Prtimes商品サービス

GW中、Amazon経済・社会小説ランキング1位を独走! 林真理子著『小説8050』が異例の緊急重版!

株式会社新潮社

 

林真理子著『小説8050』新潮社刊
いじめや引きこもりという重いテーマを扱っているにもかかわらず林真理子の新作小説『小説8050』がゴールデンウィーク中、Amazon経済・社会小説ランキング1位を独走。

 週刊新潮誌上に連載中から、「涙なくしては読めない」「我が家のことかと思うほどの臨場感」「単行本化はいつになるのか」という読者からの激励、問い合わせが殺到し発売前重版もとなった本作だが、著者が4月30日にNHK「あさイチ」プレミアムトークに出演し自著について語ると売り上げが爆発。

 すさまじい売れ行きに新潮社は5月6日、緊急重版を決定し、累計部数は5万部を突破した。

<林真理子さんのコメント>
「友人知人から『書店で売り切れていて買えなかった』と私のところにまで問い合わせが殺到しています。テレビで紹介されたことで、子育て世代の方々が『明日は我が身』と思ってくれたのでは」

<本書に対する帯推薦者のコメント>
三浦友和さん(俳優)
「息子や妻を本当に理解できているのか? 自分を重ねてのめり込んだ」

大島美幸さん(森三中)
「ただただ苦しい。自分の中学時代とリンクし、記憶が蘇る。悔し涙が止まらない」

尾木直樹さん(尾木ママ/教育評論家)
「強烈な写実(リアル)に心震え、希望に涙。林文学の真骨頂!」

●あらすじ
美しく従順な妻と優秀な娘にめぐまれ、完璧な人生を送っているように見える大澤正樹には、決して家族以外に知られたくない秘密があった。有名中学校に合格し、医師になることを目指していたはずの長男の翔太が、7年間も自宅に引きこもったままなのだ。「弟のせいで結婚ができない」――相手家族に結婚を反対された娘の悲痛な叫びに、正樹はついに息子と向き合う決意をするが……。

林真理子著『小説8050』
価格1800円+税
発売日:4月30日

●著者紹介
林真理子(はやし・まりこ)
林真理子さん

1954(昭和29)年、山梨県生れ。1982年エッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が大ベストセラーになる。  1986年「最終便に間に合えば」「京都まで」で直木賞、1995(平成7)年『白蓮れんれん』で柴田錬三郎賞、1998年『みんなの秘密』で吉川英治文学賞、2013年『アスクレピオスの愛人』で島清恋愛文学賞、2020(令和2)年、菊池寛賞を受賞し、「同一雑誌におけるエッセーの最多連載回数」としてギネス世界記録にも登録される。そのほかの著書に『不機嫌な果実』『アッコちゃんの時代』『我らがパラダイス』『西郷どん!』『愉楽にて』など多数。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Jun
19
今日の40代おしゃれコーデ

トレンド最先端【バレルデニム】はシンプルシャツ合わせでもサマになる[6/19 Sat]

トレンド最先端【バレルデニム】はシンプルシャツ合わせでもサマになる[6/19 Sat]

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

crie confortoの「セージグリーンの服」を計9名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

ヘレナ ルビンスタイン リプラスティ R.C. クリームを計20名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

会員プレゼント

星野リゾート宿泊ギフト券¥50,000を1名様にプレゼント【会員限定プレゼント】

会員プレゼント

あなたの「好き!」を教えてください!【STORY experienceメンバー大調査アンケート】

PICK UP