Prtimes商品サービス

LGBTQ 当事者による日本初のジェンダーフリーなウェディングサービス「keuzes wedding by HAKU」が開始。

株式会社クーゼス

株式会社クーゼス(本社:東京都千代田区、代表取締役:田中史緒里、以下keuzes)と株式会社スペサン(本社:東京都文京区、代表取締役:植松健佑、以下スペサン)は、2021年4月よりLGBTQ+のカップルに向けたオリジナルウェディングサービスを共同展開いたします。
LGBTQ+の社会課題解決をミッションとし多くの当事者と繋がりを持つkeuzesと、スペサンが提供してきたオリジナルウェディング「HAKU」の共同オペレーション設計により、当事者カップルに一切の不安やストレスを感じさせないウェディングプロデュースを実現します。

keuzes wedding by HAKU 公式サイト:https://wedding.keuzes.co.jp/
公式Instagram:https://www.instagram.com/keuzes_wedding/

「この人と一生を共にしたい」と思える相手がいる幸福を、全ての人が祝えるように。

keuzesは、当事者である代表 田中の実体験をもとにこれまで「女性体型に合わせたメンズオーダースーツ」や「生理用ナプキンをつけられるボクサーパンツ」を開発・販売しています。

全国を訪問する方法によりこれまで数百名のLGBTQ+当事者と話し、日々の生活や人間関係に関する悩みを聞いていく中で、大きなトピックとしてあがってきたのが「結婚」でした。結婚式そのものを行うことへのハードルの高さと、これまでのウェディングサービスへの違和感については多くの方がお話しされていました。例えば、「接客の際にオープンスペースではなく個室に案内される」「プランナーに特別扱いされ過ぎる」など一つひとつを上げれば限りがありません。

既に多くのウェディングサービスがLGBTQ+当事者へ配慮した提供を行っていますが、本当の意味で当事者カップルが幸福になれるサービスであるには、当事者自身によるサービス設計が不可欠であると考えています。
このような背景があり、多くのLGBTQ+当事者と出会ってきた keuzes と、 オーダーメイドのウェディングをプロデュースしてきた HAKUが手を取り合うことで、心から笑顔になれるウェディングを提供することとなりました。

LGBTQ+当事者による当事者のためのオリジナルウェディングは日本初となり、keuzes weddingをきっかけに一組でも多くのカップルが「結婚」という選択を考えられるような社会に繋げていきたいと考えています。

【keuzes 代表 田中のコメント】


ふたりの間には確かに愛があって、共に生きていきたいという思いもある。
そんなふたりに、今後の人生も共に生きると互いに誓い合い、幸せを周りに祝福してもらう場はあるべきだと思っています。
ふたりを祝福できる時間はその場にいる誰にとっても幸せで忘れられない時間になるはずです。

【HAKU ブランドマネージャー 柴田のコメント】


「こんな日が来るとは思わなかった」これまでの結婚式では一度も聞かなかった言葉です。
おふたりが抱える想いや不安を全て理解することはできないかもしれません。でも、おふたりの心に向き合い寄り添うことで、大切なひととの架け橋になれると信じています。

独自のオペレーション設計によるストレスフリーなウェディングプロデュースを実現

本サービスの提供にあたっては、LGBTQ+当事者と数多く繋がりを持ち代表自身が当事者でもあるkeuzesによって、挙式当日及び当日までのプロセスにおいてカップルの不安やストレスが無いサービス提供を目指します。

<具体例>
・関係スタッフへのkeuzesによる事前セッションの実施
・プロデューサーへのコミュニケーション研修
・会場におけるトイレのサイン表記などを独自に調整
…他

数多くのオリジナルウェディング実績があるHAKUとの共同事業により、フルオーダーでオリジナルの「わたしたちだけ」の結婚式を実現

keuzes weddingでは、会場から当日のコンテンツまで全て一からからプロデューサーと一緒に作り上げるオリジナルウェディングを提供します。
スペサンが提供するオリジナルウェディング「HAKU」にはこれまで数多くの結婚式プロデュース実績があり、通常の結婚式とは異なり、ジェンダー面でのサポートやフォローも必要となるkeuzes weddingにおいても、細やかなサービス提供の実現が可能です。

