Prtimes調査レポート

【有名人の不倫】スポンサー企業や商品への影響は? 7割以上が「気にならない」

日本トレンドリサーチ

日本トレンドリサーチ・有名人の不倫に関する調査

日本トレンドリサーチ(運営会社:株式会社NEXER)は、「有名人の不倫に関するアンケート」を実施し、結果をサイト内にて公開したので紹介します。

■好きな有名人が不倫していたら、その有名人がイメージキャラクターをしている商品・サービスの利用を避けますか?
有名人の不倫のニュースが出ると、SNSやネット上では不倫をした有名人を非難する声が度々挙がります。
また、出演している番組を降板したり、CMが打ち切りになったりすることもよくあります。

実際に、不倫した有名人が出ている番組のスポンサー企業や商品に対してもネガティブな印象を持つという方はどのくらいいるのでしょうか。

今回は不倫した有名人本人ではなく、「スポンサー企業」や「イメージキャラクターをしている商品・サービス」に対してどのように感じるかについて調査しました。

今回は「有名人の不倫」について、事前調査で「好きな有名人がいる」と回答した全国の男女計600名を対象にアンケートを実施しました。

※本プレスリリースの内容を引用される際は、以下のご対応をお願いいたします。
・引用元が「日本トレンドリサーチによる調査」である旨の記載
・「日本トレンドリサーチ」の該当記事(https://trend-research.jp/13642/)へのリンク設置
・株式会社NEXER(https://www.nexer.co.jp)へのリンク設置

「有名人の不倫に関するアンケート」調査概要
調査期間:2022年3月24日~3月31日
質問内容:
質問内容 質問1:好感を持っている有名人がもしも不倫していた場合、その有名人についての苦情をメディアに対して伝えたりネット上に投稿したりしますか?
質問2:好感を持っている有名人がもしも不倫していた場合、その人が出ている番組を「観たくない」と思いますか?
質問3:好感を持っている有名人がもしも不倫していた場合、その人が出ている番組のスポンサー企業に対して、不快感や不信感などネガティブな印象を持ちますか?
質問4:その理由を教えてください。
質問5:好感を持っている有名人がもしも不倫していた場合、その有名人がイメージキャラクターをしている商品・サービスの利用を避けますか?
質問6:特に好きでも嫌いでもない有名人がもしも不倫していた場合、その有名人についての苦情をメディアに対して伝えたりネット上に投稿したりしますか?
質問7:好きでも嫌いでもない有名人がもしも不倫していた場合、その人が出ている番組を「見たくない」と思いますか?
質問8:好きでも嫌いでもない有名人がもしも不倫していた場合、その人が出ている番組のスポンサー企業に対して、不快感や不信感などネガティブな印象を持ちますか?
質問9:その理由を教えてください。
質問10:好きでも嫌いでもない有名人がもしも不倫していた場合、その有名人がイメージキャラクターをしている商品・サービスの利用を避けますか?
集計対象人数:600名(30代以下・40代・50代・60代以上 男女各75名)
調査対象者:男女

※原則として小数点以下第2位を四捨五入し表記しているため、合計が100%にならない場合があります。

■特に好きでも嫌いでもない有名人の不倫、2.7%が苦情をSNSなどに「投稿する」
まずは、不倫した有名人に対する苦情をSNSなどに投稿するかについて聞きました。

不倫した有名人が、自分の好きな有名人だった場合について聞いたところ、以下のような結果になりました。

「する」と回答したのは4.0%でした。
96.0%とほとんどの方は苦情を投稿「しない」ようです。

では、特に好きでも嫌いでもない有名人が不倫していた場合はどうでしょうか。

「する」と回答したのは好きな有名人の時より少なく、2.7%でした。
しかし、特に好きでも嫌いでもない有名人であっても、批判の気持ちをSNSなどで投稿「する」方は2.7%いるようです。

続いて、不倫した有名人が出ている番組を観たくないと思うかについてききました。
こちらも、好きな有名人だった場合と特に好きでも嫌いでもない有名人だった場合についてそれぞれ聞きました。

もしも不倫したのが好きな有名人だった場合は、38.2%の方が「観たくない」と「思う」と回答しました。
一方で、ファン以外の方は「思う」と回答したのは31.0%でした。

■スポンサー企業や、イメージキャラクターを務める商品については7割以上が「気にならない」

続いて、不倫した有名人が出ている番組のスポンサーについてもネガティブな感情を抱く方はどのくらいいるのか調査しました。
こちらも、好きな有名人だった場合と特に好きでも嫌いでもない有名人だった場合についてそれぞれ聞きました。

