Prtimes商品サービス

幸せの意味も、人生の意味も、決めるのは自分だ–。高森美由紀最新作『羊毛フェルトの比重』4/13発売!

株式会社産業編集センター

株式会社産業編集センター(本社:東京都文京区、代表取締役:環早苗)は、2022年4月13日に『羊毛フェルトの比重』(高森美由紀/著)を刊行いたしました。

リスペクトのない職場、ご都合主義の彼氏、微妙な親子関係…毎日の小さなモヤモヤにおしつぶされそうになる主人公・紬。「このままではいけない」そう思いつつ、そんな気持ちにフタをして過ごしていた彼女が、とある出来事をきっかけに、自分と生活に向き合い始めます。変化を恐れない紬の姿に、勇気とヒントをもらえる作品です。

https://www.shc.co.jp/book/16846
『羊毛フェルトの比重』書影

内容紹介

手芸店・八戸クラフトに勤めて10年の紬は、いろんなことに倦んでいた。仕事、恋愛、人間関係…気にし始めたらキリがないから、すべてに慣れることにした。すべてにフタをしながら生きていけばいいのだ。
でも、手芸台につけられたタバコの焦げ跡を目にしたとき…
今、私が心を向けるべきは、どこだ? 30歳・紬の「自分を取り戻す」物語。

書籍紹介

『羊毛フェルトの比重』書影
書名:羊毛フェルトの比重
著者:高森 美由紀(Miyuki Takamori)
装画:海島千本
定価:1,760円(本体価格1,600円+税)
仕様:四六判、354ページ、並製
発売:2022年4月13日
ISBN:978-4-86311-329-9
発行:産業編集センター
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4863113293
楽天ブックス:https://books.rakuten.co.jp/rb/17069536/

著者プロフィール

高森 美由紀(Miyuki Takamori)
青森県出身。地元で勤務しながら創作活動を続ける。2014年『ジャパン・ディグニティ』で第1回暮らしの小説大賞受賞、2017年『花木荘のひとびと』で第84回ノベル大賞受賞。主な作品に『おひさまジャム果風堂』『お手がみください』『みさと町立図書館分館』『みとりし』『ペットシッターちいさなあしあと』(すべて産業編集センター刊)、『柊先生の小さなキッチン』(集英社オレンジ文庫)、『山の上のランチタイム』『山のふもとのブレイクタイム』(中央公論新社)など。

関連サイト https://takamorimiyuki.hatenablog.com/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

May
25
今日の40代おしゃれコーデ

【オールホワイト】黒のポイント使いで、断然引き締まる![5/25 Wed.]

【オールホワイト】黒のポイント使いで、断然引き締まる![5/25 Wed.]

会員限定PRESENT

会員プレゼント

【ホテルインディゴ軽井沢】の朝食付き宿泊券(1泊2名・1室)を1名様にプレゼント

会員プレゼント

「OMO5 京都祇園 by 星野リゾート」の 宿泊券を1組4名様にプレゼント

PICK UP