Prtimes調査レポート

【VIO脱毛は海外では当たり前?!】在日外国人女性に聞いてみた「海外の脱毛事情」とは?

株式会社パザパグループ

7割以上の在日外国人女性が、日本と海外では脱毛の意識が違うと回答

VIO脱毛専科サロン『NICOL』を運営する株式会社パザパグループ(本社所在地:愛知県名古屋市、代表取締役:戸松 由枝)は、在日外国人女性を対象に「海外の脱毛事情」に関する実態調査を実施しました。

東京オリンピック開催まで、約3週間に迫りました。
今回のオリンピックは例年と異なり、外国人との交流が制限されてしまうところが残念ですよね。
しかし、テレビなどで出場する海外選手を見ることはできるでしょう。

皆さんは、オリンピックで活躍する海外選手の映像を目にした時、
「あの選手、綺麗だな」
と思ったことはありませんか?
日本人とは異なる骨格や髪色、目の色などは魅力的であり、憧れる方も多いかもしれません。

また最近では、海外で流行しているメイクや髪型、ファッションを紹介する動画やSNSアカウントが増えています。
海外インフルエンサーのおしゃれ事情を参考にしている女性もいるのではないでしょうか?
日本と比べて、海外の女性がどのように美容を意識しているのか、気になりますよね。

そこで今回、VIO脱毛専科サロン『NICOL』https://vio-nicol.com/)を運営する株式会社パザパグループは、在日外国人女性を対象に「海外の脱毛事情」に関する実態調査を実施しました。

女性の脱毛事情について、日本と海外ではどんな違いがあるのか、検証していきましょう。

【海外の脱毛事情】脱毛をしている人は半数以上!人気の脱毛部位は?

はじめに、海外の脱毛事情に関して伺っていきたいと思います。

在日外国人女性に「脱毛をしていますか?(すでに完了している方も含む)」と質問したところ、半数以上の方が『はい(53.4%)』と回答しました。

在日外国人女性の半数以上が、脱毛を経験していることがわかりました。
脱毛は多くの女性にとって、馴染みのあるケアとなっているのかもしれません。
また脱毛部位には、ワキや腕、VIOなど様々な選択肢があります。
人によって脱毛したい部位は異なりますが、主にどの部位を脱毛しているのでしょうか?

そこで「どの部位を脱毛したか教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『ワキ(48.0%)』と回答した方が最も多く、次いで『全身(39.3%)』『ひざ上・ひざ下(21.5%)』『VIO(19.5%)』『ヒジ上・ヒジ下(18.9%)』と続きました。

人目につきやすい『ワキ』を脱毛している女性が半数近くを占め、見た目に対する意識の高さが伺えます。
また、全身脱毛している場合もあれば、ひざ・ヒジといった部分脱毛を行っている場合もあるようです。
一方で、VIOの脱毛にも回答が集まっており、見えない部分もしっかり手入れする傾向が読み取れます。

実際の脱毛では、様々な施術方法が取られています。
できるだけ安全に脱毛し、綺麗な仕上がりにしたいですよね。
では、海外と日本では脱毛の施術方法でも違いがあるのでしょうか。

そこで「どのような手法で脱毛をしましたか?」と質問したところ、『レーザー脱毛(53.5%)』と回答した方が最も多く、次いで『サロン脱毛(31.8%)』という結果となりました。

半数以上の女性が、レーザーによる脱毛を選択したようです。
皮膚へのダメージや痛みを軽減してくれる手法が、人気だといえるでしょう。
また、サロンでプロの施術を受けることにより、安心して脱毛できるというメリットもありますよね。

【海外の脱毛事情】何歳から脱毛を始める人が多いの?

ここまでの調査で、2人に1人の割合で在日外国人女性が脱毛しているということがわかりました。
また、脱毛部位としてワキが支持を集める中、見えづらいVIOも脱毛している方がいるようです。

日本では若い世代を中心に脱毛が浸透しつつありますが、海外の女性たちはいつ頃から脱毛を始めているのでしょうか?