好きな有名人だった場合は28.2%、特に好きでも嫌いでもない有名人だった場合は24.5%の方が、ネガティブな印象を「持つ」と回答しました。

一方で、どちらも7割以上と多くの方は「気にならない」と回答しました。

それぞれの回答の理由についても聞いたので、一部を紹介します。

好きな有名人だった場合
番組のスポンサーについてもネガティブな印象を「持つ」回答理由

それまで好印象だったものが、一気に下がるのは言うまでもないことだしその人がかかわっていたものすべてのことに対し印象が悪くなる。(60代・男性)
他にタレントはいるのに、敢えて使う意味が分からないので。(60代・女性)
見る目がない、レベルの低い会社だと思ってしまうから。(50代・女性)
イメージの悪いタレントは遠慮してほしい。(50代・男性)
やはり人として問題がある人を使っているスポンサーには嫌悪感を感じる。(50代・男性)
不倫するような倫理観のない人物であったことに失望するし、そういった人物をプロモーションに使い続ける企業は価値観が合わないと感じるから。(20代・女性)
イメージがクリーンではないから。やっぱり連想してしまうから。(20代・女性)
その企業は不倫とかも容認しちゃうのかなぁと思うから。(90代・女性)
そういう人が勧めるようなメッセージを受け取りたくない。(30代・男性)

「気にならない」回答理由

その人の演技や歌が好きだから。不倫は良く無い事ではあるが、自分がされた訳でも無いし、本人たちの問題であると思うから。(50代・女性)
好きな人なら、何やっても許してしまうかな。好きだから。雲の上の人だから、何やっても自分の生活に響かないし、そういう行動に出てしまうほどの事ならしょうがない。(50代・女性)
不倫した当人が悪くても、その他のスポンサーとかは悪くないかなと。その不倫を応援、サポートしてるとかであれば別だけど。(20代・女性)
企業イメージは損なわれないと思う。本人も、きちんと仕事をしていれば気にならない。(50代・女性)
推しが不倫してたとして、個人的にもやもやは残るかもしれないけど、報道されて事実が世間に晒されたり、本人の家族仲が悪くなることで社会的制裁を受けて、しっかり謝罪してくれたらそれ以上詰めてもあとは本人が余計に傷付くだけになってしまうから、あまり深追いしたくはない。(40代・女
性)
プライベートと芸事は全く別物だと思っているから。(50代・男性)
不倫は個人の問題で何の影響もない外野が口をはさむことじゃないです。有名人は作品勝負です。作品が素晴らしいならその人の人格は関係ない。(40代・男性)
あくまでも本人達間の問題であって、企業には関係ない。むしろ企業側が迷惑を被るため可哀想だと思う。(20代・男性)
人間なので過ちもあるから。(50代・男性)
犯罪ではないし、当事者の問題なので特に気にしない。(50代・女性)
スポンサーは何も悪くない。むしろスポンサー側に同情して場合によってはスポンサーの商品の購入をするまである。(20代・女性)

特に好きでも嫌いでもない有名人だった場合
番組のスポンサーについてもネガティブな印象を「持つ」回答理由

自分がサポートしていたかは問題ではない。人として許せない。(20代・男性)
好き嫌い関係なく人として反省をし自粛してほしいです。(50代・男性)
何とも思ってなかった人に対して、そんな人間だったのだと幻滅するマイナスな感情がわくから。(50代・女性)
好きでも嫌いでもないので、その人やその人採用した企業に収入が入らないようにCMとかは見ないようにする。(10代・女性)
興味がない人に対しては不倫のイメージがチラつくので嫌いになってしまいます。(40代・女性)
ファンでもないなら余計にフォローする義理もなく、ただイメージが悪いです。(40代・女性)
そのような倫理観のないタレントを起用していることで、その企業のモラルに対する許容度がうかがわれる。その情報が間違いであるかもしれないし、何らかの貶める力が動いている可能性もあるが、取り敢えず起用は控えるべきだ。(70代・女性)

