関するアンケート調査」を実施。その結果を公開しました。

なお、今回の集計結果の詳細は「母の日.me」サイト上にて掲載しております。
・昨年の母の日はどのように過ごしましたか?( https://hahanohi.me/survey017/ )
・コロナ禍で2020年の母の日に変化はありましたか?( https://hahanohi.me/survey018/ )

2020年、新型コロナウイルス感染症が蔓延する中で迎えた、初めての母の日。
毎年お母さんと一緒に食事をしたり、旅行や買い物などに出掛けていた方も、感染予防のために外出を自粛し「例年とは違う母の日を過ごさざるを得なかった」という人も多かったようです。

母の日.meでは、コロナ禍における生活者の行動・意識変化は、昨年の母の日の過ごし方にも影響があったと考えました。

そこで、全国の10代~70代の男女(計500名)を対象に「昨年の母の日はどのように過ごしましたか?」という質問でアンケート調査を実施。「お母さんと別々に過ごした:67.2%」、「お母さんと一緒に過ごした:28%」、「その他:4.8%」で、お母さんと別々に過ごしたと答えた割合は、2019年の調査データとの比較で15.7%増加する結果となりました。

■母の日をお母さんと別々に過ごした(回答割合)

2020年:67.2%
2019年:51.5%

■調査概要
調査エリア:全国
調査主体:母の日.me
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:10代~70代の男女(計500名)
調査期間:2021年2月8日(月)~2月18日(木)

■昨年(2020年)の母の日はどのように過ごしましたか?



■「お母さんと別々に過ごした」と答えた人の理由
・私が接客業で不特定多数の方と接触してしまうため、大事をとって贈り物だけ配送して、テレビ電話をしました。(30代)
・誕生日、買い物、観光など、会えるとき・行けるときに一緒に過ごしているので、母の日だからといって無理はしていません。(40代)

■「お母さんと一緒に過ごした」と答えた人の理由
・プレゼントを贈るだけなのは冷たいと思います。やはり共に時を過ごすことも大事だと思います。(30代)
・実家へ行って母と娘ならではの様々なお喋りを楽しみました。年齢的にお互いもう若くはないので、できるうちにたくさん一緒に過ごす時間を過ごしたいなと思っています。(40代)

さらに、「コロナ前と比べ、2020年の母の日に変化はありましたか?」という質問でもアンケートを実施。
「コロナ前と変わらなかった:70.8%」、「コロナ前と比べて変化があった:27.6%」、「その他:1.6%」という結果となりました。

■コロナ前と比べ、2020年の母の日に変化はありましたか?



■「コロナ前と変わらなかった」と答えた人の理由
・実家暮らしなので特にコロナの影響はなかったです。(20代)
・感謝の気持ちを電話で伝えるという面では何も変わりはなかったです。(40代)
・毎年、母の日ギフトをネットから手配しているので、変化はなかったです。(50代)

■「コロナ前と比べて変化があった」と答えた人の理由
・毎年実家にプレゼントを届けるついでに顔を見せに行っていましたが、去年はコロナの心配もあるので宅配便で済ませました。(40代)
・ほぼ毎年、だいたい京都か奈良に旅行していましたが、行けなくなりました。(40代)
・贈り物はプレゼントしましたが、直接渡すことができなかったのでパソコンを使ったビデオチャットで会話をしました。(50代)

■まとめ
コロナが蔓延する前から、半数以上が「別々に過ごしている」という状況でしたが、2020年では緊急事態宣言もあり、「感染予防のために一緒に過ごすことを自粛した」という意見が多くみられました。お母さんと一緒に過ごしたと答えた方は、もともと実家に同居しているケースが殆どでしたが、中には離れて暮らしているからこそ、「直接感謝を伝えたい」「母の日くらいは一緒に過ごしたい」という意見もありました。

「コロナ前と比べて母の日に変化があった」と答えた人を見てみると、「いつもは一緒に過ごしているが昨年は出来なかった」という意見が目立ちました。毎年食事をしたり旅行に行ったり、お母さんと一緒に過ごすことが恒例になっている人ほど、影響を実感しやすかったようです。一方で、普段からネット通販を利用してギフトを贈っている人は特別な変化を感じることはなかったようで、「変化はない」「いつもどおり」という意見が多くみられました。

3月21日をもって新型コロナウイルスの緊急事態宣言が全面解除されましたが、今後の状況次第では2021年の母の日も、昨年と同じく感染予防を意識した過ごし方になるのかもしれません。

母の日についての様々な情報を発信している、母の日に特化した情報メディアサイト「母の日.me」では、毎年の母の日はいつ?を解決してくれるコンテンツをはじめ、今人気の母の日ギフトがわかる300以上のギフトランキングなど、プレゼント選びでお悩みの方に役立つ情報を発信しています。
また、ギフトの予算、どこで購入しているか、選ぶ時に重視するポイントなど、みなさんの気になる「世間のギフト事情」も定期的に調査していますので、これから贈り物を選ぶ方は、ぜひアンケートを参考にしてみてください。

【 母の日.me 】
URL:https://hahanohi.me/
Twitter:https://twitter.com/hahanohi_me
Facebook:https://www.facebook.com/hahanohi.me/
運営会社:まくら株式会社(千葉県柏市)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Jun
12
今日の40代おしゃれコーデ

厚底スポサンで美脚効果とスポーツ感を堪能![6/12 Sat]

厚底スポサンで美脚効果とスポーツ感を堪能![6/12 Sat]

会員限定PRESENT

会員プレゼント

抽選で200名様に10,000円分の丸の内プレミアム商品券プレゼント!【会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

crie confortoの「セージグリーンの服」を計9名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

ヘレナ ルビンスタイン リプラスティ R.C. クリームを計20名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

会員プレゼント

星野リゾート宿泊ギフト券¥50,000を1名様にプレゼント【会員限定プレゼント】

PICK UP