そこで、在日外国人女性に「母国では、いつくらいから脱毛を始める方が多いですか?」と質問したところ、7割以上の方が『10代後半~(31.9%)』『20代前半~(38.8%)』と回答し、10代後半から20代前半にかけて脱毛を始める方が多いことがわかりました。

7割近くの方が20代前半までに脱毛を始めているようですが、脱毛は美容・ファッション分野にも関わるからこそ、若い女性からの関心が高くなるのかもしれません。
綺麗でいたいという女性のこだわりは、世界共通だといえるでしょう。

では、在日外国人女性の家族や友人の脱毛事情はどうなっているのでしょうか?

そこで「家族や周りの友人は脱毛をしていますか?」と質問したところ、半数以上の方が『周りのほとんどが脱毛をしている(21.2%)』『脱毛をしている人の方が多い(35.9%)』と回答しており、身近な人の多くが脱毛しているということが伺えます。

周囲に脱毛している方が多いと、自然と脱毛に対するハードルも下がっていくでしょう。
このような環境が影響して、日本人女性よりも海外女性の方が脱毛に積極的なのかもしれません。

外国人から見た日本の脱毛事情との違いとは?

ここまでの調査で、海外では10代後半から脱毛を始める女性が多いということがわかりました。
また、家族や友人といった周りの方々も脱毛しているケースが多く見受けられるようです。
日本と比べて、海外では脱毛がよりポピュラーなものとして認識されているのかもしれません。

では、脱毛に対する認識は日本と海外で違いがあるのでしょうか。

そこで、「母国では脱毛をすることについて、どのように捉えられていますか?」と質問したところ、『エチケット・身だしなみ(61.1%)』と回答した方が最も多く、次いで『おしゃれ(21.5%)』と続きました。

6割以上の方が、脱毛を『エチケット』の一つだと考えているようです。
処理されていないムダ毛で、恥ずかしい思いをすることは避けたいですよね。
また、自由におしゃれを楽しむためにも、脱毛は重要だといえます。

脱毛をエチケットとして捉える在日外国人女性は、日本の脱毛に対する意識をどのように感じているのでしょうか?

そこで「日本と海外では脱毛の意識が違うと感じますか?」と質問したところ、7割以上の方が『はい(73.2%)』と回答しました。

多くの在日外国人女性が、日本と海外での脱毛意識に違いを感じているようです。
自国では当たり前の習慣や考えが、外国では通用しないということは十分あり得ます。
脱毛についても、それぞれの国で捉え方が異なるため、より一層ギャップが生まれやすいのかもしれません。

ここで、在日外国人女性が日本の脱毛について驚いたことや母国との違いについて、詳しく聞いてみました。

■日本の脱毛について驚いたことや、母国と違う点は?
・アンダーヘアまで脱毛する人があまりいない(20代/会社員/愛知県)
・アンダーヘアを整えることに対して恥ずかしいと感じている日本人が多いこと(30代/専業主婦/福岡県)
・エチケットという意識が低い(40代/専業主婦/大阪府)
・海外の方が脱毛の意識が高い(40代/会社員/青森県)

日本人女性がアンダーヘアを整えていないことに対する驚きの声が寄せられました。
デリケートな部位だけに、恥ずかしくて脱毛に踏み切れない日本人が多いのかもしれません。

一方で、海外の女性にとってアンダーヘアの脱毛は広く受け入れられているといえるでしょう。

【海外のVIO脱毛事情!】海外で人気のアンダーヘアの形とは?

6割以上の在日外国人女性が、エチケット・身だしなみの一環として脱毛しているようです。
一方で、日本と海外で脱毛の意識に違いがあると感じている方は7割を超える結果となりました。
特にアンダーヘアの脱毛に関しては、大きな意識の差があるといえます。

そこで、在日外国人女性に「母国ではアンダーヘアのケアは主流になっていますか?」と質問したところ、6割以上の女性が『主流になっている(21.5%)』『主流になりつつある(42.2%)』と回答しました。

アンダーヘアの脱毛があまり定着していない日本にいると、余計にその差が気になるのかもしれません。
今後、日本でアンダーヘアのケアが進んで実践されるようになれば、ギャップも解消されていくでしょう。

では、海外の女性はアンダーヘアを脱毛する際、どのような形に整えているのでしょうか?