「気にならない」回答理由

好きな有名人でも嫌いな有名人でも一緒で、夫婦間の問題だと思うので。(30代・女性)
CM内のキャラクターを見ているので、本人は気にならない。(50代・女性)
あなたはその有名人の健全な恋愛でも見ていたかったのか?と聞きたいですね。芸能人だったら、その芸に影響が出なければ問題は無し。元々関心が無いのだからどうでもいいだけだけど。(50代・男性)
テレビの情報を得るために見るので、出ている人が不倫していることは重要じゃない。(30代・女性)
どうでもいい芸能人のスポンサーは余計気にならないから。(10代・女性)
安易な気持ちで芸能人に好意を抱くことはなく、自分が選ぶ商品についても好きな芸能人が宣伝しているからという理由で買うことは一切ないので。(50代・女性)
とにかく芸能人の行動とCM企業を結びつけて考えるのはゲスな考え方で賛同できない。(50代・男性)
好きでも嫌いでもなければ特に思いません。不倫は道徳的には悪かもしれないけど家庭や夫婦の問題なので。(50代・女性)
どうでもいいと感じている人なので、活動もどうでもいい。勝手にやってて、という感じになる。(40代・男性)
好きな有名人の場合でも気にならないのに、ましてやファンでない有名人がスポンサーをやっているからと言ってどうだというのか?一向に気にしない。(40代・男性)
基本、タレントと企業は関係ないと思います。(40代・男性)

最後に、不倫した有名人がイメージキャラクターをしている商品・サービスの利用について聞きました。
こちらも、好きな有名人だった場合と特に好きでも嫌いでもない有名人だった場合についてそれぞれ聞いています。

好きな有名人だった場合は、「一切避ける」が7.3%、「できる限り避ける」が22.0%、「気にならない」が70.7%でした。
特に好きでも嫌いでもない有名人だった場合は、「一切避ける」が8.3%、「できる限り避ける」が19.8%、「気にならない」が71.8%でした。

こちらも、全体的に「避ける」という方はあまり多くなく、7割以上の方は「気にならない」と回答していました。

■まとめ
今回は「有名人の不倫」について、出演している番組の「スポンサー企業」やイメージキャラクターをしている「商品・サービス」に注目してアンケート調査を実施しました。

ファン以外よりも、その有名人のファンのほうが苦情を投稿したり、出ている番組を観たくないと感じる方が多いようです。
やはり、応援していた分、残念な気持ちが大きいのかもしれません。

しかし、全体的に見ると、その有名人のファンでもファンでなくても、SNSで批判したり、番組を観なかったりする方は少ないようです。
出演番組のスポンサー企業や、イメージキャラクターを務める商品についても7割以上の方は「気にならない」と回答していました。

不倫が悪いことには間違いありません。
しかし、不倫をした人とされた人の当事者間で問題が解決したあとも、第三者が一方的に非難したり再起できないほどに貶めたりすることも、良いこととは言えないのではないでしょうか。

少しでも嫌な気持ちになる人がいるのであれば配慮する必要があります。
その一方で、ほとんどの人が気にしていないようですし、引き続き応援し続けたいファンもいるようです。
そうした中での芸能活動の自粛や中止、スポンサーの降板などは、果たしてどのくらい必要なことなのでしょうか。

本プレスリリースの内容は、弊社運営サイト「日本トレンドリサーチ」にて公開しております。
https://trend-research.jp/13642/

<記事等でのご利用にあたって>
本プレスリリースの内容を引用される際は、以下のご対応をお願いいたします。
・引用元が「日本トレンドリサーチによる調査」である旨の記載
・「日本トレンドリサーチ」の該当記事(https://trend-research.jp/13642/)へのリンク設置
・運営元である株式会社NEXER(https://www.nexer.co.jp)へのリンク設置

【日本トレンドリサーチについて】
『日本トレンドリサーチ』では、弊社運営のアンケートサイト「ボイスノート」などの調査サービスを使用し、各種サービス・商品などの満足度や、最近の出来事に関する意識調査の結果を公開しています。

日本トレンドリサーチ:https://trend-research.jp/

【株式会社NEXERについて】
本社:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-43-1 池袋青柳ビル6F
代表取締役:宮田 裕也
Tel:03-6890-4757
URL:https://www.nexer.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

May
26
今日の40代おしゃれコーデ

夏のトレンドカラーにイエローが急浮上! 柔らかい発色がベスト [5/26 Thu.]

夏のトレンドカラーにイエローが急浮上! 柔らかい発色がベスト [5/26 Thu.]

会員限定PRESENT

会員プレゼント

【ホテルインディゴ軽井沢】の朝食付き宿泊券(1泊2名・1室)を1名様にプレゼント

会員プレゼント

「OMO5 京都祇園 by 星野リゾート」の 宿泊券を1組4名様にプレゼント

PICK UP