また、当事者同士の結婚がまだ一般的ではない日本においては、家族や友人からのご理解や共感を得ることが非常に大きなハードルとなることがあるため、プロデュースにおいてはHAKUの掲げる「大切な人たちに心から喜んでもらえる」という視点が不可欠となります。

「ふたりだけ」にしかできない結婚式を、「ふたりの大切な人たち」にも喜んでもらえるようなプロデュースを行っていきます。

フォトウェディングキャンペーンご参加カップルのコメント

本サービスの開始に先立ち、4組のカップルにフォトウェディングを提供いたしました。
実際のプロデューサー達と一緒に当日までコミュニケーションを取った皆様から感想をいただきましたのでご覧ください。

▼友美さん・瞳さん


今現在の日本で、結婚することができない私達がフォトウエディングを撮る。
この意味は一体何なのか、正直なところ本番当日まで分かりませんでした。

結婚できたわけじゃない、ただウエディングドレスを着て写真を撮るだけ。
新型コロナの影響で、柴田さんと田中さん、パートナーの4人でzoomミーティングをしたあの日。
愛の形と同様、結婚式にもいろんな形があって、2人がありのままでいられる空間や、ウエディングドレスを提供したい、というお二人の気持ちに、素直に「フォトウェディング撮ってみたいな」と思ったのは今でも覚えています。
柴田さんと田中さんに実際直接お会いしたのは、衣装合わせと本番当日のたった2回です。

それでもなぜか全力の信頼を寄せていたのは、お二人が心の底から、性別関係なく、愛し合う2人のために最高に幸せな時間を過ごして欲しい、という気持ちを私達が感じ取ったからだと思います。
本番当日、たった数時間の撮影が生涯忘れることのない最高の思い出になりました。

周りから祝福されることがどれだけ幸せなことか、それを諦めようとしていた自分にバカだな、とも思いました。
結婚式をしたい気持ちは漠然とあったけれど、今では、柴田さん田中さんはじめ"keuzes wedding"の皆さんにお願いしたい、一緒に結婚式を作り上げたいと強く思っています。
結婚できないから、結婚式をしちゃいけない、フォトウェディングを撮っちゃいけない、そんな法律はありません。

自分が選んだ、生涯共にするパートナーとの幸せを皆に見届けて欲しい、祝ってほしい、その気持ちだけで十分です。
keuzes weddingをきっかけに、多くの同性カップルが幸せな未来を描けるよう願っています。

▼和志さん・玄太さん


付き合った当初からずっと結婚式には憧れがありましたが、親や職場にもカミングアウトしていない自分たちにはとてもハードルの高い夢でした。
ですが一緒に生活していくうちに何故この幸せを恥ずかしいと隠して生きているのだろう。と疑問に思い少しずつ周りの人にカミングアウトをしていきました。
ついに親にも彼を紹介し、今は堂々と2人でカップルであることを公表しカフェを経営しています。

交際を始めもうすぐ5年。公私共に支え合い一生一緒にいるんだろうな、と日々の幸せを感じながら生活する中、今回のフォトウエディングのお話をいただき、今のありのままの2人を形に残したいと思い、まだまだ手には届かない夢への一歩を踏み出しました。

当日はプロのスタイリストさんに準備していただき着替え後は非日常の高揚感いっぱいで撮影時は緊張するのではないのかと思っていましたが、支度を終えた彼と対面した時には自然と笑顔が溢れました。撮影中は常にリラックスでき、衣装は着飾ってますが普段通りの等身大の2人の時間が流れていたと思います。
我々自身、改めて結婚を意識することが出来とても記念になりました。今回のフォトウエディングが同じ境遇の誰かに希望を与えられたら嬉しいです。
今回このような機会をくださりありがとうございました。

▼弥耶さん・夏穂さん


今回keuzes weddingの企画に参加させていただき、私たちは結婚式への考え方がすごく変わりました。
今までは結婚を選択できないのが当たり前で、結婚式とは無縁の世界の中で生きてきました。

なので、2人の思い出として「フォトウェディングくらいは撮ってみたいよな~」と話していた1週間後くらいに、この企画を見つけて応募させていただきました。
まず、結婚をするかしないかの選択もできない私達のような同性同士のカップルに、結婚式やフォトウェディングをプレゼントしてくれるという企画自体が、私にとって曇っていた世界が一気に晴れたような気がしました。

