Prtimes商品サービス

マンガ家・おおがきなこさんのnoteが書籍化!『コロナ禍妊娠日記』が幻冬舎から発売されました

note株式会社

メディアプラットフォームnoteでマンガ家・おおがきなこさんが連載したマガジンが書籍化し、『コロナ禍妊娠日記』として幻冬舎から10月28日(木)に発売されました。コロナ禍に妊娠・出産した夫婦の葛藤と支え合いの記録がつまった一冊です。本書は、noteで連載していたマンガに加え、新しく描き下ろした産前・出産・産後の様子を加えて構成されました。

「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げるnoteは、これからもクリエイターのみなさんの活動をサポートしていきます。

『コロナ禍妊娠日記』

「どうしよう、ムリだよ」が「大丈夫」になるまで。
緊急事態宣言中に妊娠・出産した、夫婦の葛藤と支え合いの記録。

Twitter、Instagram、noteで共感の嵐!

「妊娠より、もうコロナの方が身近だった」「多分私、産むときもひとりなんだ」「4度目の緊急事態宣言、聞き慣れちゃって全然ヒヤヒヤできません」「赤ちゃんがいるからって強く優しくはならない」

面会もNG……。立会出産もできるのか…。
それでも、コロナに関係なく赤ちゃんは産まれてくる。異常事態のさなか、追いつかない心と真っ直ぐ向き合って過ごした日々の奮闘記。

書籍購入はこちらから:https://www.amazon.co.jp/dp/4344038576/
noteはこちら:https://note.com/tokyoasobi/m/mf1e466537122

著者・おおがきなこさん

1984年生まれ。漫画家。著書に『今日のてんちょと。』『いとしのオカメ』『いとしのギー』『エミ34歳、休職させていただきます。』。大人の心のひだを繊細に描く、優しく芯の強い作風が話題。
note:https://note.com/tokyoasobi Twitter:https://twitter.com/kinakobon
Instagram:https://www.instagram.com/yurui_kinako_san/
Instagram「イヌ日記」:https://www.instagram.com/kinakonoe/

著者・おおがきなこさんのコメント

幻冬舎さんに声をかけていただいた当時はまだ妊娠前で、こういうテーマの本になる予定ではありませんでした。コロナ禍のエッセイは描くつもりでしたけど、まさか妊娠するとは。

それで、途中から「妊娠日記みたいな感じでまとめましょう」って話になったんです。noteにアップしていた分も、担当編集者さんとやり取りしながら描いた漫画です。

noteを使い始めて2~3年ほど経ちましたけど、そもそもは『いとしのギー』『いとしのオカメ』の編集者さんにすすめられたのがきっかけです。「おおがさんの作風は文章を読むのが好きな人にも読まれた方がいいから、noteの層に合うと思う」って言われて。

で、なんとなく使い始めて、今度は『エミ34歳、休職させていただきます。』の編集者さんにキナリ杯(https://note.kishidanami.com/m/m51e055011da8)のエントリーをすすめられて、漫画なしのエッセイを書いたら優秀賞をいただけて。

確かに、noteは私に合ってるSNSだと思いました。

『コロナ禍妊娠日記』は漫画なんですけど、台詞よりもナレーション?の方が多いです。長い文章に絵がくっついてる感じ!これも、私のnoteでのエッセイを読んでいた編集者さんに「おおがさんは文章を書くつもりで漫画を描いてみたらどうでしょう」と言われたから。

なので文章を先に考えて、それに絵をつける進め方で描き上げました。やりやすかったー(笑)

妊娠中に感じてた「幸せそうにしてなきゃ」っていうプレッシャーとか、「でもコロナ禍だから深刻そうにもしなきゃ」っていう宛先不明な忖度の裏側を、もう描いちゃいたかった。

「妊娠したけど幸せ感じられてないよ」「子どもほしいってまだ思えないよ」って、世間の顔色なんか無視して言っちゃいたかった。なので言っちゃいました。
私と同じような妊娠生活を送っている人、過去送っていた人、妊娠経験はなくとも日々なにかに気を使って本音なんか言えない人、みんなに届くといいなと思います。

"言っちゃいけないひとりごとなんかないよ"いつでも、それが私の漫画のテーマです。
なので今回は、
"お母さんになるからって、言っちゃいけないひとりごとなんかないよ"
が、『コロナ禍妊娠日記』を通して伝わりますように。電子もありますよ!

書誌情報


書名:コロナ禍妊娠日記
著者:おおがきなこ
発行:幻冬舎
定価:1,210円
ISBN-10:4344038576
ISBN-13:978-4344038578
判型:四六判
頁数:128頁

クリエイターの活躍の場を広げる取り組み

noteでは、クリエイターが活躍する場を広げるための取り組みを行っています。具体的には、noteで話題のクリエイターをメディアパートナーに紹介し、出版や連載につなげる「クリエイター支援プログラム」や、作品の露出機会を増やすことを目指した企画やイベントの実施、クリエイターがスキルや実績を表明することで、仕事の発注をスムーズに行いやすくなる仕事依頼タブ機能などです。
さまざまな施策を通して、noteがクリエイターの本拠地になることを目指しています。
クリエイター支援プログラム:https://note.jp/n/ne63ac7ade641
仕事依頼タブ機能:https://note.com/info/n/ne04a4a189cd8

note

noteはクリエイターが文章や画像、音声、動画を投稿して、ユーザーがそのコンテンツを楽しんで応援できるメディアプラットフォームです。だれもが創作を楽しんで続けられるよう、安心できる雰囲気や、多様性を大切にしています。個人も法人も混ざり合って、好きなものを見つけたり、おもしろい人に出会えたりするチャンスが広がっています。2014年4月にサービス開始し、約1500万件の作品が誕生。会員数は380万人(2021年3月時点)に達しています。
https://note.com/
iOSアプリ:https://itunes.apple.com/jp/app/note-noto/id906581110
Androidアプリ:https://play.google.com/store/apps/details?id=mu.note

note株式会社

わたしたちは “だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。メディアプラットフォーム・noteは、クリエイターのあらゆる創作活動を支援しています。クリエイターが思い思いのコンテンツを発表したり、サークルでファンや仲間と交流したり、ストアでお店やブランドオーナーが商品を販売をしたり、note proを活用して企業や団体が情報発信をしたりしています。コンテンツ配信サイト・cakesも運営しています。
所在地:〒107-0061 東京都港区北青山3-1-2 青山セント・シオンビル 4階
設立日:2011年12月8日 代表取締役CEO:加藤貞顕 コーポレートサイト:https://note.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Dec
4
今日の40代おしゃれコーデ

定番アイテム同士でもリラックス感のあるサイジングで着こなしが新鮮に[12/4 Sat.]

定番アイテム同士でもリラックス感のあるサイジングで着こなしが新鮮に[12/4 Sat.]

会員限定PRESENT

会員プレゼント

眉アートメイク体験を3名にプレゼント【会員限定プレゼント】

会員プレゼント

「DRUM TAO」のS席チケットをペア2組4名様にプレゼント!【会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

2021STORYオブ・ザ・イヤー心に響いた神ブランドアイテムを計6名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

ラコステのショルダーバッグを計1名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

PICK UP