そこで「母国で人気のアンダーヘアの形を教えてください」と質問したところ、『逆三角形(25.8%)』と回答した方が最も多く、次いで『ハイジニーナ(無毛)(19.7%)』『ナチュラル(16.1%)』『逆三角形(ミニ)(11.8%)』『Iライン形(7.7%)』と続きました。

逆三角形にすることで、アンダーからはみ出さないように気を付けている方が多いようです。
また、ハイジニーナで完全にムダ毛をなくしてしまうという手もあるでしょう。
いずれにせよ、アンダーヘアの脱毛によってVIOも美しく保つことが目的だといえます。

【まとめ】海外と日本で脱毛事情の違いが判明!外国人は日本人の「アンダーヘアは脱毛していない」という部分に驚いている!?

今回の調査で、半数以上の在日外国人女性が脱毛していることがわかりました。
また、海外では10代後半以降の若い年代が脱毛を進んで行っているようです。
日本よりも海外の方が、脱毛に取り組みやすい環境だといえるかもしれません。

さらに、6割以上の在日外国人女性が脱毛をエチケット・身だしなみとして考えていることがわかりました。
一方で、脱毛への意識が日本と海外で違うと感じる在日外国人女性も多いようです。

このような意識の違いは、特にアンダーヘアの脱毛という面に現れています。
6割以上の在日外国人女性が、母国ではアンダーヘアのケアが主流だと捉えているようです。
これから先、アンダーヘアの脱毛が日本でも盛んになることで、脱毛事情の差も埋まっていくでしょう。

VIO脱毛を通じて、憧れの海外女性のように見えないところまで美しさをキープしてみてはいかがでしょうか?

海外では主流?VIO脱毛ならVIO脱毛専科サロン『NICOL』


VIO脱毛専科サロン『NICOL』https://VIO-nicol.com/)は、『高速脱毛』『最短脱毛』『結果重視』で、忙しい女性にも安心して続けられるVIO専門の脱毛サロンです。

■『NICOL』は施術時間が3分?
純国産の高速美容ライト脱毛だからこそ可能となる、照射時間が3分という驚きの施術時間となります。
従来の脱毛機に比べ約4倍の出力で、さらにVIO専用モードで施術を行うことにより、短い時間でもより高い効果が得られ、時間がなく脱毛サロンに行くのを諦めていた方などにも最適です。

■完全都度払い制度

『NICOL』は、コース契約不要・月々払い契約不要・多額の現金払い不要となっております。
お支払いは1回ずつの支払いのみなので、安心してご利用いただけます。

さらに、超リーズナブルの価格でVIO脱毛の施術が受けられます!
===============================
・VIO脱毛 … 通常いつでも 5,500円(税込)
・VIO美白ケアトリートメント(色素沈着・黒ずみ改善) … 通常いつでも 5,500円(税込)
===============================

■痛みがなく、結果を重視した脱毛のヒミツ
純国産高速美容ライト脱毛機『RENAISSANCE LUNA』を使用。
女性から支持される、デリケートゾーンに着目した脱毛&美肌モードを搭載しております。

VIO脱毛をしたことがないという方も、VIO脱毛が完了したけどまだ物足りないという方も、都度払いだからこそ安心して施術を受けられるでしょう。
夏を向かえる前にアンダーヘアのお手入れをしたいという方は、VIO脱毛専科サロン『NICOL』でVIO脱毛を始めませんか?

■株式会社パザパグループ:https://pasapas-group.co.jp/index.html
■NICOL:https://VIO-nicol.com/
■TEL:0120-151-838

調査概要:「海外の脱毛事情」に関する実態調査
【調査期間】2021年6月18日(金)~2021年6月19日(土)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,018人
【調査対象】在日外国人女性
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

Jul
31
今日の40代おしゃれコーデ

ネイビーシャツ×ブルーデニムの王道カジュアルもユニクロで気兼ねなく楽しむ[7/31 Sat.]

ネイビーシャツ×ブルーデニムの王道カジュアルもユニクロで気兼ねなく楽しむ[7/31 Sat.]

会員限定PRESENT

会員プレゼント

星野リゾート宿泊ギフト券¥50,000を1名様にプレゼント【会員限定プレゼント】

会員プレゼント

WMF「Disney ミッキーマウス カトラリー6Pセット」を2名様にプレゼント【会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

「今っぽ盛りブラウス」を計6名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

クラランス ダブル セーラム EXを20名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

PICK UP