一生を一緒に過ごしていきたいと思っているパートナーと結婚式がしたいという夢に一歩近づけた素晴らしい体験でした。

ドレスやタキシードを選んだり、プロデューサーの柴田さんやkeuzesの田中さん達とお話をしていくうちに、どんどん結婚をリアルに感じることができ、自分達らしい姿でいられることに感動しました。
スタッフの方々の対応も素晴らしく、自分達がこの幸せを望めることが当たり前だと思わせてくれるような空間でした。

世の中で言う普通の幸せが、こんなにも幸せなんだと感じられた素晴らしい機会でした。同性婚への道のりはまだ長い社会の中で、セクマイカップルの方々に結婚式を形として残す選択を与えられる素晴らしいプランだと思います。

▼沙妃さん・玲子さん


「いつか、結婚できるようになったらいいな」「いつか、結婚式を挙げられたらいいな」とは思っていました。
でも、それが一体いつになるか分からない。この募集を見たとき、今、現在の自分たちをきちんと残しておきたいと思い申し込みました。

柴田さん、田中さんとはWEB会議でお話をしました。終始「どんなことがしたいですか?できるだけ叶えられるようにします」と言ってくださっていたのが印象的です。
色々と好きな写真のイメージを共有し、そのなかに1枚、カップルがハンバーガーショップで食事をしている写真があったのですが、なんと実際に撮影ではハンバーガーを用意してくださりました。

衣装合わせでは、いよいよ「結婚」な感じがしてワクワクしました。一方で、「女性用の服」「男性用の服」とくっきり区別された伝統的なドレスとタキシードを私たちが着ることに、なんとなく落ち着かない気持ちも。
せっかくなら、自分たちらしい恰好でも撮ってもらいたい!と思い、ドレス&タキシードと私服の2着で撮影ができないか柴田さんに相談したところ、快くOKしてくださり、撮影時間をそれぞれ半分ずつ使えるよう調整してくださりました。

撮影場所は一軒家のようなスタジオで、想像していたよりずっと素敵な空間でした。当日は、メイクとヘアセットをしてもらい、衣装を着て、撮影し、また服を着替えて撮影し、と大忙しだったと思いますが、温かく迎えてくださりました。

このような機会を与えてくださり、ありがとうございました。

お問い合わせ先

keuzes wedding by HAKU 公式サイト:https://wedding.keuzes.co.jp/
公式Instagram:https://www.instagram.com/keuzes_wedding/

■お問合せ先
本サービスについての取材やお問い合わせは、以下よりご連絡ください。
お問い合わせを頂きましたら、順次担当よりお返事致します。
TEL:(原則リモートワーク中に付き、お電話での問合せをご遠慮頂いております)
MAIL:wedding@keuzes.co.jp

■株式会社クーゼスについて
会社名:株式会社クーゼス(keuzes Inc.)
設立:2018年3月
本社所在地:東京都千代田区神田小川町1-8-3
代表者:代表取締役 田中史緒里
事業内容:アパレル、オーダースーツ販売
URL:https://keuzes.co.jp/

■株式会社スペサンについて
会社名:株式会社スペサン(Special Thanks Inc.)
設立:2015年4月
本社所在地:東京都文京区白山1-28-9
代表者:代表取締役 植松健佑
事業内容:サプライズプロデュース事業/オリジナルウェディング事業 / 各種イベント・パーティーなどの総合演出
URL:http://www.sp-thanks.com
大切な人たちに心から喜んでもらえるオリジナルウェディング「HAKU」: https://haku-cb.com/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Jul
25
今日の40代おしゃれコーデ

ハイウエストならボーダー×カラーパンツもバランス良好に[7/26 Mon.]

ハイウエストならボーダー×カラーパンツもバランス良好に[7/26 Mon.]

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

ボーテ ド ラ・ドンナ「PHA クレンジング」20名様「PS セラム」15名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

会員プレゼント

星野リゾート宿泊ギフト券¥50,000を1名様にプレゼント【会員限定プレゼント】

PICK UP