Prtimes商品サービス

目標金額502%達成!「帆布靴下」がMakuakeで先行販売を終了いたしました。【帆布の老舗タケヤリ】

株式会社タケヤリ

~廃棄ゼロを目指し、“帆布の残糸”を使用したエシカルな靴下~

ご好評いただいていた「帆布靴下」のプロジェクトが、先日ついに終了。目標金額100,000円に対し502%となる総額502,240円、197人のサポーターの方に支援いただいたことをご報告いたします。(プロジェクトページ https://www.makuake.com/project/takeyari-tex05/ )

目標金額500%以上達成&200人近くのサポーターから支援


2021年9月15日より、タケヤリが応援・購入サイトMakuake(マクアケ)で実施していた「帆布靴下」プロジェクト。
目標金額100,000円に対し502%となる総額502,240円、197人のサポーターの皆様にご支援いただき、10月8日に終了いたしました。

残糸をアップサイクルした「帆布靴下」


帆布は生産ロットが大きく、大量に生産する為、資材調達時にどうしても残糸(ざんし)がでてしまいます。廃棄してしまう原料を無駄にせず、何かつくれないか?そんな想いから今回プロジェクト立ち上げを決めました。
残糸を使用し、生地よりも生産ロット数の少ない「靴下」を編み立てることで、ロスを極限まで抑えます。

帆布の風合いの良さや、丈夫さを伝える


風合い豊かな日本製帆布の糸。直接肌で触れる製品を作ることで、帆布の新たな魅力を引き出します。
今回は靴下に落とし込むことで、帆布ならではのドライタッチな履き心地に。蒸れやすい靴の中を快適に保ちます。

丈夫さの鍵となるのは帆布の太い綿糸。本来織物用の糸を靴下の編機に入れることはありませんが、奈良県の靴下工場ギャレットさんの協力を得て実現しました。
糸を2本合わせて(引き換えて)2倍の太さにして編み立てているため、強度は抜群です。

応援コメント

SDGsが広がる昨今、環境面に配慮した取り組みに、ご期待の声を頂きました。
また、帆布という素材自体を楽しみにしていただいているコメントも多くありました。
現在は皆様からの応援を励みに、引き続き制作を進めております。

帆布靴下 応援コメントページ
https://www.makuake.com/project/takeyari-tex05/communication/supporter/

一部抜粋
『帆布生地でつくる靴下楽しみです!環境問題に意識した取り組みにとても共感しました。』

『とにかく綿100%がいいですね。履き心地が楽しみです。』

『珍しい織りの靴下楽しみです。』

『軍手を使っています。とても使い心地がいいので、靴下にも期待しています。』

今後の予定/活動レポート

発送は12月下旬を予定しています。お届けまで今しばらくお待ち下さい。
活動レポート(https://www.makuake.com/project/takeyari-tex05/communication/)では制作の進捗をご報告いたしますので、ぜひチェックを。
また、一般発売も検討しております。今回購入できなかった方も、続報をお待ち下さいませ。

【帆布靴下】

カラー:杢グレー・生成(予定)
仕様:10cm丈
サイズ:S(23.0cm~25.5cm)M(25.0cm~27.5cm)

プロジェクトページ
日本製タケヤリ帆布の丈夫な糸で作る靴下。残糸のアップサイクルプロジェクト!
https://www.makuake.com/project/takeyari-tex05/

タケヤリの公式オンラインサイト
https://bit.ly/3jbhQjc

タケヤリの公式インスタグラム(@takeyaricanvas)
https://bit.ly/3ASAuST

————————————–

■おすすめ商品■

【特別限定品 帆布残糸の軍手】

¥550(税込)
https://bit.ly/3n6Q5sS
靴下同様、残糸でつくられた軍手。
一般的な軍手のイメージとは一線を画す、色味や素材感が魅力です。アウトドアやDIY、ガーデニングなど、様々な場面でお使いいただけます。
3双セットで¥550というリーズナブルな価格も◎。

————————————–

【明治21年創業帆布の老舗タケヤリ】
明治21年(1888年)創業。岡山県倉敷市のタケヤリは、倉敷の帆布の半分以上を作る日本で最も古い帆布工場。
日本の山岳文化黎明期を支えた登山用リュック、職人の工具入れに始まり産業資材としては、とび箱、体育館マット、帆船、トラックの幌、ベルトコンベアなどの生地を織り、日本の歴史と人々の生活に寄り添ってきました。
綿糸の整経から織布、検査にいたるまで工場で働く職人の手が紡いでいく。
それぞれの工程に人の手が入る事で、ぬくもりのある高品質な帆布が生産できる。
「帆布といえばタケヤリ」と呼ばれ続ける理由がここにあるのかもしれません。
なかでもタケヤリが保有するセルビッチのシャトル織機はタケヤリにしか織ることができない、超高密度の極厚帆布を実現、高度な職人技術と受け継がれる織機が最高品質を保証しています。
タケヤリが織る最高品質を保証する櫻星をまとった超高密度帆布、帆布製品は、今もなお、国内だけでなく世界中で愛され続けています。

————————————–

会社HP:http://takeyari-tex.co.jp
公式オンラインストア:https://takeyari-tex.com
Facebook:https://www.facebook.com/takeyaricanvas
instagram:https://www.instagram.com/takeyaricanvas
イベント情報 instagram:https://www.instagram.com/takeyaricanvas_staff

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Dec
2
今日の40代おしゃれコーデ

パッと目を引くオールホワイトのワントーンは今季大注目のオシャレ感[12/3 Fri.]

パッと目を引くオールホワイトのワントーンは今季大注目のオシャレ感[12/3 Fri.]

会員限定PRESENT

会員プレゼント

眉アートメイク体験を3名にプレゼント【会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

2021STORYオブ・ザ・イヤー心に響いた神ブランドアイテムを計6名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

ラコステのショルダーバッグを計1名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

PICK UP